ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイマール!途中交代でトゥヘル監督に激怒!?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

tuchel9.jpg


ベルグラートに勝利!

途中交代で激怒?ネイマールがトゥヘルに言ったこととは?


ネイマールがハットトリックを達成したおかげで、パリはセルビアのベルグラードに6:1で大勝した。しかしそれでもこのブラジル人はトーマス・トゥヘル監督に激怒しているようだ。トゥヘルは82分にネイマールを下げたが、それはネイマールには気に入らなったようである。


スポンサーリンク



ネイマールが説明する:“彼に、‘俺を下げるなよ!’って言ったんだ。もちろん冗談だけどね。彼とは良い関係だし、良く話をするんだ。だけどもちろん90分プレーしたいけどね。”


トゥヘルは試合後にネイマールを絶賛している。“ネイマールはセンセーショナルで素晴らしかった。本当に最高だ!”


ネイマールは中盤の指揮者、そして確実なフリーキッカーとして輝いた。彼は2ゴールをフリーキックで決めたのだ。


“ネイマールはハングリーで、自分で試合を決めたかったんだ。”とトゥヘルは語る。


ネイマール自身は、“すごく幸せだね。何よりも勝ちたいんだ。でも自分がゴールを決めればそれに越したことはないよ。”と語っている。


トゥヘルも、“素晴らしいパフォーマンスを出し、チャンスも多く作った。”と喜びを分かち合った。


まだ後半に入る前に、エディソン・カヴァーニ(37分)とアンジェル・ディ・マリア(42)が試合を決めた。さらに後半に入ってからはワールドカップ優勝者のキリアン・ムバッペーが70分に追加点を挙げている。


またドイツ代表のユリアン・ドラクスラーは82分からプレーしている。さらに新代表のティーロ・ケーラーも76分からプレーしている。



以上です。

ネイマールとトゥヘルの関係は良好なようですね。このグループはリヴァプールがナポリに負けましたので、面白い事になりましたね。ナポリ、PSG、リヴァプールのうち、どこが勝ち抜けるか非常に興味があります。

[ 2018/10/05 09:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
オーバメヤンと仲良かったりデンベレに自由を与えたりしていたのにネイマールと絶対に上手くいかないみたいに断言されていたのは本当に謎ですね…
今季のPSGは選手間の関係性も緩和して良い雰囲気に見えます
PSGとリバプールが抜けるかと思いましたけど、リバプールがここ最近調子落ちているようなんで分からなくなりましたね
[ 2018/10/05 10:51 ] [ 編集 ]
ドルでは冷遇を発端としてロッカールームの重鎮たちには嫌われてたようですけど
フランス・スペイン系には打ち解けていたので、パリでは割と上手くいくのではという大方の予想が当たってますね今のところ
基本的に勝ってればチームが壊れることはないと思うので、ノリの合うフランスでしかも盟主のPSGはトゥヘルにぴったりハマってますね
[ 2018/10/05 12:24 ] [ 編集 ]
おつかれさま交代でキレるやつ初めて見たよw
[ 2018/10/05 13:22 ] [ 編集 ]
 11月のリヴァプールとの再戦が楽しみ。トゥヘル率いる資金力と選手層で勝るPSGと、クロップ率いる伝統のリヴァプール。はやく観たいね。
[ 2018/10/05 13:23 ] [ 編集 ]
ネイマールってなにげに集中力が長く続かないですよね。上手くいかなくなる原因はダラダラフル出場している所にもあるような気がします。
トゥヘル的にはいつも最高のパフォーマンスで怪我なくプレイして欲しいでしょうから、ハットトリックしたら体力温存の為に下げたいですよね。
それにベンチにいる他選手の出場機会を与えたいでしょうし。
なんにせよ、上手くいってるようで、嬉しいです。
[ 2018/10/05 23:01 ] [ 編集 ]
トゥヘルの問題は常に2年目に起こる感じ
なんかマンUの誰かさんのよう。あっちは3年目だっけ?
[ 2018/10/06 04:15 ] [ 編集 ]
これはトゥヘルよりネイマールが問題
相変わらずコイツは自分中心すぎる
途中交代したのだって三冠達成するためにはローテが必要なの少し考えりゃ分かるのに
ましてハット達成したんだからドラクスラーにもチャンスをあげりゃいいだろ
お前が怪我したら誰が代わりをやるんだ?責任とれんのか?って話だわ
[ 2018/10/06 12:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。