ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川不在ドルトムント!モナコに3:0で勝利!マッチレビュー《ドイツの反応》

【ビルト】

reus20.jpg


モナコに3:0

ジョーカーがドルトムントを助ける!

ドルトムントはうまくいっている!


ブンデスリーガの首位チームはチャンピオンズリーグでもうまくいっている。1:0で勝利したブリュッゲ戦の後で、フランス昨年2位のチームに3:0で勝利だ。


今日のマッチウィナーはヤコプ・ブルーン・ラーセンだ。このデンマーク人はマリウス・ヴォルフに代わって後半から出場すると、まるで稲妻のような活躍をみせた。彼はプレー時間6分で得点を決めたのだ。しかもそれは2度目のボールコンタクトだった。


スポンサーリンク



ブルーン・ラーセン:“あっという間だった。監督は僕にいくつか戦術的な指示を出したけど、後は楽しんで来いと言っていた。僕はゴールとアシストで違いを出したいと思っていた。”


ルシアン・ファヴレは今シーズン途中交代ですばらしい采配を見せている。ブンデスリーガではすでに途中交代から合計で11アシストとゴールを記録しているのだ。ブリュッゲ戦ではジョーカーのプリシチが得点し、今度はラーセンだ。


そしてラーセンのゴールをアシストしたのがサンチョだった。このジョーカーは契約を2022年まで延長したばかりだが、今回はスタメン出場となった。彼の数字:9試合で9スコアポイントだ。


ゴールの数字なら他の選手も負けていない。パコ・アルカセルは2:0となるゴールを挙げたが、彼は3試合で4ゴールを挙げている。そのアシストをしたのはマルコ・ロイスだが、彼はこれで5ゴール6アシストだ。そしてさらに彼は92分にラーセンのアシストからシーズン6ゴール目を上げている。アルカセルはPKを外してしまったが、もうそれも気にならない。


ビュルキ:“少し苦労したけど、忍耐力を失わなかった。これが今日の鍵だったと思う。”


彼は試合前に昨年4月のバス襲撃事件について考えたことを明かしている。当時の相手もモナコだったのだ。“すでに消化したと思っていたよ。だけどまた記憶がよみがえってきた。今それが過ぎ去って嬉しいよ。”


試合はすべてが順調ではなかった。前半はモナコ相手に苦労したのだ。ドルトムントも33分にアルカセルが、そして39分にヴォルフがチャンスを得るも、相手キーパーのベナリオに阻止されている。ベナリオはこれで負傷し交代となっている。


そして今回もベンチ外となったのがマリオ・ゲッツェだ。このワールカップ優勝者は風邪が治ったもののベンチ入りしなかった。しかし現時点では活躍する選手が他にもたくさんいる・・・。



以上です。

ロイス、サンチョ、ラーセン、そしてアルカセルの調子が上がってきましたね。これは楽しみなメンバーです。少し攻撃も解決策が見つかりそうな予感がします。ファヴレがヴォルフをなぜ進んで起用するのかはまだよくわかりませんが・・・。

香川選手がこのタイミングで負傷してしまったのは非常に残念ですね。今日はメンバー入りはするかなと思っていたのだ・・。早くけがを治してほしいですが、足首だというのが気になりますね。続報を待ちましょう。



[ 2018/10/04 07:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
勝ちましたけど前半は絶不調モナコ相手に見るに耐えないパフォーマンスでしたしやはり香川選手が必要だと思いましたね。
[ 2018/10/04 07:07 ] [ 編集 ]
レバークーゼン戦に比べて守備が良くなった。ディアロをサイドバックでセンターバック気味にやらせたのが良かった。おかげで実質センターバック3枚。中央の底の三角形がプレス食らってもすぐにサポートに行けたし、簡単に裏取られることもなかった。モナコのあっさりした攻撃では点取られる気がしなかった。
ただし、相変わらずビルドアップできないからお疲れ待ちの他力本願での勝ちだったけど。
ラーセンはブレイクです。あとは中央でのプレーを覚えてもらえれば最高に楽しみだね。
香川のケガについては、言えることがないわけではないけど、打ち身捻挫によく効く温泉へサッサと行けですね。ドルは大勝してるように見えて中身はギリギリの戦いしてるんで、このままではシーズン最後まで持たない。なので今のうちにシュメレとゲッツェ連れだって今のうちに温泉ツアーしとけだよ。後半勝負のサッカーやってシーズン後半戦に息切れしましたじゃシャレにならない。
[ 2018/10/04 09:12 ] [ 編集 ]
一試合通して見てヴォルフは1つ良い場面がありましたがそれ以外は技術面でも判断力の面でも物足りないですね。確かに何故積極的に起用するのか謎です。まあプリシッチが復帰したら出番は限られるでしょう。個人的には前半ビルドアップの面で苦労していた印象だったのですが後半中盤にスペースが出来てきてヴァイグルを投入してから一気に攻撃がスムーズかつ効果的に進められたように思えます。やはり彼はスタートから出すべき選手だと思います。パスミスが少ないですし、滅多にボールを失わないキープが出来て局面を前に進めてくれる気の利いたパスが出せます。今日見てやはりスーパーな選手だと思いました。ヴィツェル、ディレイ二ーのどちらかと組ませるのが1番良いのかな?と思いました。
[ 2018/10/04 09:12 ] [ 編集 ]
2回目になってしまいますがどうしてもラーセンについて書きたくなってしまうほど最近の彼は素晴らしいです。裏抜けが上手くフィニッシュも冷静で数字に残る結果を出してくれます。プリシッチやサンチョのようにドリブルで1,2人交わしていくというタイプでは無く、オフ・ザ・ボールの動きの質が高く、2人よりよりボックス付近、ゴール前で脅威になれる選手です。まだ若くドルトムントの下部組織出身ということで大事に育てていって欲しいです。個人的にはロイスの後継者だと思っています。怪我以外の事で彼から多くのことを学び素晴らしい選手になって欲しいです。彼やプリシッチと同世代で下部組織出身のパスラック、ブルニッチもいずれはドルトムントで覚醒して欲しいです!!
[ 2018/10/04 09:22 ] [ 編集 ]
まあチームはある程度は上手く行ってるみたいだし香川はいなくても大丈夫だと思う、多分ウインターブレイク前に攻撃的中盤の若手あと一人くらい取るんだろうし、もうドルと香川は別の道を歩みだす時が来たんだと思う
正直ローテ要員になるなんて勿体無いし更に推進力さんとかみたいな自称ドルサポもいるわけだから、格上か同格か格下かは分からないけど移籍した方がクラブも香川もサポも幸せだし、残り少ない数ヶ月間ドルト香川を本人にも楽しんで貰いたいし私たちも楽しみたいね
[ 2018/10/04 09:44 ] [ 編集 ]
色々めぐり合わせの運はあるんだろうけど、モナコにリベンジ出来たのは良かった
前半守備的で後半ギャップ攻めってのが上手く行ってる感じだねー
[ 2018/10/04 11:23 ] [ 編集 ]
香川なしでも上手くいってるのなら心おきなくドルを卒業出来るし良いと思いますよ。香川はプロに徹して頑張ってるけど、もはやドルに執着はないでしょう。ポジションもロイスの代役しかないのなら新しい環境で一から挑戦して欲しいですね。今はまず怪我を完治してコンディションを上げていくのみ。

それから代表との両立は厳しくなって来たのではないでしょうか。この何年かは代表で負ったり悪化してますから。ゲレイロも代表から帰って来る度に怪我してますが、そうなると継続さた活躍は難しくなるので厳しいです。
[ 2018/10/04 15:04 ] [ 編集 ]
前半グダグダ後半突撃〜が今のところハマってるからいいんじゃないですかね。若手の勢いもあるし。ビルドアップとかあんまり考えてないんじゃね。つまらないですがそれで勝ってるんだからまぁいいでしょう。ロイスが壊れたら知らん。これで負けないブンデスってどうなんだろうとは思うけどラーセンサンチョプリシッチのサイド争いを楽しみにします。ヴァイグルはスタメン頑張れ。香川はもうちゃんと治して移籍で。移籍したかったのは間違いなかったみたいだしね。癖になってきてる感あるのがなぁ。心配です。トレーナーなんかと要相談はしてると思うけど。仮に出られて1人で組み立てとかやろうとしても徒労に終わるだけって感じだしファブレはもう眼中にないでしょ。本人の希望がなるべく叶えばとは思うけど大迫みたく本当に求めてくれるところでイキイキサッカーしてるとこが見られたらと願います。ていうかゲッツェの方がマジでこのサッカーでどないすんねんみたいな。ロイスの代わりなんか絶対無理でしょ。サイドもボランチも無理だし…
[ 2018/10/04 15:06 ] [ 編集 ]
いやあシーズン開始の頃と比べて格段に良くなってきましたね!
アルカセルは買い取りできないんでしょうか? ロイスと組ませると弱点をけしあい、プレーが被らず良い組み合わせでゴールに結びつけますね。
サンチョもプリシッチとの切磋琢磨でぐんぐん成長してますし、両名落ち着いてプレーできるようになってきました。
ヴォルフはスタメンでしたが、言うほど悪くなかったですね。もっと使っていけば適切な判断力がついて、十分戦力になると思います。
アルカセルやロイスの中央組がフィジカル的に弱いので ヴォルフやラーセンやサンチョが脇を固めるのは重要ですね。フィリップも体格は良いので中央で使うのも、サイドに置くのもありですね。
ファブレの中央はお互いを補う2トップのようにも機能してるので、香川に積極性を取り戻せば十分、出場機会は与えられますよ。香川にしかもっていないボール運びはドルトムントでもやっていけます。来年30歳になる選手はどうしてもスタメンでで続ける事は難しくなってくるでしょうから、ファンからの支持があついドルトムントでずっとプレイしてくれると嬉しいですけれども。まずは傷を治して初ゴールを見せて欲しいですね。
[ 2018/10/04 15:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。