ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント香川!レヴァークーゼン戦は再びベンチ外に!ゲッツェは風邪で欠場!《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】


kagawa15.jpg

バイヤー戦は香川とシュメルツァー抜き!


ニュルンベルクに7:0で勝利したドルトムントだが、レヴァークーゼン戦では大きな期待がかかる。

監督は引き続きローテーションをするつもりだ。左サイドバックのマルセル・シュメルツァーは温存となっている。



スポンサーリンク



編集部の情報によると、シュメルツァーはレヴァークーゼン行のチームバスには乗っていなかったようだ。この30歳はこれまでの公式戦7試合すべて先発しており、一度途中交代されただけだ。アフラフ・ハキミが右サイドバックでプレーするとみられている。


ハキミは水曜日のニュルンベルク戦でスタメンデビューを飾ったが、良いパフォーマンスを残している。ボールコンタクトは114で、3:0となるゴールを決めている。このスペイン人は右サイドバックが専門とされているが、モロッコ代表では左サイドも経験している。


レヴァークーゼン戦では温存されたヴォルフと出場停止となっていたディアッロがメンバー入りする。その代わりに犠牲となったのが、香川真司だ。彼は金曜日にレヴァークーゼンに同行していなかった。マリオ・ゲッツェも風邪のため欠場となる。




以上です。

香川選手がレヴァークーゼン戦はベンチ外となるようで、非常に残念ですね・・・。次の試合ではメンバー入りすることに期待しましょう。今日の試合ではヴォルフがメンバーに戻ってくるとみられていますが、それで攻撃が機能するか気になるところです。

[ 2018/09/29 17:10 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(27)
そもそもファブレは香川を理解、評価してないし、理解、評価しようともしてないのでは。
そういう人は何があろうとも変わらないし、冬まではこんな感じが続くでしょう。
ベンチを行ったり来たりじゃ、どんな選手もコンディションなんて整わないですから。
ましてやPSMですらほとんど使わず、試合に出だしたのは最近ですし。
推進力とスピードと守備力等があるらしい選手達で結果出てるから、香川は将来に向けて頑張ればいい。
なぜか香川は上記がないと言われますが、昨シーズン等を見返してほしいものですね。
[ 2018/09/29 17:50 ] [ 編集 ]
香川は元々CL要員だと思ってますので、温存だと思いました。リーグ出場は今後も調整程度でしょうかね?
ゲッツェはメディアに負けて、病気になったのか?まぁ少し静かな環境が必要だし、普通の選手としてフラットに競争させるのが良いと思うよ。
バイエルンが負けたので一気に首位取りたいけど、そんな心意気は感じられないのが残念。まぁ、グループリーグ突破の方が目下の目標かな?
[ 2018/09/29 18:10 ] [ 編集 ]
香川は必要だと思うんですけどね。ロイスもあまり休めてないしゲッツェもいないんだし。しかし守備的な中盤で433ならベンチ外になるんでしょうね。厳しい状況に変わりはないですが過密日程で怪我するよりまし。しっかりコンディションを整えて欲しいです。
[ 2018/09/29 18:39 ] [ 編集 ]
まあしょうがない。周りを活かして自分も結果をだす、というより自分の為(周りを動かす為)にまず結果を追求するしかないですね

いいチャレンジになってるんじゃないでしょうか
[ 2018/09/29 19:26 ] [ 編集 ]
今まではベテランだから若い選手を活かしてあげよう、という感じでしたが、ピッチ上では年齢は関係ないし、日本みたいに年齢での上下関係という考え方もないんですから、必死になるしかないですね
[ 2018/09/29 19:28 ] [ 編集 ]
やはりボールを触って調子を上げて行く香川には、現在のドルトムントは相応しく無いですね。
彼には冬に是非とも環境を変えて欲しい。単純に香川を見たい。
[ 2018/09/29 20:02 ] [ 編集 ]
ゲッツェの呪いに抵抗してますが、ヴィツェルを使い続けてるならそろそろ負けが付くかもしれませんねー
[ 2018/09/29 21:49 ] [ 編集 ]
自分の為にやるという感じの事はニュルンベルクの後に言ってましたし、1コメさんの言うとおりファブレはハナから香川を理解する気もなく、いてもいなくてもいいけど捨てるにはちょっと惜しいかなくらいにしか思ってないように感じるので自分の為だけにやることを追求する事に専念する時期と思ってなんとか切り抜けて冬に移籍できるよう祈っています。この扱いならロイスが休めなくてもシステム次第で変わりはいるし誰がケガしようが地元サポに愛されていようが関係ないと思う。香川無しでドルトムントが上位キープできるならなおさらそれでいいと思います。ドイツ人でも生え抜きでもないけど功労者ではあるんだからフロントも移籍金で儲けようなんで思わないですんなり出してほしい。
[ 2018/09/29 21:53 ] [ 編集 ]
もはやロイスの控えですら失格という事ですか。
来季は新しいトップ下兼インサイドハーフの司令塔を獲得するかもしれませんね。
[ 2018/09/29 22:18 ] [ 編集 ]
香川がいてもいなくても「ドルトムント」は「ドルトムント」であったのに、ただのチーム名でしかなくなるのは寂しい限りです。
[ 2018/09/29 22:36 ] [ 編集 ]
香川ってここ数年いつもこんな感じですよねぇ。

期待が大きいだけに、どうしてもドルトムントにこだわりすぎていると思ってしまう。

これでCLにも出場できなかったら。。。

最悪なのはCLに少しだけ出場して冬に移籍というパターン。CL出場チームでなければ関係ないけど。。。
[ 2018/09/29 23:36 ] [ 編集 ]
ここ数試合、香川にゴールチャンスはいくつかあったから、ひとつでも決めていればなぁ。
ベンチからスタメンを勝ち取るには、わかりやすい結果(ゴール)を出すしかない。
前節、同じく途中出場のサンチョとヴァイグルはゴールしているし。
結果を出している人を外すことは出来んやろし、今日のメンバー外はまあ仕方ないと思う。
まだチャンスはもらえると思うので、結果を出して風向きを変えてほしい。


[ 2018/09/30 01:14 ] [ 編集 ]
ファブレの目は・・節穴なんか?
そこそこの動きを見せている香川をベンチ外にして、なぜパフォーマンスの振るわないヴォルフにこだわるのか・・
マンチェスターユナイテッドでのモイーズを見ているようや・・
[ 2018/09/30 01:20 ] [ 編集 ]
自分も香川のプレーが見たいです。今のドルには香川は良い意味で残念ながら合わないですね。
移籍しようとしている選手を監督が重用しないのは致し方ない。香川の実力が他の選手と比べてどうこうだからって事でもないような気がします。是非とも冬には香川の希望するリーグでプレイ出来る事願っています。それまで怪我だけはしませんように!
[ 2018/09/30 01:26 ] [ 編集 ]
結局、ドイツ代表でロイスをトップ下で使う(エジルが代表拒否ですし)という指令が来てるんですかね。唯一のドイツ代表ですから。
監督が残るなら香川はほんと移籍して欲しい。
[ 2018/09/30 01:29 ] [ 編集 ]
ベテランならチームを引っ張るベテランの付加価値が求められる。
ベテランとしての付加価値がなければ同じくらいか少し劣るぐらいの能力でも伸びしろある若手を使った方がまし、ということになる。
とくに若手をどんどんとるドルトムントのような新陳代謝が激しいチームではベテランとしての付加価値を示せなければ居場所がなくなると思う。
香川がドルトムントに残りたいならリーダーシップなりなんなりでのチームをまとめたりひっぱたりする役割こみで居場所を見つける以外道はないと思う。
[ 2018/09/30 03:42 ] [ 編集 ]
香川がドルトムントに残りたいなら

香川は移籍希望です
ドイツに戻る前から、ドルトムントに残ることは明言していません
ベテランとしてチームを引っ張っていけるのは昨シーズンのオーバ、ロイス不在の中若手と試合に出つつ個人スコアを重ねていっていたことから明らかで、証明済みです
ポジションのことといい、なんで香川については事実が無視されるんでしょうね
不思議でなりません
[ 2018/09/30 12:23 ] [ 編集 ]
移籍は構想外に近い事をシーズンが始まる前に伝えられていたからでしょう。
[ 2018/09/30 15:52 ] [ 編集 ]
なぜかクラブから言われてから移籍に動いたことにしたい人が一定数いますが、W杯前後の香川の言動を見れば移籍を示唆してるんですよ。
流石に表立ってはっきりとは言っていませんが。
香川を何年も見ている人ならわかると思いますが、全てにおいて例年と違うんですよね。
インタビューは探せばすぐ出てきます。
[ 2018/09/30 16:53 ] [ 編集 ]
去年も一昨年もその前の年も、もう香川は試合に出られないんだろうかと何度も心配になったけど彼なら大丈夫。
きっといつかまたやってくれますよ。魅惑的なプレーを見せてくれると信じてます。頑張れ~!
[ 2018/09/30 17:06 ] [ 編集 ]
トゥヘルの頃からシーズン当初のブログだったかで「僕はここに残る事を決めました」って言っていたので、その頃から考えていたと思います。W 杯前のインタビューでも「リーガでプレイする事があればそれも運命だと思っています」って言っていたと思いましたが、(記憶違いだったらすみません)
そう未だに自身のブログの更新がないんですよね。移籍騒動があって以来一度も更新されていない。
今迄チームプレイを優先して来てそれなりにドルの勝利には貢献して来たと思うので本当にドルは卒業で良いかと思います。
香川自身も自分のこれからのサッカー人生を考えてって言ってましたしね。だからドルに残る為に香川は〜なんて余計なご心配頂かなくても大丈夫ですよ!
今は香川のプレイが見れずともファンとして我慢の時ですね。
香川真司のサッカー人生をこれからもずっと応援します。
[ 2018/09/30 19:35 ] [ 編集 ]
09/30 16:53さん

「W杯後に示唆していた」
つまりクラブ側(新監督)からすでに構想外に近い事を前もって伝えられていたのでしょう。
しかし香川は競争に打ち勝つ自信も持ってはいて、一方では移籍先を探さなければいけない状況にも追い込まれていたと。
このような揺れ動く状態でドイツに戻り、スイス合宿に参加し、監督と話し、改めて序列の低さを突き付けられたと。
それが市場終了ギリギリでのあの騒動ですね。
自ら移籍しようとしたらあんなヘマはしませんから。
契約は昨シーズン更新したばかりで2020年までですから、自ら動くのであれば来夏以外にはあり得ないです。
W杯直前まで怪我で長期離脱していて、移籍を考える余裕なんてとても無かったでしょうし。
そのW杯もギリギリまで出れるかさえ分からない、ボロ負けするとさえ言われていた状況でしたからね。
やはりファブレに追い込まれた末の移籍騒動だったという事ですよ。
[ 2018/09/30 19:50 ] [ 編集 ]
2018/09/30 19:50
素晴らしい洞察力
「やはりファブレに追い込まれた末の移籍騒動
だったという事ですよ。」
真実は当事者でなければ分からないのに
勝ち誇ったような書き方はどうにか
なりませんか?
[ 2018/09/30 23:34 ] [ 編集 ]
>やはりファブレに追い込まれた末の移籍騒動だったという事ですよ。

なんの根拠もない憶測ですね
しかもW杯【前後】ですから、後とか歪曲しないでくたさい
この夏の騒動がヘマだというのなら、オーバなんてヘマ以上のものでしたね
契約がある以上、選手が移籍希望しようとも動いたとしても移籍できないことは多々あります
そして契約最終年じゃないと移籍できないなんてことはないので、ありえないなんてことはありません
妄想で選手を侮辱するのはやめてください
何を言ってもご自分の憶測が正しい、自分の中では真実なようなので反論も予想できますが、、
選手に対する敬意のなさは不愉快です
[ 2018/09/30 23:40 ] [ 編集 ]
本人が何処に行きたくて何処からオファーがあったかなかったかも公表されてないのに、毎シーズンAMFではチームトップ前線の選手ではオバやロイスと争えるほど色々な数字を出してきたの無かったことにして、ドルトムントから戦力外扱いで移籍先探してたみたいな決めつけしてる人とか
なんか自分に都合のいい解釈してる人がいるよね、移籍先のクラブが方向性変わったからとか他選手を獲得したからとか様々な理由で話が流れたから急遽ドルトムントに残留することになったとか考えない一方的さには頭が下がる思いだ、まあ香川がドルトムントレベルではないorせいぜい良くてTO要員レベルだという前提で話してるからなんだろうけども
[ 2018/10/01 02:34 ] [ 編集 ]
19:50さん
香川はW杯後に「今より もっと厳しい環境に身を置いてやらないと・・」と言ってました。構想外と言われた選手が そんなセリフ言いませんよね?いい加減な事を言わないで下さい❗️
[ 2018/10/01 14:26 ] [ 編集 ]
昨シーズン長期離脱もスコアポイント2位の香川。ドルトムント歴代4位のスコアポイントの香川。ファンのお気に入りで、アジアマーケットでも重要な香川。絶賛ヴィツエルと同い年の香川。ヴァツケの家のお隣のマンション紹介されてる香川。…

何故構想外なのかな?

香川にとって、「またいつかビッグクラブへ移籍する為に頑張る」と、ドルトムント戻った日にカズに送ったメールが答えでしょうね。
[ 2018/10/01 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。