ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「彼のプレースタイルが好きだ!」元ドイツ代表シュヴァインシュタイガー!ゲッツェを応援《ドイツの反応》

【ゴール】

schweini.jpg


シュヴァインシュタイガー!ゲッツェを応援!

“僕はマリオのプレースタイルが好きだ!”


ボルシア・ドルトムントでのマリオ・ゲッツェは常に話題となっている。今度はバスティアン・シュヴァインシュタイガーが彼をサポートしている。

マリオ・ゲッツェはレヴァークーゼン戦でもベンチ入りしなかった。いずれにせよ今回は体調不良のためだ。しかしこのミッドフィルダーがルシアン・ファヴレもとで難しい状況にある事には変わらない。

スポンサーリンク



バスティアン・シュヴァインシュタイガーはチーム記者会見で、マリオ・ゲッツェを後押しする発言をしている。



“僕はマリオのプレースタイルが好きだよ。数年前は正に彼のような才能を探していたものだ。”



さらに最近ではゲッツェを発見したペーター・ヒュバラがゲッツェを擁護している。“マリオの場合はなんでも汚く書かれてしまう。彼が平均的なプレーをしただけで、ボコボコにされるんだ。彼のような選手への対応をみていると、まるで吐き気がするようだ。”とヒュバラは語っている。



シュヴァインシュタイガーは、“ゲッツェの才能は失われてはない。”と述べているが、試合後にキャプテンのマルコ・ロイスは、“そろそろ毎日マリオ・ゲッツェについて語る事はやめるべきだ。これは彼にも良くないし、チームにも良くない。彼は単にサッカーがしたいだけなんだ。”と語っている。


ゲッツェは今シーズン、ポカールのヒュルト戦とCLのブリュッゲ戦でスタメン出場している。彼はこの2試合で途中交代となっていた。





以上です。

チーム記者会見という事はシュヴァインシュタイガーにゲッツェへのコメントを求めたのかもしれないですね。

実際の所、今日はそれほどゲッツェに関する新しい記事は出ていないですね。さすがに少しネタ切れでしょうか。

この前の試合が病欠だった事も影響しているかもしれません。



[ 2018/10/01 17:23 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(4)
周囲が、ゲッツェを天才だ、才能は失われていない等、ほめそやすと、ドルトムントが批判にさらされる。
周囲が、ゲッツェを批判すると、ゲッツェが直接苦しむことになる。
この件は、何も言わないのがいいと思うけど。
[ 2018/10/01 17:53 ] [ 編集 ]
「彼が平均的なプレー・・」、「数年前は正に彼の様な才能・・」あまり擁護になってませんね。
高額な移籍金とクラブトップクラスの年俸で、平均的なパフォーマンスで叩かれるのはゲッツェに限らず、サッカーの世界では当たり前の事ですよね。そして数年前のゲッツェに関しては、誰も否定しないでしょう。
社交辞令ですね。ゲッツェもマスコミを利用して来ましたから、マスコミが食いついても仕方ない部分はありますね。逆にロイスの言う様に、ゲッツェの事を今後話題にしなければ、何やらそのまま消えてしまう様な気がします。
[ 2018/10/01 18:12 ] [ 編集 ]
これ代理人がお抱え記者にゲッツェの質問をさせて、監督に使えせめてベンチに入れろとプレッシャーをかけてるんでしょうね
[ 2018/10/01 18:12 ] [ 編集 ]
ゲッツェはドルトムントを出るまで叩かれ続けるよ、ここ数年チームワーストレベルなのにトップクラスのサラリー貰ってんだから批判されても仕方ない、それが嫌なら推進力さんヨロシク与えられた時間以上の結果を出すかさっさと移籍するしかないね
[ 2018/10/02 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。