ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!ドルトムント、ヴァイグルとヴィッツェルのポジション争い!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

weigl3.jpg


ヴァイグルもポジション獲得のために戦わなければならない!


ユリアン・ヴァイグルはこれまでBVBで代えの利かない存在だった。しかしアクセル・ヴィッツェルの加入にライバル争いはかつてないほど激しくなるとみられている。


ヴァイグルは土曜日に23歳になった。この若き才能も、徐々に大人になってきている。そして今シーズンは彼にとって決定的なシーズンになるかもしれない。


スポンサーリンク



しかしシーズンのスタートは理想的なものではなかった。ヴァイグルは5月以来内転筋に問題を抱えていた。“いずれにせよ新しい監督が来たのにトレーニングに参加できないのはアンラッキーだね。”と彼は語っている。ルシアン・ファヴレ監督が新加入の選手とこれまでの選手を互いに慣れさせている時期に、ヴァイグルはリハビリで苦しんでいたのだ。そしてさらにクラブ幹部が中盤の補強をする様子を見なければならなかった。


トーマス・ディレイニー、そして何よりもアクセル・ヴィッツェルだ。ヴィッツェルは加入後少ない時間で、中盤のボスとしての立場を確立している。そしてそこはヴァイグルのポジションだったのだ。


ヴァイグルは状態が良ければ、これまで自動的にスタメンだったが、それがそうではなくなった。“ライバル争いは常に重要だね。”とヴァイグルは語る。“アクセル・ヴィッツェルは多くの物をもたらしてくれるよ。何よりも国際的な経験をね。これは昨シーズン僕らには少し欠けていた事だ。”


それは若いヴァイグルにも欠けていた。しかしヴァイグルは自信に満ちている。ヴィッツェルかヴァイグルかという問いに対しては、“トレーニングでは一緒にプレーしてうまく機能しているよ。”と答えている。“どうプレーするかは対戦相手次第だね。ポゼッションを優先させるか、それともぶつかり合いになるかね。”


次の金曜日のアイントラハト・フランクフルト戦はぶつかり合いになるとみられている。それでもヴァイグルは自ら進んでベンチに座ろうとはしていない。“僕はあまり忍耐深くないんだ。もちろんプレーしたいと思っているよ。”と答えた。




以上です。

ヴァイグルもようやく怪我から復帰したのでこれからが楽しみですが、いったいどのような起用になるのか見ものですね。代表で遅れて合流したメンバーを外してくるでしょうか?それともそれでも起用してくるでしょうか?

とにかく今シーズンはヴァイグルにはきちんとプレー時間を与えて、彼を成長させてほしいですね。





[ 2018/09/11 13:24 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
例えばトルシエ時代の日本代表は、2001年に0-5でフランスに大敗したのをきっかけに、一時的に超守備的な人選と戦術を取り、そこから攻守のバランスの最適解を見つけていきましたよね。
今回のドイツ代表も、フランス相手に4人のCBを並べました。
ドイツもまた、自信を回復していく途中にあり、攻撃はまだまだといった所です。
ドルトムントも昨シーズンの不安定な守備を安定させ、ここから攻撃とのバランスを図っていく最中ではないでしょうか。
そしてその中で、香川真司は必ず不可欠な存在となると思います。
今シーズン、彼は紛れもなく円熟期を迎えているので、猪突猛進になりがちなチームの攻撃を、コントロールする中心的存在となるでしょう。
ヴァイグルは、トレーニングでヴィツェルとのボランチ(共存)も機能したと言っていました。
ヴィツェル、ヴァイグル、香川の同時起用を是非とも試してもらいたいですね。
[ 2018/09/11 13:58 ] [ 編集 ]
ディレイニーとヴィツェルは出場約束付きでファブレが獲得した選手、ヴァイグルにとっても
彼らと同等では出番が限られる、以上の実力を見せてレギュラーになって欲しい
[ 2018/09/11 14:01 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは本当に伸び悩んでいますね
トゥヘル1年目はあの若さで桁外れのパフォーマンスでした
決して今も悪いとは言いませんが早くビッグクラブに移籍していたらどんな選手になっていたのかと思ってしまいます
[ 2018/09/11 14:07 ] [ 編集 ]
前線にボールを供給したいならヴァイグルと香川置いて、デラネイをヴァイグルのサポートとして置けば良いだけ
中盤すっ飛ばしてボールを供給するならパコじゃなくマリオゴメス見たいなFWが必要だった
SBもシュメルツァーを使わずゲレイロが使えればいいが、使えないならトルヤン指導したほうがマシ
左にロイス、右にサンチョやゴメス置いて、トップにフィリップで良いでしょ
フラットなラインに攻撃センスの無い守備的な奴ら置いても繋がらないが、レッドブル戦の様にお祈りでもするのかよ
[ 2018/09/11 15:09 ] [ 編集 ]
香川、ヴァイグル、ヴィッツェルなら配球眼も、運動量も、当たりの強さも、空中戦も問題無いと思う。
[ 2018/09/11 17:29 ] [ 編集 ]
ヴィッツエルの国際経験て、、代表のことですかね?クラブとしてはイマイチと思いますので、ヴァイグルもかなり気を使ってる感じですね
[ 2018/09/11 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。