ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、シャヒン!ゲッツェを擁護し、批評家たちを批判!!《ドイツの反応》

【Sport1】

sahin7.jpg


シャヒン!ゲッツェを擁護し、周囲を批判!



ヌリ・シャヒンはマリオ・ゲッツェを擁護している。そしてマリオ・ゲッツェを取り巻く環境を批判している。


彼によると、ゲッツェを取り巻く反応は“公平ではない”とのことだ。2014年のワールドカップで決勝点を挙げてから、メディアの報道は過熱しているが、シャヒンによると、ゲッツェのパフォーマンスは“非常に良いか非常に悪いかでしか語られない。”とのことだ。“白か黒だ。”とシャヒンはユーロスポーツで語っている。

スポンサーリンク



“もちろん、ゲッツェが見出しを飾れば良く売れることは分かっている。だけど、いつまでもゲッツェについて語るのはやめるべきだ。これは彼には良くないよ。彼をそっとしておくべきだ。”とシャヒンは続けた。



最近ではそれに似た発言をチームメートのマルコ・ロイスもしている。


さらにシャヒンにしてみれば、ゲッツェに対する評価も間違っているとのことだ。“ゲッツェについて話をしているのはサッカーの専門家達だ。彼らは自分自身もキャリアで成功を収めている。彼らはこうした発言の影響力については十分承知しているはずだ。それなのに、ゲッツェを攻撃するのは理解できない。彼も他の選手と同様に評価されるべきだと思う。それが基本だね。”


現在ブレーメンでプレーするシャヒンは過去にゲッツェと共にプレーしている。何よりもゲッツェの第一印象は凄いものだったようだ。


“ゲッツェが来たのは16歳の時だった。まだ最初のトレーニングの時のことを覚えているよ。ユルゲン・クロップの隣にいたからね。僕たちは4対4のプレーをしたんだ。ゲッツェは一度も一対一に挑まなかったけれど、ボールを一度も失わず、彼のチームがいつも勝ったんだよ。“とシャヒンは語る。


“そしてユルゲンに言ったんだ。‘監督、これはなんだい?こんなの見たこともないよ。’ってね。”



シャヒンはこれまで4人の選手に衝撃を受けたようだが、“ゲッツェ、ロイス、ディ・マリア、マルセロの4人には最初に見たときから大きな衝撃を受けたよ。”と語る。



ゲッツェは現在厳しい状況にあるが、これまでに多くのタイトルを獲得している。


“もしゲッツェが批評家に対して彼の履歴書を提示したら、ほとんどの批評家は口を閉ざすしかなくなるだろうね。批評家には悪いがこれが事実だ。マリオはまだ26才だけれど彼がこれまでに達成してきたことは信じられないよ。”


ゲッツェは現在ルシアン・ファヴレの下で難しい状況下にあり、何度もベンチ外となっている。




以上です。

シャヒンがゲッツェを擁護し、さらに批評家を批判したことが大きな話題となっています。

ただこうした発言をすればするほど、結局ニュースになって騒ぎが大きくなってしまうので、シャヒンがやった事は、そっとしておいてほしし、という点で言えば結果としては逆効果でしたね。

そっとしておくのが良いと判断するのであれば、ゲッツェに関してしゃべらないほうが良いと思いますが・・・。

[ 2018/10/05 19:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(10)
まあ聞かれたから答えただけなんじゃないですかね。
こう言うしかないですよ。
その内容も結局、過去の話ばかりなのが悲しいですが…
[ 2018/10/05 19:21 ] [ 編集 ]
シャヒンはゲッツェ派ですから擁護しちゃうのは然もありなん
選手引退後はBVBに戻れるんですしね
内部がドラスティックにリストラ出来るか、自浄作用が働かないかの瀬戸際ですけどねー
[ 2018/10/05 19:44 ] [ 編集 ]
シャヒンはドル幹部の座が用意されてますから、幹部向けの発言もあるでしょうね
幹部がゲッツェ買戻しを推奨したんでしょうから
[ 2018/10/05 20:12 ] [ 編集 ]
シャヒンがゲッツェを庇いたい気持ちは分かりますが、
批評家にゲッツェの履歴を見せたら〜というのは余計な発言にも思えますね。
ゲッツェはまさにその履歴を背景に騒がれてるわけで、ほかの選手と同様に扱えというなら
過去の履歴が優れていることを縦に批評家に黙れというのも変な話しです。
そもそも、批評家たちもゲッツェの実績を高く評価しているからこそ現状を騒ぎ立てているわけですしね。
[ 2018/10/05 21:19 ] [ 編集 ]
ゲッツェに対する評価が“非常に良いか非常に悪いか”しかない。
ゲッツェにはむしろそれがプラスに働いてる様な気がするけど、、、何故なら非常に悪かった時以外は、かなり微妙な出来でもピッチのベストプレイヤーと称されて、採点も異様に高くつけて貰えますから。“非常に悪い”と言われてしまう時は、どこからどう見ても非常に悪かっただけなので、それは仕方ないです。
[ 2018/10/06 02:35 ] [ 編集 ]
騒ぎ過ぎだよね
[ 2018/10/06 04:53 ] [ 編集 ]
ゲッツェの10代の頃の輝きはそれほど凄かったんだと思いますけどね。
[ 2018/10/06 08:03 ] [ 編集 ]
履歴も中身はそれほど……
[ 2018/10/06 12:07 ] [ 編集 ]
とはいえ昨シーズンはブンデスリーガの大半の選手からワーストの烙印押されちゃってるからな、過去の選手より現役の目から見てってことだし、ちゃんと誰かが駄目なもんは駄目って教えてやらないと復活なんて夢のまた夢だと思う
[ 2018/10/06 12:21 ] [ 編集 ]
10/06 08:03
その輝きとやらに過剰に期待して重起用した結果チーム勝率落としてCL圏ギリギリになってりゃ世話ないけどね
[ 2018/10/06 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。