ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVB監督シュテーガー!「ゲッツェは素晴らしい選手!」インタビュー!《ドイツの反応》

【ビルト】

stoger.jpg

シュテーガー、ゲッツェについて語る!


シュテーガーさん、ファヴレBVBはあなたのBVBよりも良くなりますか?



ウィーンでの私生活は同ですか?奥さんは、あなたが毎日家にいる事に耐えられます?



シュテーガー:すべては順調だよ。僕は誰かをイライラさせたりすることはないんだ。僕自身も良い気分だよ。


ファヴレBVBはあなたの時より良くなりそうですか?


シュテーガー:難しい質問だね。だけどそう願っているよ。私は彼をサッカーの教師として評価している。彼はすべての準備トレーニングに関わったし、補強もしているから大きな利点となるだろうね。BVBの目標も、チームの成長だ。でも私たちも8位からチャンピオンズリーグまで順位をあげるという難しい仕事をやってのけたと思っているよ。


スポンサーリンク


BVBはマティアス・ザマーをアドバイザーとして、そしてセバスチャン・ケ―ルを連れてきましたが、より専門的なものが必要としているのでしょうか?


シュテーガー:この一手は賢いと思うよ。こうすることができるのはBVBの長所と見ることができるだろう。このような専門家を呼んでくることが害になる事はないよ。最終的な責任はヴァツケとツォルクにあるから、それは変らないよ。


ワールドカップの英雄マリオ・ゲッツェは新監督の下でノーチャンスですが、彼の問題はなんですか?



シュテーガー:マリオが素晴らしいサッカー選手だという事に疑いはないね。彼に問題があるかを言うのは難しいよ。彼は負傷明けからは私の下では沢山スタメンでプレーしている。彼はドイツサッカーの歴史に名を刻んだし、それによってメディアに注目されているから、彼にとっては簡単ではないだろうね。


でもゲッツェは、最近シュルレとマヨルカ等での休暇の写真をアップしたりしていますが、これは彼のイメージを損ないませんか?


シュテーガー:基本的に私生活と仕事を分けて考えるようにしなければならない。どうしてシュルレと会ってはだめなんだい?もしかしたら彼にとっては良いことかもしれないじゃないか?頭を空にするのは悪い事じゃないよ。


ゲッツェはキャリアを外国で続けるべきだと思います?


シュテーガー:その必要は特にないだろうけれど、プレーしないとね。


BVBの監督に急に就任する事になりましたが


シュテーガー:すでに言ったけれど、理想的な流れではなかったね。もっと時間があればそれに越したことはなかったね。だけど、時には短い時間で決断しなければならないんだ。ドルトムントはヨーロッパのトップクラブでさらに最も情熱的なクラブだから。だからやる事に決めたんだ。今でも同じ決断をするだろうね。でも基本的には、スカッドの計画に関わって、準備ができるほうが良いよね。特に4年半も一つのクラブで働いていた後にはね。


まだケルンは心に残っていますか?


シュテーガー:もう5年も住んでいたからね。監督としては最も長い時間だった。ケルンと共に一部昇格を果たしたし、ブンデスリーガ残留を決め、ヨーロッパリーグ入りも決めた。もしウィーンを去りたくなったら、ケルンに行くだろう。


あなたの今後の仕事は?

シュテーガー:計画では2019年からは、何かをやりたいと思っている。ドイツかイングランドを考えているよ。まあ何が起こるか待たないとね。今はさらに成長するために、多くの人と会ったりしている。



以上です。


以前この抜粋の記事を紹介しましたが、全文を見つけたので紹介します。ビルトのインタビューは質問がかなり、失礼なものばかりですが、普段聞きたくても聞けないものもあったりして、面白いのもありますね。

確かにシュテーガーが補強に関わり、準備トレーニングもしっかりしていたらどうなったかは見てみたかった気もしますね。

[ 2018/09/15 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
この人いいと思ったんだけどな
[ 2018/09/15 20:10 ] [ 編集 ]
もう少し長くやってたらなぁとおもいました。個人的に良い監督だと思ってましたし…。
[ 2018/09/15 23:45 ] [ 編集 ]
ファブレもシュテーガーもゲッツェについて色々聞かれて大変だなぁ^^;
[ 2018/09/16 01:44 ] [ 編集 ]
今後の仕事に影響しない大人の対応だと思います
[ 2018/09/16 02:21 ] [ 編集 ]
そりゃ本音は言えませんよ。
[ 2018/09/16 09:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。