ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー原口!「10スコアポイントが目標です!」《ドイツの反応》

【ビルト】

haraguchi3.jpg

原口

“10スコアポイントが僕の目標です。”


原口元気は、記者会見を少し遅らせてくれるように丁寧に頼んだ。この日本人は、日本代表対コスタリカの試合をスマートホンで終わりまで見たかったのだ。


代表でプレーする代わりに画面の前で試合観戦だ。原口は太ももを負傷したこともあり、サッカー協会と話をして、今回は出場しないことになったのだ。

スポンサーリンク



原口:“この1週間、負傷から良い状態に戻るために、集中したトレーニングをすることが出来ました。”


ハノーファーも原口に期待する。そして原口自身も大きな目標を立てている。


原口:“10スコアポイントが僕の目標です。”



原口はこれまでブンデスリーガ92試合に出場し12ポイントを上げている。それに加えて2部リーガで1ゴール4アシストだ。


原口:“ベルリンではプレーしていましたが、ゴール前でのアクションが少なかったです。それには満足していません。まだ良くなる可能性があると思います。”



原口の背番号10番がそのモチベーションとなる。


原口:“僕は典型的な10番ではありませんが、10番を背負う事で自分にプレッシャーをかけたかったんです。ゴールとアシストをするために。ワールドカップの後で大きな挑戦を探していました。10番が僕にさらにモチベーションを与えてくれます。”


原口はほぼ全ての日本人プレーヤーのように、自分の事を“チームプレーヤーです。”と評した。しかしすぐに、“チームに遣えるだけでは足りません。それではベルリンと同じになってしまいます。もっとゴール前で脅威となりたいです。”と付け加えた。


ワールドカップのベルギー戦で1:0とした時のように。


今後は代表ではどうなるのだろうか?


原口:“今後も代表でプレーしたいです。ベルギー戦での敗退は今でも悔しいです。次のワールドカップも出場したいですし、今度は先に進みたいですね。まだ達成したことがありませんから。”

 


以上です。

原口選手は、ベルリンの時はダルダイ監督から、6ゴールはできるだろうとか、割と具体的な数字を出されていましたが、今度は自分から目標を定めたようですね。10番をつけてやる気になっているようなので、期待しています。



[ 2018/09/12 13:31 ] 原口 | TB(-) | CM(2)
原口は残念な事に5年で5ゴールとFWとしてはとても残念な結果ですね。今季こそは頑張って欲しいです。
[ 2018/09/12 14:09 ] [ 編集 ]
原口のスコアポイントって正直サイドバックかな?ってレベルの数字ですもんね
乾なんかもスコアポイントが正直全然物足りないレベルですし日本代表クラスの選手にはもうちょっと頑張ってほしい…
[ 2018/09/12 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。