ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!ドルトムントに居場所なし!ドルトムントはこの話題に苛立つ!《ドイツの反応》

【Sport.de 】

goet10.jpg

ドルトムント、マリオ・ゲッツェの話題に苛立つ!


ドルトムントでは若手が大活躍中だ。現時点ではゲッツェには居場所がない。


マルコ・ロイスはすでに苛立っていた。ボルシア・ドルトムントはレヴァークーゼンに勝ってリーガ首位に立ったが、その後のインタビューで、マリオ・ゲッツェに関して質問が及ぶと、キャプテンは“みんな毎日マリオ・ゲッツェに対して語るのはやめるべきだ。これはマリオにとっても僕たちにとっても良いことではない。”と語っていた。


スポンサーリンク



みんなできる事なら、この話題から目をそらしたい。そして若き才能のプリシチ、サンチョ、ラーセン、ハキミについてだけ語りたいところだ。しかしゲッツェはゲッツェだ。彼は今から4年前にワールドカップの決勝点を挙げたのだ。彼の名前はこれからもヘルムート・ラーン(1954)、ゲルト・ミュラー(1974)、アンドレアス・ベーメ(1990)と一緒に語られるだろう。


それに加えて、ゲッツェとクラブ幹部が今シーズンが“決定的なシーズンとなる”と語っていた。


しかしチャンピオンズリーグモナコ戦までを総括すると、あまりにもパッとしない。ブンデスリーガのプレー時間は0分。そしてポカールのヒュルト戦とCLのブリュッゲ戦では弱弱しいパフォーマンスだ。


“情報を遮断することはできない。”とゲッツェはキッカーにおいて語っていた。彼が2013年にバイエルンに移籍した時のパフォーマンスはまるで見る影もない。ドリブルのスピードもないし、ウィットにも欠けている。さらに自信もない。ゲッツェは長所は度重なる負傷と病気のために失われてしまったのだ。


ゲッツェは昔の力を取り戻せるだろうか?


最初はその役目を監督のルシアン・ファヴレが担うとされていた。ゲッツェはモチベーション高くシーズンの準備トレーニングに臨んだ。それどころか、彼はアメリカ・ツアーに参加するために、アン・カトリン・ブレンメルとのマヨルカ島での結婚式をキャンセルまでしていたのだ。


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはシーズンが始まる前に、“私はファヴレが彼を手助けすると信じている。後はマリオがなんとかしなければならない。彼は賢い若者だから、どれだけ大事なことかわかっていると思う。”と語っていた。しかしその希望が叶う事はなかった。最近ではゲッツェが昔の力を取り戻す可能性に対する疑念が強くなるばかりだ。


ゲッツェは2016年にドルトムントに戻って以来、公式戦50試合に出場しているが、4ゴール9アシストしか記録していない。“もちろんこれは彼にとっては難しい状況だ。だけどこの話題にいつも触れない事が彼の助けになる。”とツォルクは語っている。


しかしゲッツェがベンチに座り続けたり、ベンチ外になり続ける限り、この話題が収まる事はないだろう。


彼のドルトムントでの契約は2020年までとなっている。現時点では移籍の可能性も十分にあるだろう。しかしゲッツェがドルトムントで見限られたという事はまだない。“マリオが戻ってくると信じている。僕たちはマリオを信じている。”とロイスは語っている。



以上です。


ゲッツェはゲッツェだ。まさにこれがメディアの言い分ですね。ゲッツェはモナコ戦でもベンチ外となり、これで3戦連続となりましたが、この状態が続く限り、メディアが手を緩めることはなさそうですね。

ドルトムントは勝っているからまだよいですが、すでに結構なプレッシャーを受けていることは間違いないでしょう。

[ 2018/10/04 12:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
ボスやシュテーガーにはゲッツェ縛りのハンディが有ったが、ファブレには無いのが大きな勝因ですね
[ 2018/10/04 14:26 ] [ 編集 ]
同じことばっかり書いてない…?既視感すごい。
ゲッツェが少し可哀想だね
[ 2018/10/04 15:22 ] [ 編集 ]
つまり「キャプテンロイスや監督は控えてくれって言ったけど俺たちはこの話題に関して手を緩めるつもりはないよ」っていう宣言ですね。
当人のメンタルやチームの全体のモチベーションをも大きく左右するデリケートな話題なのにゲッツェはゲッツェだ」っていう一言だけで正当化しちゃうのはどうかと...
それがメディアの本質と言われればそれまでですが、なんだかモニョモニョしますねえ。
[ 2018/10/04 15:27 ] [ 編集 ]
やっぱりフロントの圧力があるんですね。けれどもパフォーマンスが低い一人の選手を贔屓して起用すると、ベンチにされた選手らに不満が溜まっていきますし、キャプテンが特別扱いしようものならチームは瓦解してしまいますね。幸いロイスはチームを上手くまとめ、仲間からも信頼されて、最近の内容と結果がでてる試合に喜んでいて、プレイに精悍さも加わってとても良い状態のようですから、理不尽なフロントの圧力には監督とタッグ組んで跳ね返して欲しいものです。
[ 2018/10/04 15:53 ] [ 編集 ]
元々ドルトムント自体がカストロとか他選手に割食わせてまでゲッツェ優遇してたんだから当然の報いだね、ゲッツェ自身も大事な決勝前に相手先に移籍発表したり起用しない監督を攻撃したりしてたんだから自業自得だしさ、唯一この件で可哀相なのは無駄に巻き込まれ雑音に晒される他選手達だけだよ
[ 2018/10/04 16:43 ] [ 編集 ]
10/04 16:43さんに同意
何年も沢山の選手のキャリアを無駄にさせた罪は重い
戻ってきた年からきちんと競争させて優遇なんてしなければ、ゲッツェの意識も多少は変わってたかもしれないのに
ただただ選手がかわいそう
特にカストロ、香川、ヴァイグルだね
[ 2018/10/05 08:42 ] [ 編集 ]
ゲッツェは目の敵にするのにクラブから放出認められたのに自分の行きたいクラブじゃないから残った選手が使われないのを差別だ優遇だと言っていた人たちは一体何なのでしょうかね
[ 2018/10/05 19:06 ] [ 編集 ]
いやいや今シーズンだけで話されてもね笑
トゥヘル時代からゲッツェ優遇はあったでしょ
話すりかえて当てこすり言われても皆困らせるだけだよ
そもそも勝手に妄想して攻撃的すぎじゃない?
そんなに一部選手のファンが嫌いなの笑
[ 2018/10/06 13:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。