ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!コヴァチ監督に対する疑念が増す!ハメス・ロドリゲスも控室で激怒!《ドイツの反応》

【ビルト】

james.jpg

コヴァチ監督に対する疑念が増す!


バイエルン、控室が悪い雰囲気に!


“これは監督が決めることだからね。だけど最終的には彼が責任を取らなければならない。”


バイエルンの会長、ウリ・ヘーネスは水曜日にコヴァチ監督のローテーションに対してこう語っている。


これは何かと不穏な発言だ。なぜならヘーネスが選手に非常に近い人物であることは周知の事実だからだ。

スポンサーリンク



バイエルンの控室がコヴァチのせいで荒れている


ビルトの情報によると:バイエルンの雰囲気は本当に良くないようだ。3試合勝てなかったことでコヴァチに対する疑念が増しているとのことである。内部関係者が語る!


▶ハメスが激怒!

先週ハメス・ロドリゲスがコヴァチがいないときに控室で激怒したようだ。“ここはフランクフルトじゃない!!”このコロンビア人は、控えになっている事に対して起こっているようである。さらに彼はバイエルンを出ていくつもりである事、そしてそれを監督に言うつもりであると語っている。


▶ドイツ語でなくクロアチア語!

コヴァチはロベルト、キーパーコーチのタパロヴィチ、そしてSDのサリハミジッチとは頻繁にクロアチア語で会話しているようだ。他の人が近くにいるときも。これには多くの人々が敬意が欠けていると感じているようだ。さらに助監督のペーター・ヘルマンもあまり良く思っていないようである。


▶アイデアの欠如

選手たちはグアルディオラやハインケスのようなアイデアを望んでいる。コヴァチは攻撃に関してはまったく新たな試みをしない。彼の分析ではセンターバックのポジショニングばかりだという事だ。


▶ローテーションの謎!

スター選手たちはローテーションには慣れている。それ自体は問題ではない。しかしコヴァチのやり方には疑問だ。多くの選手が疑問に思っているのは、公平なプレー時間に対してだ。多くの選手たちは良いパフォーマンスをした後でもベンチに座らなければならない。例えばシャルケ戦後のハメスやレヴァークーゼン戦後のズィーレのように。


▶トレーニング内容

コヴァチは昨日はたった52分しかトレーニングしなかった。しかしこの日は今週で唯一トレーニングに専念できる日だったのだ。選手たちは、今集中的にトレーニングしない事に対して疑念を抱いている。




グラートバッハ戦でバイエルンには勝利が必要だ。そうでなければ控室は爆発するだろう!




以上です。

内部関係者というのが誰かはわかりませんね。ビルトだったら情報源はありそうですが・・・

バイエルンは雰囲気が悪くなってきたようですね。数週間前はコヴァチを絶賛していましたが、3試合勝てなくなったとたんこれです。しかしバイエルンに対してはメディアもどんどんプレッシャーをかけるぐらいでちょうど良いですね。

コヴァチはローテーションでも自分の意思をしっかりと貫いていますが、それで勝てなくなると一気に不満が出てくるのはしょうがないでしょう。

責任を取るというヘーネスの発言は、うまくいかなかったら首もあるという事でしょうね・・。

[ 2018/10/05 16:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
このレベルの選手だと何を言われるかより、だれに言われるかが大事なのでしょう。実績がない監督はうまくいかなくなるとそこが難しいですね。トゥヘルもナーゲルスマンも、ペップ、ハインケスと来ていた絶対王者の、でもブンデスの地盤沈下が進んでいる今のバイエルンにはワンクッションおきたかったというところではないでしょうか。
[ 2018/10/05 16:53 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガがまた面白くなる最短コースはバイエルンが自爆することだったりして笑。
まあ冗談は置いといて、毎度のことだけど、今年はワールドカップイヤーだから代表選手を多く出したクラブはどこもチーム作りが遅れてるね。バイエルンは年明けくらいまでは寝てていいけどな。
[ 2018/10/05 17:29 ] [ 編集 ]
次の監督を予想しなきゃ
[ 2018/10/05 18:22 ] [ 編集 ]
ははは、このまま地獄に堕ちろバイエルン
アンチェロッティもそうやって追い出したんだろう
[ 2018/10/05 19:41 ] [ 編集 ]
グアルディオラは内部情報をマスコミにベラベラ喋るやつがいると不快感を抱いてましたが、今も続いているってことはもっと運営側の人間がリークしてるんでしょうね。
コヴァチ監督はフランクフルト初期、選手の使いすぎで怪我人多発した時がありました。それを改善して最終的にはポカール獲得しましたので、ローテーションは現状怪我人多発をこれ以上増やさないための処置でしょうね。
バイエルンは最終ラインに問題があると思います、ボアテングは放出で良かったように思いますね。後はハメスはブツブツ文句いってチーム雰囲気を悪くするなら放出でいいと思いますよ。ハメスとミュラーが被っているうえに、プレイスタイルが異なるから攻撃に一貫性がなくなっているようにも感じます。開幕当初は上手くいっていたのに、俺が俺がの選手は本当にメンドクサイ存在ですね。
[ 2018/10/05 23:13 ] [ 編集 ]
マンUくびになったらモウリーニョバイエルンが現実味を帯びてくるかなw
[ 2018/10/06 00:43 ] [ 編集 ]
モウリーニョ(笑)

監督の格としてはバイエルンありかもしれませんが、モウリーニョがドイツに来たがるとは思えないなぁ~
[ 2018/10/06 08:02 ] [ 編集 ]
ハメス首にするよりコバチとかいう小物監督を首にするべき、選手として圧倒的な結果を残したジダンみたいな人なら兎も角メガクラブであるバイエルンがタイトル獲得経験もない監督で博打するなんて普通はあり得ないし異常だよ
ましてやドルトムントがMFばかり補強してた頃はリーグカップCLを戦い抜くにはTO必須だから仕方ないとか言っといてミュラーとハメスがスタイル被ってるからとかいう理由で放出しろとか弱体化しろって言ってるようなもんだ、それでバイエルンまでCLベスト16以上に進めなければブンデス勢全滅ひいてはリーグランキングが更に後退してCL出場枠すら減ることになる
まあそうなれば出場枠争って競争活性化に繋がるかも知れないが何れにせよバイエルンの弱体化はブンデス全体の弱体化に繋がるし、選手だけじゃなくて監督すらケチるならどんどん魅力も減って来る選手監督が出場機会を求める中堅か成り上がりたい若手に限定される、バイエルンまでそんなクラブになったらいよいよブンデスは終わってしまうでしょ
そんな歪なリーグにしたのはバイエルンだけではなくドルトムントシャルケ等の準メガクラブにも責任があるんだから迂闊なことを言うもんじゃない
[ 2018/10/06 12:37 ] [ 編集 ]
コヴァチ監督はポカールでバイエルンを倒した実績のある、バイエルンOBですよ。しかも、レビッチを育て、レビッチはW杯で十分な働きを見せてなんと準優勝しました。クロアチア準優勝はクロアチア人の株を上げましたね。
選手監督共にタイトルを何度もとったアンチェは選手の傲慢さとふがいなさで首になりました。グアルディオラは延長を依頼しましたけど拒否されてしまいました。ハインケスも結局1冠でしたか。
実績のある監督でも駄目なんですよ、今のバイエルンは。
トゥヘルはポカール獲ってPSGで監督やって、ネイマールとも上手くやって好調のようです。ポカールとってたら十分じゃないですか。バイエルンは選手の入れ替えが必要です、選手は監督より偉くあってはいけませんね。監督に問題があるのではなくて、選手に問題があるんですよ。
[ 2018/10/06 23:39 ] [ 編集 ]
なるほど、なるほど。

コメント欄は香川、ゲッツェ絡みでない方が面白いですね。討論みたいで。
[ 2018/10/08 08:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。