ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》レヴァンドフスキー、ドルトムントについて語る【最新インタビュー】

本日発売のビルトに今シーズンからバイエルンでプレーするロベルト・レヴァンドフスキーのインタビューが掲載されましたので紹介します。





20150207045726f40.jpg


レヴァンドフスキーはBVBの危機についてこう考える。


彼はドルトムントを3つのタイトルに導き、現在はバイエルンでプレーしている。

201502070457285fa.jpg

ビルト:2015年は6ポイントのうち、1ポイントしか獲得していません。なぜバイエルンの後半戦は前半戦よりも悪いのでしょうか?


レヴァンドフスキー:ヴォルフスブルクでの第1戦は悪いプレーをしてしまいました。シャルケに対しては、70分以上一人少ない状態でプレーしなければならなかったので難しかったですね。僕は、土曜日のシュトゥットガルト戦以降再び前半戦のようなバイエルンを見ることが出来ると思っていますよ。良い試合をして勝てると。でもこれを言っておきたいんですが・・・。


ビルト:どうぞ、言って下さい。


レヴァンドフスキー:今の段階でこういう試合をすることは、後になってよりはずっと良いんですよ。タイトルを考えるならね。もちろん僕達も自分たちの完璧な状態を探していますが、これから徐々にそういう状態に近づいていくでしょう。最初から高いレベルでプレーするとしたら、それをシーズンの終わりまで維持するのは簡単ではないでしょうね。


ビルト:シュトゥットガルト戦はどのような意味を持っていますかね。


レヴァンドフスキー:シュトゥットガルト戦は僕達にとってはとても重要な試合となるでしょうね。僕たちは後半戦最初の勝利を手にしたいですから。最初の2試合は、我々が2位に大きなポイント差を付けていても、集中してエンジン全開でプレーしなければならないと言うことを示してくれました。


ビルト:シャルケ戦ではベンチでしたが、シュトゥットガルトではスタメンで出場しますか?


レヴァンドフスキー:そうなると良いですね。僕はどの試合でも90分フル出場したいですが、週2回試合がある場合は、ローテーションも必要になります。それも受け入れなければなりません。ベンチに座っているのはそんなに簡単ではないですが。チームを助けたいと思ってもそれが出来ませんからね。

スポンサーリンク


ビルト:あなたは現在ブンデスリーガ17試合で7ゴールをあげていますが、バイエルンでの結果についてはどう思いますか?


レヴァンドフスキー:最上ではないですし、素晴らしくもないですね。もっと良くなる事だってできただろう、とうい事は分かっています。BVBでは19節を終えた時点では少なくとも11ゴールは挙げていましたから(11/12 14ゴール、12/13 12ゴール、13/14 11ゴール)。なので今までの自分のゴールの確率よりも少ないですね。でももしかしたらもうすぐ、一試合で2,3ゴールをあげるような試合が見られるかもしれません。そうしたら再びこれまでの様になるでしょう。こういう時でも落ち着いていなければなりません。僕のゴールはまだこれからですよ。


ビルト:あなたはBVBでは少なくとも20ゴールは挙げていましたが、ドルトムント時代の数字をバイエルンで達成することはまだ可能ですか?


レヴァンドフスキー:残り15試合で13ゴール?ふぅー、それは難しいですね。でも一度爆発したら可能だと思いますよ。でもドルトムント時代の数字とバイエルンでの数字を比べるべきではないと思います。なぜならペップ・グアルディオラは毎試合僕のゴールを期待しているわけではないですからね。僕も時々サイドのスペースでプレーしていますから。


ビルト:アリエン・ロッベンはすでに11ゴールですが刺激になりますか?


レヴァンドフスキー:昨年のシーズンでも後半戦序盤では得点王ランキングのトップではありませんでした。でも終わってみればトップでした。アリエンは素晴らしい状態ですね。でも僕はやはりストライカーですから、できるだけ多くのゴールをあげたいです。もしかしたらこれからそうなるかも知れません。


ビルト:ドルトは今の状態から抜け出せると思いますか?


レヴァンドフスキー:ここ3週間でどのような経過をたどるかで決まる事になると思います。またすぐに上に向かうかどうか、それとも最後まで降格争いを繰り広げる事になるかどうか。少しばかりドルトムントには申し訳ない気持ちになりますね。まだ去ってから半年しか経っていませんから。僕はBVBが2部に行く事は想像できません。それは不可能ですよ。


20150207045729dc9.jpg






以上です。

このブログでも何度かレヴァンドフスキーのインタビューを取り上げていますが、毎回落ち着いたインタビューで好感が持てます。まだ思い通りの結果をだせていないようですが、それでも謙虚で落ち着いた姿がみられますね。あと15試合で13ゴールの件は非常に正直だと思いました。


2012年のポカール決勝でのハットトリックや、その次のシーズンのレアルマドリッド戦での4ゴールなどの爆発をまた見せてくれることを願っています(対ドルトムント戦を除く)。



【おまけ今日のドイツ】

DSC02109.jpg

フライブルクの市庁舎前広場の建物
右から2つ目の幅の狭い建物がどうも気になり写真を取りました。
お洒落な建物がある街ですね。

ドルトムントの選手は今日の試合のためにこの街に滞在中です。どうか良い試合をして欲しいですね。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/02/07 07:30 ] レヴァンドフスキ- | TB(-) | CM(6)
ありがとうございました。
管理人さま、レバンドフスキが今どんなことをドルに対して思っているのか気になっていましたので、気持ちが伝わったかのようです。

これだけみんなからレバンドフスキの
穴は大きいと言われて、さぞ複雑だろうなと想像していました。

そう、まだ移籍して半年なんですね。
遠い日のことのようです……。
[ 2015/02/07 08:56 ] [ 編集 ]
No title
レバは以前にもドルトムントの心配してくれてましたね
ゲッツェからは何のコメントもありませんが
やはりドルトムントを去った時のゴタゴタでコメントを出来る状態じゃないのでしょうか?
ドルトムントには今日こそ勝って欲しい
[ 2015/02/07 10:11 ] [ 編集 ]
No title
なあドルトムントに戻らないか?
[ 2015/02/07 12:37 ] [ 編集 ]
No title
レバンドフスキは充実した日々を送っているのがわかりますね。自信もみせつつ、とても落ち着いている。
彼ほど総合力がありチームプレーも出来るストライカーは世界でも稀で、間違いなくCF世界トップ3に入る選手です。
CF欠乏症の日本から観ると、ポーランドが羨ましいです、ホントに・・・orz
[ 2015/02/07 13:09 ] [ 編集 ]
No title
例えばドルトムントが好条件を提示していれば残留の可能性はあったんだろうか
それでも厳しいかな…
[ 2015/02/07 17:35 ] [ 編集 ]
No title
ペップが好青年と言ってましたが、本当に好感が持てますね。
バイエルンの試合見てると、彼は自然と応援したくなります。(BVB戦以外)
何でそこレバに任せなかったんだ!とか言いながら見てます。

翻訳していただき、ありがとうございました。
管理人様、良い休暇を。
[ 2015/02/09 03:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。