ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVB アウグスブルク戦採点・寸評 まとめ

ブンデスリーガ第19節ドルトムント選手の採点をまとめました。






20150205222606795.jpg


【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ヴァイデンフェラー  4


前半はほとんどやることがなかった。しかし大きなヘマをやらかした。元ドルトムント選手のチの元へロングボールが渡った時、彼はペナルティーエリア内で誤った判断を下した。しかし幸運なことにこの韓国人の放ったループはゴールを超えた(13.)。いずれにせよ失点は彼には防ぎようがなかった(50)。



グロースクロイツ 5

ドルトムントの少女は今回は右サイドバックとしてチームを助けなければなかった。
彼は誠意をもって取り組み、攻撃においても何度か良い動きを見せた。しかし何度かヴェルナーに捕まり、彼のボールロストから失点につながった。その直後にディフェンス中に負傷してしまった。今夜は彼の日ではなかった。



ソクラティス 5

なぜ彼が失点場面でアルティントップを中央でフリーにしてしまったのか謎のままである。それによって危険な状況となってしまった。それ以前にも何度か危ない場面があった。チの大きなチャンスの場面では彼は離れすぎていた(13.)し、その後には空中戦で彼の元同僚に敗れ、アウグスブルクの次の大きなチャンスを招いてしまった(31.)。このギリシア人は、BVBのセンターバックの方が目に見えて安定して見えた。



フンメルス 4

49分まではこのキャプテンにとっては良い試合だった。それまでこのボスは空中戦やツヴァイカンプフに勝利していた。それに何度か素晴らしい真っ直ぐなパスを見せた。しかし彼は勢い良く攻めてきたアルティントップに簡単にやられてしまい、それによって失点の責任を追うこととなった。



シュメルツァー 4.5

序盤は彼がボールを受け取る前にボバディアにだまされた(6)。その後は目に見えて安定さを増したが、31分にはペナルティーエリア内でアルティントップに対して不器用に対応しフェアハーハの大きなチャンスを作ってしまった。彼も失点に関与することになった。そして彼は誰も居ない所にクロスを放っていた。



シャヒン 4

前半は後ろから試合を組み立てることに役割を集中しており、それはより確かに試合を組み立てることを考えての事だった。頭でインモビレのチャンスを演出したが、全体的には攻撃に対するアクションが少なすぎた。



ギュンドガン 4.5

太ももの怪我から再びスタメンに復帰。そして二人の中盤で攻撃的な役割を担っていた。正確な真っ直ぐなパスて何度かよい機会を演出し、ゲーゲンプレッシングでも重要なボールを奪取した。しかし攻撃においての成功したアクションはあまりにも少なすぎた。全体的にみれば弱々しい出来。



カンプル 4.5

いつものようにこの新加入の選手はよく走っていたし、多くのツヴァイカンプフにも勝利した。しかしそれ以上のパスミス。シュートも正確性にかけていた。



ロイス 4.5

このBVBのプレーメーカーはよく走っており、何度か良いアクションも見せていたが、彼も見慣れない技術的なミスが目立った。そして彼がペナルティーエリア内からフリーでシュートを外すなど(15)、最大のチャンスを外してしまった。



オバメヤン 5

アフリカカップから帰ってきてから最初のスタメン。でも彼の足は旅の疲れからはまだ回復していないようだ。彼は彼のポジションである右サイドから何度もペナルティーエリア内に向けてスタートしたが、彼へのボールはどこかへ弾かれてしまうか彼のシュートは中央過ぎた。そして彼がインモビレのシュートをゴールの中へ押し込んだ時は彼は明らかにオフサイドだった(26)。彼の最も良かった場面は、ヤンカーをスプリントでかわし、彼に非常ブレーキで止められることとなった場面だ(63)。



インモビレ 5

彼は33分のオバメヤンにボールを出した場面など素晴らしいテクニックを示したが全体的に見ればそうした場面は凄くまれであった。彼は今回もとても積極的に地をはいまわり、積極的にツヴァイカンプフに挑んだ。しかし彼の最大の仕事であるゴールをあげる、という部分に至っては成功しなかった。彼が26分に非常に大きな見込みのあるボールを貰った時は、彼はボールを前へ出しすぎたし、角度も尖すぎた。アディショナルタイムでは2メートル離れた距離からフリーでヘディングを放ったが、そのボールはキーパー正面だった。


ズボティッチ 採点なし    グロースクロイツの代わりに出場。10人となったアウグスブルクに試される場面は殆どなかった。


ミキタリアン 採点なし   カンプルの代わりに出場


香川 採点なし   ロイスの代わり

スポンサーリンク


【ビルト採点】

201502052218094ed.jpg


ヴァイデンフェラー 3、グロースクロイツ 5、ソクラティス 5、フンメルス 4、シュメルツァー 5、ギュンドガン 5、シャヒン 4、カンプル 4、ロイス 6、オバメヤン 5、インモビレ 6、ズボティッチ 4、香川 5、ミキタリアン 5


2015020522181226c.jpg



【ルーア・ナッハリヒテン採点】


ヴァイデンフェラー 3.5、シュメルツァー 4、フンメルス 4、ズボティッチ 4、ソクラティス 4.5、ギュンドガン 5、グロースクロイツ 5、ロイス 5、シャヒン 3.5、カンプル 5、インモビレ 5、オバメヤン 4



【キッカー採点】

20150205221909580.jpg

ヴァイデンフェラー 3、グロースクロイツ 5、ソクラティス 4、フンメルス 3.5、シュメルツァー 4.5、シャヒン 4、ギュンドガン 4.5、オバメヤン 4、ロイス 5、カンプル 4、インモビレ 5、ズボティッチ 3.5、ミキタリアン採点なし、香川 採点なし






以上です。


管理人は残念ながら最後の20分程度しか見ることは出来ませんでしたが、なんとも残念な結果になりました。

ドイツでは2月下旬に行われるシャルケ戦までこのような状態が続くのであればクロップが自ら退く事もあるのではないかと言われています。



【おまけ今日のドイツ】


2015020522211141f.jpg

キッカーのベストイレブンに長谷部選手が選ばれました。
日本人選手の活躍は嬉しいですね。

香川選手
いつも翻訳ありがとうございます。とてもありがたいです。

チームが負けたなかで、香川選手自身がどうだったとかいってもあまり意味がないとは思いますが、彼自身は悪くはなかったという印象を持ちました(悪くなかったというだけですが)。今のドルトムントはただ前に前にいくだけで、前かかりになったところでボールを奪われて失点というのを繰り返しているという気がします。攻撃パターンが一つしかない印象があります。少し攻撃のペースの変化をつけること(香川選手が得意とすることだと思います)と、負けない試合をする、ということも必要なように思います。
[ 2015/02/05 22:50 ] [ 編集 ]
No title
まるで改善できてなかったですね。
休み期間に守備の改善を重視したようですが、問題は守備ではなく相手を崩しきる為のビルドアップからシュートまでの包括的な動きですから、焦点が合ってないというかなんというか……。
クロップ監督に責任が及ぶのは仕方ないけど、それはとても寂しいですね。この長期的なこの低迷はフロントの責任だと思うんだけど、サポーターさん達はどう思っているのでしょう。

次の試合、勝敗は別として、戦術の根本的な改善を見せてほしいですね。
[ 2015/02/05 23:03 ] [ 編集 ]
No title
みごとな低評価が並んでますね、負け試合だから仕方がないだろうけど。
敗戦後のクロップのコメントをみて、かなり落ち込んでいる様子が伺えました。
今期は決定機を外しすぎたのが低迷している原因かなと思ってます・・あの1本が入っていればと何度も思いました。シュート練習しよう!
[ 2015/02/05 23:18 ] [ 編集 ]
中2日ですぐ試合がくる
スタメン変更して疲れてない選手を使うべき
それともうムヒはお休みさせていいんじゃないかな、移籍するなら来季を見据えたスタメン構成を考えたほうがいい
[ 2015/02/05 23:45 ] [ 編集 ]
No title
グロクロのドルトムントの少女が笑える。ディスられてるの?。

ウィンターブレークで準備してきたとか言ってたけどカンプルをチームになじませるだけで終わってた予感がした。悪い選手じゃないけど、そんなことやってる余裕はなかったはず。

やっぱクロップは非情になって冬にストライカーとるべきだった。そしたらインモービレもベンチになるかもしれないけど、周りをみるとかできる時間の余裕が作れたのに。降格はしないまでも、来季CLないから夏に移籍とか言われたからチャンスをやったんだろうか
[ 2015/02/06 00:02 ] [ 編集 ]
一番の問題は守備でも攻撃でもなく、クロップがターンオーバーをしないことだと思うが
薬屋相手にハードな試合をやって、今節のロイスはどうみてもヘロヘロ。
コンディションの見極めをするんじゃなかったのか?
放りこみに香川は不要だろうから、ロイスを無理矢理使わなくても442でラモスとオバメの2TOPでいいわ
マジでしっかりしてくれ、クロップ
[ 2015/02/06 00:27 ] [ 編集 ]
No title
前スレでも書きましたけど案の定足が止まってましたというが鈍かったですね。とにかく各選手キレがなかったです。今年のドルトムントは短い間隔で試合をすると今日のような試合がほとんどです。特にゲーゲンを多用した試合の次の試合です。各選手がいまだにフィジカルに問題抱えてるんじゃないでしょうか。それでロングボール多用になってるように見えます。
[ 2015/02/06 05:23 ] [ 編集 ]
No title
縦へのロングボールでDFの裏狙ったり、落としを狙うのは有効だけど、それだけって感じだったからなあ。それも跳ね返されてボールは空中を行き交うのみw香川をリンクマンとして入れてポゼッションサッカーに変えて行って欲しいと願うけど、今は香川にパスが出ないしな(信用されてない?)。まじでどーすんだろこれ
[ 2015/02/06 19:21 ] [ 編集 ]
No title
香川をリンクマンとして使おうとしたのは強力ストライカーがいるユナイテッドで、クロップはリンクマンとしてなんか使おうとはしてないよ。ベンダー、ケールの守備的の時はしょうがないけど。

そういうのは3列目に入れてるのがドルのスタイルだし。

信用じゃなくて単に焦りすぎなんだよ。ギュンもうまいけど、もともと縦に急ぎすぎる癖があるから。パスミスからの失点とか多いし、30オーバーで経験豊富なベテランがいないから試合運びとか試合のペース配分とかの経験不足から、縦におくらなきゃ点が取れないと点が取れないと思い込んでるのが原因。
[ 2015/02/06 23:45 ] [ 編集 ]
No title
このままだと来期は2部だね
[ 2015/02/07 08:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。