ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント監督シュテーガー!ファヴレ、ゲッツェについて語る!

【Spox】

stoeger.jpg


ペーター・シュテーガー、ファヴレ、ゲッツェ、ザマーについて語る。


ペーター・シュテーガーはボルシアドルトムントを去ってからも元クラブの動向を追っている。彼はビルトのインタビューにおいて、ルシアン・ファヴレが成功を収めることを願っている。


スポンサーリンク



“私はこのサッカーの先生を非常に評価いるよ。彼が準備トレーニングを経てシーズンをスタートすることができた事、そして良い選手を貰えたことは大きな利点となるだろう。”とシュテーガーは後継者について語っている。彼はファヴレの成功を願い、さらにそれを達成する条件はそろっていると見ている。


シュテーガーはチャンピオンズリーグ入りを達成したが、ファヴレはそこからさらに成長させることができるだろうと見ているようだ。そしてそれにはマティアス・ザマーも大きく関わっている。


シュテーガーはザマーの事を“知的”で、“BVB幹部たちの力の証明”であるとし、ザマーが外部から専門的な知識をもたらすだろうと見ている。“このような専門家を持つことは決して無駄にはならない。”と語った。


さらに多くの議論を呼んでいるマリオ・ゲッツェに対しては、忍耐を求めている。“マリオは素晴らしいサッカー選手だ。私の下ではマリオはほとんどスタメンだった。”と語っている。


またシュテーガーはゲッツェについて、さらに“彼はほかの選手とは扱いが違うね。彼はドイツサッカーの歴史に名を刻んだから。そのためものすごく注目されているが、それは彼にとっては簡単なことではないだろう。”と述べている。



またゲッツェの移籍に関しては、“いますぐに必要なことではない”と述べている。ファヴレはブンデスリーガ第3節を前に、ゲッツェの状況は今後も簡単ではないだろうと語っていた。


ゲッツェはリーガ2試合で90分ともベンチに座っている。




以上です。

シュテーガーが口を開いたようですが、シュテーガーの人柄からすれば、後任を悪く行ったり、選手を悪く言ったりはしないでしょうね。なのであまりぱっとしない内容ではあります。

メディアはシュテーガーがゲッツェを起用しなかった監督としていますが、自分ではゲッツェを多くスタメンで起用したと発言した部分は面白いですね。確かに香川選手が負傷した後は、ゲッツェもプレーしていました。



[ 2018/09/13 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
人間性の差が露わになりましたですなぁ
シュテーガーはこうやって思いやる発言をしてくれているのに
ゲッツェ君ときたらシュテーガーのことを名指しで批判してたね(ペップのこともね)
[ 2018/09/13 19:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェは他の選手と扱いが違うねというのがシュテーガーの本音でしょう。だからファブレの今の気持ちもよく分かるのではないですか。
[ 2018/09/13 20:54 ] [ 編集 ]
彼はほかの選手とは扱いが違うね。彼はドイツサッカーの歴史に名を刻んだから。そのためものすごく注目されている

ここですよね問題は。
ヒーローの幻影とでも言うのかな。
[ 2018/09/13 21:49 ] [ 編集 ]
実際シュテーガーのときもゲッツェは十分にチャンスを与えられていたと思うので
出場機会を得られていなかったようなメディアの論調は疑問です。
数字上で見たときのゲッツェの物足りなさを出場時間の短さのせいにしようとしているのではと穿って見てしまいますね。
[ 2018/09/13 22:00 ] [ 編集 ]
十分な準備期間があり優秀な選手も与えられた・・これは皮肉ですね。
ゲッツェは特別な扱いをされ、スタメンも十分与えた・・これは嫌味ですね。
[ 2018/09/13 22:42 ] [ 編集 ]
笑瓶もペップも使い所(使うしかない場面)ではチャンスを公平に与えていたからね、それでも批判をしやがったゲッツェ的にはボスみたいに贔屓しろよ!ってことだったんだろう
だがそれでは本人の成長はおろか復活すら不可能、というかそういう人間性が気に食わないしドルトムントには本来なら不必要な存在だと思うだけどね
[ 2018/09/13 23:50 ] [ 編集 ]
個人的にはシュテーガー監督のドルトムントをあと1年見たかった。
何しろ試合観ていても期待感はあったし、見終わってすぐ次の試合が楽しみだった。(特定条件下の試合は除外)
稼いだ勝ち点だって悪くなかったはずで来季はどうなるんだろうとワクワクしてた記憶がある。
突発就任で後半期のみ、ほぼ墜落したチームを立て直したのに勿体ないとつくづく思った。
この功績だけでも単年延長する理由にはなると思ってたので非常に残念だったのを覚えてる。
チームを作っていくプロセスというか、チームが何に取り組んでいるのか分かりやすいとことか好き。
観れる環境のリーグでどこかに就任するなら追いかけたい人。
密かに応援してます。
[ 2018/09/14 04:22 ] [ 編集 ]
正直な監督だよね。ゲッツェが特別な立場である事、本人にも監督にもそれが重荷になる。
難しい状況を引き継いで、結果も出したので解任は残念でした。ファブレ監督次第では再登板はあるのだろうか?
[ 2018/09/14 08:03 ] [ 編集 ]
ゲッツェもシュテーガーに対して批判してましたが
シュテッガーもうまくやり返しましたね
ゲッツェはファブレを賞賛してましたが、そろそろまた監督批判する頃かな
[ 2018/09/14 08:35 ] [ 編集 ]
実際シュテーガーはゲッツェ使わされ続けたでしょ
苦言を皮肉で返すような感じの悪い子供がメンバーに入り続けていたのが現実なんですから
[ 2018/09/14 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。