ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!いきなり居場所がなくなる?《ドイツの反応》

【フランクフルター・アルゲマイネ新聞】

hasebe.jpg


長谷部誠、驚くべきことに現在居場所無し!


長谷部誠は、すでにアイントラハトの重要な人物だと思われていた。少なくとも、アイントラハト育ちで長い間フランクフルトでプレーしているマーク・ステンデラ、マルコ・ルス、ティモシ―・チャンドラーらと同じぐらいには。現在34歳になる長谷部は2014年以来フランクフルトでプレーしており、忠実で非常に信頼のおける選手で、クラブを体現化する選手だった。


スポンサーリンク


彼はキャリアにおいて、常にクラブに忠実であったが、浦和レッズで5年、その後ヴォルフスブルクで5年、そしてアイントラハトに来る前に一年間ニュルンベルクでプレーしていた。彼はニュルンベルクが降格した際に移籍したのだ。彼は現在フランクフルトでアジアマーケティング部門とも関りがあるが、理由なくしてそうなったわけではない。彼はこの仕事を魅力的なものとしてとらえている。


この4年間で長谷部は病気や負傷以外では常にプレーし、その数は111試合にもなる。彼がここ4年間でベンチに座ったのはたった3度だけであり、それ以外は基本的にスタメンだった。


それだけにこの前の土曜日に起こったことは非常に不慣れな光景であった。健康な長谷部がベンチにも入らなかったのだ。監督は、“3人のディフェンダーをベンチに置いておきたくなかった。”と理由を説明している。もちろん長谷部の本職はディフェンダーではない。


このお手本のようなプロ選手はいずれにせよ、リベロとして3バックの中央でプレーしていた。彼は試合を良く理解しており、経験も豊富だ。すでにワールドカップに4回も出場しており、日本代表として114試合でプレーしている。彼はロシアワールドカップの後で代表の引退を表明している。


本来であれば、アイントラハトは長谷部のような選手が必要なはずだ。しかしどういうわけか彼の居場所が現時点ではなくなってしまったようだ。ヒュッター監督は現在4バックを採用しているが、長谷部は典型的なストッパ―ではない。そして守備的な中盤ではルカス・トロとゲルソン・フェルナンデスがプレーしている。長谷部の使い道がないようだが、本来であればフランクフルトには彼の様な力が必要となるだろう。


いずれにせよ、ヒュットナー監督は、チャンドラー、サルセド、ヴィレムスら守備陣の離脱にどう対応するか頭を悩ませなければならないだろう。センターバックは現在アブラハム、ヌディッカ、そしてルスしかいないのだ。もしもう一人負傷したり、イエロー2枚で出場停止になったりしたら、非常にきついものとなるだろう。




以上です。

長谷部選手は地元紙からも非常に高い評価を受けているのが良く分かりますね。スーパーカップでバイエルンにぼろ負けした事が原因で、監督も何か別な方法を試そうとしているのかもしれませんが、コヴァチが抜けて迷走しそうな感じもありますね。



[ 2018/09/10 19:19 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(9)
まあ、そろそろ引退してもおかしくない年だからな。
[ 2018/09/10 19:59 ] [ 編集 ]
ヴォルフがドルトムントに引き抜かれたのも、かなり大きいですよね。
[ 2018/09/10 21:08 ] [ 編集 ]
どの新監督も自分の色出したがるから今まで上手くやれてたのを否定しがちになる。長谷部はその犠牲になってるな。香川もそうだ。だからディフェンダーとして見てもらえてない、つかプレースタイルすらわかってもらえてない。本当はどこでもやれるからベンチには絶対入れてとかなきゃいけないんんだけどね。いいことは変えてはいけないというのが原則だけど、原則無視ではドルもフランクフルトも先はかなりヤバいわな。
[ 2018/09/10 21:08 ] [ 編集 ]
ヨーロッパじゃ毎度の事だけど、日本人は不平を言わないせいか、理由は特に無くてまず構想外にしてから始める監督多すぎだろ。
[ 2018/09/10 23:13 ] [ 編集 ]
チームが低迷すれば、出番はすぐありそう
間違いない
[ 2018/09/11 02:38 ] [ 編集 ]
ここでコミュニケーション能力があるかないかで、こういう時、差が生まれる。少なくとも長谷部は不平を言えない日本人ではないのでは。
[ 2018/09/11 05:43 ] [ 編集 ]
今さら日本人がどうとか言ってる人たちは何を見てきたの??
香川はすでにブンデスリーガでMVP級の評価を受け、人気も勝ち得て、一気に世界的な選手へと駆け上った。
長谷部も34歳の現在まで日本人最多の出場を誇っている。
擁護をしているつもりなのかもしれないが、これまで実力で示してきた2人に対して失礼極りない。
[ 2018/09/11 07:05 ] [ 編集 ]
ワールドカップの疲労もあると思うしベストコンディションまで少し時間が必要なのかも
日本人を知らない監督では無いから、差別的な見方をしているわけでは無いと思いたい
まだシーズンは始まったばかり、これからでしょー
[ 2018/09/11 07:26 ] [ 編集 ]
年齢がいってるし、もう引退だとか言われてたけど良いプレーしてましたしね
いきなりここまで出番が消えるのは監督の偏見に依るところが大きいのでしょ
[ 2018/09/11 15:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。