ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのサンチョ!!早くも契約延長へ!!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

sancho.jpg


ボルシア・ドルトムント:ジェイドン・サンチョと契約延長へ!

ボルシア・ドルトムントのファンにとっては良いニュースだ!


ジェイドン・サンチョがドルトムントで契約を延長する!


彼は現在ブンデスリーガを魅了しており、契約を後1年としていたが、ボルシア・ドルトムントは2020年までとなっている契約を延長するようだ。

スポンサーリンク



すでに先週には、マネージャーのミヒャエル・ツォルクがこの18歳を絶賛していた。


ツォルクは“ジェイドン・サンチョは何も考えずに、直感的にプレーしている。彼は私があまり見たことがないようなプレーをする事が出来る。彼はまだAユースの選手なのにね。これは凄いことだよ。彼を見ているとタイプは違うがウスマン・デンベレーを思い出すが、デンベレーはまだ18歳ではプロではプレーしていなかった。”


サンチョは2017年に800万ユーロでマンチェスター・シティーのU18からBVBに移籍してきた。


ペーター・ボシュ監督の下ではサンチョはあまりプレーしなかったが、ペーター・シュテーガーになってから明らかにプレー時間が増えた。そしてそのポテンシャルを示すこととなった。


今シーズン、サンチョはブンデスリーガではまだスタメン出場はないが、彼のパフォーマンスは特筆に値する。これまでの124分で彼は1ゴール5アシストを記録しているのだ。


サンチョ:マルコ・ロイスから学びたい



ジェイドン・サンチョ:“もちろん途中からプレーする選手ではありたくない。スタメンでプレーするためにもっとハードワークしなくちゃね。”


ジェイドン・サンチョは、BVBで大きなお手本であるマルコ・ロイスから学びたいようである。


サンチョは、“僕たちはフィールド内外で理解しあっており、互いに読むことができる。彼はボールをもったらどのように成熟したプレーができるか教えてくれた。僕が来たときはそうではなかったんだ。彼が落ち着いて自分のプレーをする方法を教えてくれたんだ。これは凄く助けになっている。彼は素晴らしい選手だし、彼とプレー出来てうれしい。”と語っていた。





以上です。

これは良いニュースですね。やはり若い才能を獲得したからには、転売しないでできるだけクラブに残してほしいですね。

ラーセンもブレイクするかもしれませんし、プリシチ、サンチョ、と共に残すことができればまだ、未来はあると思いますが、まあ良くて後数年でしょうか・・。

ドルトムントが獲得した若手がすべてうまくいったわけではないですが、デンベレーやサンチョを見ていると、確かに数年前とは比べ物にならないぐらいの才能を獲得しているんだなあ、と感じますね。

こうした選手が来てくれるうちに、何とか良い方向に流れが変わってくると良いんですが・・。





[ 2018/10/02 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
これは朗報とも言えるが不吉なサインのようにも見える。。。フロントが期待値の高い選手を売るのは高額の移籍金が発生するからですよね。つまり延長=放出を検討せざるを得ない高額のバイアウト設定だったら…と考える僕は間違っているんでしょうか?
[ 2018/10/02 21:27 ] [ 編集 ]
21:27さんに同意です。サンチョが今シーズン爆発したら夏に出ていくとかが目に浮かぶ…生え抜きでもドイツ人でもないですしね。仮にメガクラブや名将からオファーが来れば若いだけにサンチョも気持ちが動いてもおかしくない。
[ 2018/10/03 09:14 ] [ 編集 ]
サンチョがいずれ大金をドルトムントに残して移籍していくのは既定路線でしょう
それでも2022年までのあと何年かはわかりませんが彼の成長を見るのが楽しみですね
[ 2018/10/03 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。