ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェが輝いているのはインスタグラムだけ!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

gotze.jpg

このワールドカップ優勝者が輝いているのは、もはやインスタグラムの上だけだ。


BVBではそれどころかベンチ外の危機にある。ファヴレはゲッツェを必要としない4人目の監督となっている。



マリオ・ゲッツェのSNSをフォローしている人なら、このトップスターの楽しそうな姿を見ることができるだろう。彼が海に飛び込む様子、妻とショッピングする様子などなど・・。しかしフィールド上でのみ彼を見ることができない。


スポンサーリンク



ゲッツェはリーガ最初の2試合で、どちらも90分間ベンチに座っていた。BVBの新監督ルシアン・ファヴレにとっては、前任のシュテーガーやトゥヘルと同じように使い道がないのだ。さらに彼を長い間支えてきたヨアヒム・レーヴ代表監督ももはや彼を代表に呼んでいない。それどころか代表ウィーク開けとなるフランクフルト戦では、ベンチ外となる可能性もある。そこでは筋肉に問題を抱えていたプリシチが復帰し、さらに新加入のアルカセルもベンチに入るとみられているからだ。


健康なゲッツェがドルトムントでベンチ外?これは彼のキャリアにおいて最低点となるだろう。2014年ワールドカップで決勝ゴールを放ったゲッツェにはもはや大きな舞台で居場所がないのだ。


彼はダイナミック差と爆発力を失ってしまった。だからサイドでもワントップでも起用することができない。ファヴレは“彼のベストなポジションは9.5番だけれど、そのポジションをこなすことができる選手はたくさんいる。”と語っていた。


ゲッツェはボルシアのイニエスタになろうと、セントラル・ミッドフィルダーとしての再起を試みた。しかし彼には一対一における強さも守備における視野も欠けている。


ゲッツェの良い姿を見ることができるのは、もはやプライベートの写真でのみだ。





以上です。

確かにゲッツェのインスタグラムの写真は割と楽しそうなものばかりですが、なかなか辛辣な記事ですね。実際ダイナミック差を失ってしまったためにサイドでは使いづらいという見方は理解できますが、それでも中央よりは良いような気もしますが・・。

でも最近のサッカーではサイドで個人での打開力を求めるようになってますから、そうしたタイプとは全く違いますしね。

そもそもゲッツェのベストポジションってどこなんでしょう・・。トップ下でシーズン通して活躍した事はあまりなかったような気がしますが、どこでそのようなイメージが着いたのか不思議なものです。








[ 2018/09/11 16:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(12)
連覇時はサイド、トップ下は香川抜けたクロップの時に1年やった以外はやってなくてその後はバイエルンではCMFでダメで0トップをやったりしてるからそもそもポジション決まった選手じゃなく本職ないんだよね。すぐサイドに流れるしビルドアップもしないし少なくともCMFは向いてないよ。
[ 2018/09/11 16:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェを使うならベンチ外、それしかない
仮に、非常に不本意ながら、試合で、ピッチ上に送らないとならない、非常に不愉快なシーンが訪れてしまったなら
右サイドがもっとも理に適っている
[ 2018/09/11 17:13 ] [ 編集 ]
バイエルン行く前はサイドの選手でしたよね。でもスピードやダイナミックさが失われてからサイドでは通用しなくなってしまった。
トゥヘルがトップ下の選手だと言って、香川と競わせてからのイメージでしょう。トゥヘルは香川がいるからと獲得に消極的でしたし、結局最期は使いませんでしたけど。
[ 2018/09/11 17:22 ] [ 編集 ]
この前の3部との親善試合のゲッツェは悪くなかったと思いましたが。少なくとも、ダフードよりはよほど周りが見えていましたし、ミスも少なかったですし、無謀な位置取りも少なかったと思います。ただ、香川ほどゲームメイク、ヴァイグルのようなビルドアップのセンスが無いですし、ラーセンやシュメルツァーをうまく活かせてなかったので、攻撃は右サイドに偏り、彼の左サイドは寂しかったですね。が、香川から良いボールを引き出す動きは戻っていました。スタミナも以前よりは戻ってきた感じはします。でも彼でないと、というところまでのプレーはできていませんね。今までの持ち上げられ方は本当に異常でした。
[ 2018/09/11 17:25 ] [ 編集 ]
香川はSNSの更新がぴったり止まってしまったというのに
[ 2018/09/11 17:29 ] [ 編集 ]
きついようですがプレーに関してははっきりいってあげないとせっかくの才能を無駄にすると思います
[ 2018/09/11 18:08 ] [ 編集 ]
ゲッツェがドルトムントに戻った時だったか、ボシュ体制始動前かに自分の最も得意なのは中央(トップ下)だと言っていて、バイエルンや代表でのサイドや偽9番の印象が強かったので「?」となったのを覚えてますね。
[ 2018/09/11 18:40 ] [ 編集 ]
 現状の彼のベストポジションないですね。
 スタミナはある程度は戻ってきたようですが、敏捷性も戻らないと話になりません。元々守備は上手くないですから、その分、動けないとね。
[ 2018/09/11 19:30 ] [ 編集 ]
サイドにも色々ある。本人と周囲の選手の
特長と役割、システム次第でやり様はあるかと。今のゲッツェとドルじゃ難しいですよね。というか、何人の監督、役割、システムの中でどれだけのことを試したの?ってことだよね。そもそもゲッツェのための解決策探しが必要なのか……ワールドカップ決勝で決勝点決めた選手とはいえここまでやる必要あるのかなぁ。トップにレバ、2列目左からロイス、香川、ゲッツェを夢想したこともありましたけど(笑)。
[ 2018/09/11 21:37 ] [ 編集 ]
必要以上に持ち上げていた昔
下げる機会を見つけたからSNSのことまで遣って下げる現在
香川ファンではありますが、過剰さではなく公平さを求めたいなぁと
[ 2018/09/11 21:59 ] [ 編集 ]
ダイナミック差がうるさい
だいぶ前からですよ
[ 2018/09/12 02:22 ] [ 編集 ]
この前の親善試合をいえば、香川たち先発が相手の穴をさらけ出した後からの投入だからね
あそこまでボコった3部相手ならさすがにゲッツェレベルなら引き継げるだろう。
ゲッツェの適性ポジションかあ
そういえば、ホントどこなんだろ?
[ 2018/09/12 05:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。