ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表クロース!マン・シティーのザネーに対し、「言われないと分からない」とコメント《ドイツの反応》

【Tz】

kroos.jpg


クロース、ザネーに関してきつい一言!


元ワールドカップ優勝者のトニー・クロースはレロイ・ザネーのポテンシャルはワールドクラスだと見ている。しかしそれと同時に批判的な意見も述べている。

“彼はワールドクラスの選手になるための物を持っている。でもそうなるためには、同時に何をするべきか言われないとわからないように感じるね。”とクロースは水曜日の記者会見で述べている。

スポンサーリンク



“はっきりしているのは、彼がトップパフォーマンスを発揮するためには、周りがそうさせないといけない事だね。彼がフィールドに立てば僕たちにとってもプラスになるし、恩恵になるよ”とクロースは続ける。


クロースはすでに3月のワールドカップ前に行われたブラジルとのテストマッチの後でザネーの態度を批判していた。その時は名前は出していなかったが、ザネーを見ていると、チームが勝とうが負けようがどうでも良いように見えるとのことだった。


ザネーはマンチェスター・シティでの態度が原因でニューキャッスル戦でベンチ外となっていた。どうやらペップ・グアルディオラ監督もザネーの事をクロースと同じように見ているようだ。




以上です。

ドイツ代表の記者会見でクロースがザネーについて語っていました。チーム内の選手を公の場で批判するのは極めて珍しいですね。ザネーを外して批判されたレーヴ監督をサポートしようと思っての発言かもしれません。

それともドイツ代表には世代間で先輩後輩みたいに、すこし溝があるのかもしれませんね。



[ 2018/09/11 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ペップ「君はメッシにもなれるんだ」
シティに入団して半年頃、ペップがサネについて、世界を見渡してもあまりいない選手だと絶賛していましたね。
それとともに、まだ若い彼に対して、成長しなければならないとも。
「これほどのポテンシャルをもっているのに、それに気づけていないのは悲劇だ」と語っていたのが印象的でした。
世界最高の選手メッシを指揮した事がある私だからこそ、サネがもっと成長できる事を知っているのだと。
きっとその類稀なるポテンシャルゆえに、歯がゆさを感じているのでしょうね。。
[ 2018/09/11 06:11 ] [ 編集 ]
コンフェデで若手とベテラン分けて若手のみで優勝してしまったので、若手はW杯で無様に負けたお前等ベテランに言われたくないわーって思ってたりしてね
[ 2018/09/11 06:22 ] [ 編集 ]
デンベレもそうでしたが、日本だけじゃないですよね。世界的に若い世代というのが昔とは何か違ってて理解できない部分があるっていうか、難しいというか。日本特有なのかと思っていましたが、どうも世界も同じ傾向のようですね。
[ 2018/09/11 09:24 ] [ 編集 ]
むしろ代表のチームメイトにまで批判されるほど彼の態度は酷いんだと思います。
チームでも干されてますから…
[ 2018/09/11 10:14 ] [ 編集 ]
あまりにもにも勿体無いとしか
[ 2018/09/11 12:12 ] [ 編集 ]
クロースは元々こういう所ありますよね
EURO2016の時も「愚かなハンドで負けた」と言ってしまうし…
あまり下の子達に好かれては無さそう
[ 2018/09/11 12:17 ] [ 編集 ]
>デンベレもそうでしたが、日本だけじゃないですよね。世界的に若い世代というのが昔とは何か違ってて理解できない部分があるっていうか、難しいというか。日本特有なのかと思っていましたが、どうも世界も同じ傾向のようですね。


わたしは日本の若者はまともだと思います!

インターネットの発達でマスコミの偏向報道にもだまされず
自虐史観におちいることもない今の若者達がいる日本の未来は明るいと思っていますよ
[ 2018/09/11 16:42 ] [ 編集 ]
いや今の日本の若者も朝鮮に傾倒したり異常な事件起こしたり理解できない部分も多々でてきてるよ、もちろんそう育てたのは我々大人なわけだけども
というよりペップやレーヴ等の優勝監督がこれだけ苦言を呈してるんだから間違いなくザネは選手として無駄な時間を過ごしてるよね
[ 2018/09/13 00:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。