ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン3戦連続未勝利!ミュラー「僕たちのプレーはもう機能していない!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

muller 1

バイエルン、アヤックスに引き分け!


またしても勝利なし!

ミュラー:“僕たちのプレーはもう機能していない。”


この試合は小さな危機から抜け出すはずのものだった。しかしバイエルンはさらに深い溝にはまっている。

スポンサーリンク



バイエルンはチャンピオンズリーグのアヤックス戦で、またしても未勝利となったのだ。アウグスブルクに1:1で引き分け、ベルリンに0:2で敗れた後で、これで3連続未勝利となった。最後にこうなったのは、ちょうど一年前にカルロ・アンチェロッティが解雇されたときだ。

トーマス・ミュラーがはDAZNにおいて、“すでにシーズン始まりのころよりも良い時間帯もあった。もうここ何試合か僕たちのプレーはうまく機能していない。でもそのことを嘆いても助けとはならないけどね。サッカーでは先を見ることが大事なんだ。現状は理想的ではないけどね。”と語っている。


土曜日にはバイエルンは4位のグラートバッハと対戦するが、コヴァチにはプレッシャーがかかる事になる。

バイエルンはアヤックスと1:1で引き分けたが、これは歴史的な記録となった。バイエルンはここ4年間、ホームで行われたチャンピオンズリーグのグループリーグの試合ですべて勝っていたのだ。




以上です。

バイエルンがまたしても未勝利となりました。これによってミュラーが“プレーがもはやうまく機能していない”と正直に発言していますが。まあこれを監督批判ととるようなメディアはまだありませんでした。どちらかと言えば、正直にバイエルンの問題を口にした、といった受け取り方ですね。



[ 2018/10/03 17:15 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
ミュラー、レバ、ロッベンとバイエルンのFWはよく喋るよね
[ 2018/10/03 17:52 ] [ 編集 ]
アヤックスの方がはるかに強い感じがしたな。
コバチはロベリー、ボアテン、ミュラー辺りを外せるかどうかが評価の分かれ目になりそう
[ 2018/10/03 18:23 ] [ 編集 ]
ミュラー好きですけが、スタメンから落とすべき選手ですよね?
ワールドカップの時もアレでしたが、まともな競争をさせるべきに見えます
[ 2018/10/03 18:26 ] [ 編集 ]
ミュラーは日本では批判的にみられてますが、元々監督やクラブ、チームメイトの批判はしないですよ。
まぁアンチェロッティに対しては監督批判と言うより愚痴に近かったし。
嫌な事を聞かれてもキレたりせず正直な自分の思ってる事をちゃんと答えてる。
でも日本で誤解され嫌ってる人多いですが…。
[ 2018/10/03 18:44 ] [ 編集 ]
たった三戦未勝利なだけで話題になるんですね。バイエルンのプレッシャー物凄いなー
[ 2018/10/03 23:01 ] [ 編集 ]
天然キャラで余計なこと喋っちゃうタイプって認識。
誤解を招く言い方ってあるしね、喋んなきゃいいのに。
[ 2018/10/04 01:49 ] [ 編集 ]
10/03 18:44さんに同意
ハインケスやペップの時は外されても負けてもこのようなことは言いませんでした
まあミュラーを嫌ってるというより日本のサポって監督批判を許さない感じですよね
内容悪くても勝ってりゃ監督だけは批判しちゃいけないって感じのコメントが多すぎですし
トゥヘルの時もトゥヘル自身の選手批判は許容してフンメルス等の一部選手の監督批判は受け付けないみたいなのばかりでしたから
[ 2018/10/04 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。