ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴァイグルの移籍金を7600万ユーロに設定か!《ドイツの反応》

【Sport.de】
weigle2.jpg


BVB、ヴァイグルの移籍金を7600万ユーロに設定か!

あまりぱっとしない昨シーズンの後で、ユリアン・ヴァイグルは今シーズンのブンデスリーガデビューを待っている所だ。それでもBVBはユリアン・ヴァイグルに対して強気の値段を設定している。


すでにイングランドの“デイリー・スター”が報じているように、ドルトムントはこの23歳に対して7600万ユーロの移籍金を設定している。報道によるとマンチェスター・シティーが獲得に興味を示しているようだが、BVBはそう簡単には彼を売る気はないようだ。

スポンサーリンク



シティのペップ・グアルディオラはブラジル人のフェルナンジーニョの代わりを探している。フェルナンジーニョは33歳とキャリア終盤に差し掛かっており、守備における安定さも徐々に失われている。


そのポジションを補えるのがヴァイグルだ。長い期間に渡ってヴァイグルが活躍できると見込めれば、この金額は無理なものではないだろう。


ヴァイグルはドルトムントで2015年からプレーしているが、これまでリーガ85試合でプレーしている。


ヴァイグルは昨年夏の踝の負傷以来、トゥヘルの下で見せていたパフォーマンスを発揮できずにいる。 

 


以上です。

5年ぐらい前だったら、この移籍金だったら売る気が全くないという意味でしたが、最近では決してそうでもなくなりましたね。ただ7600万ユーロだと、相手は結構躊躇するかもしれません。一応ドルトムントとしてはそう簡単に売る気はないような気もしますが、そうとも言い切れないのが微妙な所ですね・・。

[ 2018/09/11 21:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(4)
ヴァイグルが契約延長してくれないのであればドルトとしても売るしかないでしょうね
[ 2018/09/11 21:13 ] [ 編集 ]
売っちゃダメだ
仮にもし売るなら、せめて使い方を熟知しているトゥヘルのとこに送って欲しい。
[ 2018/09/11 21:30 ] [ 編集 ]
売る気なんだよ。
[ 2018/09/11 21:45 ] [ 編集 ]
どうせ控えにするなら売るべき
今のドルトムントほど才能ある選手を潰している上位クラブもない
[ 2018/09/13 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。