ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ!18歳でイングランド代表に!2000年生まれでは初!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

sancho4.jpg


ドルトムント!サンチョ!18歳でイングランド代表に!2000年生まれでは初!



今シーズン、サンチョがファンを沸かせなかった試合はほとんどない。サンチョはブンデスリーガ6試合で途中交代で出場し、5アシストも記録しているのだ。サンチョがわずか5試合で達成したこの記録は、ブンデスリーガシーズンを通しても誰も成し遂げたことがない記録だ。

スポンサーリンク



木曜日にはジェイドン・サンチョがギャレス・サウスゲート監督によってイングランド代表にノミネートされた。これによってサンチョは2000年生まれの選手としてで初めての代表選手となったのだ。サンチョは2000年の3月25日生まれだ。


イングランドの監督サウスゲート監督はジェイドン・サンチョを絶賛する。“ジェイドンはイングランドの選手としてめずらしいストーリーを歩んできた。彼は若いにも関わらず、外国でチャンスを探すほど勇敢だった。”とサウスゲートは語ったが、さらに、“彼はこの年齢にも関わらず、すでにチャンピオンズリーグ2試合でスタメン出場をしている。さらにブンデスリーガでは途中から出場し、素晴らしいパフォーマンスを発揮している。ボルシア・ドルトムントのような大きなクラブでプレーするにはメンタルが強くなければならない。”と続けた。


ジェイドン・サンチョは2017年の8月に800万ユーロでマンチェスター・シティーのU19から移籍してきた。彼は今週ドルトムントでの契約を2022年までとしている。




以上です。

サンチョ、イングランド代表に選ばれましたね。この他、アルカセルもここ最近の活躍でスペイン代表に復帰しました。ドルトムントも少し明るいニュースが増えてきましたね。

[ 2018/10/05 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
まだ18歳とは恐ろしい…
相手の裏を突く動きなど、見ていて本当に楽しいです。
[ 2018/10/05 21:16 ] [ 編集 ]
イングランドはアンダー世代が強いからカタールがその次かわからんけどワールドカップとるかもな。主役は、ケガしなければこの選手でしょう。
[ 2018/10/05 21:32 ] [ 編集 ]
すぐにイングランドのクラブに買戻しされるでしょうが、イングランドの選手が国外でやろうとしてるのは本当に素晴らしいですよね

家族や友人がたくさんいる国内にとどまって大金稼いでる選手ばかりなのに、向上心が凄い
[ 2018/10/05 22:06 ] [ 編集 ]
これだけ有望な選手がよくペップの元を離れてドルに来てくれたもんだと移籍当初思ったものです
ボールの持ち方が良いんですよね、後は同じくらいスケールを感じたザガドゥが成長してくれたらドルは安泰です
[ 2018/10/06 07:08 ] [ 編集 ]
サンチョは期待出来ますね。このまま謙虚に伸びて欲しいです。
[ 2018/10/06 08:05 ] [ 編集 ]
延長してもねぇ。いつまでドルトにいるのかな〜って思う。イングランドから出て頑張るって気概のある若者ですしこのままいけば次はメガクラブだもん。どこに移籍しても追っかけたい選手ですね。
[ 2018/10/06 19:59 ] [ 編集 ]
サンチョ、ハキミ、ザガドウ、それからゴメス、ラーセン。彼らは凄いポテンシャルがあるとおもいます。こうやってみると、みなドイツ人ではありませんね。ラーセンはユース育ちだけど。ドルトムントの育成は、ここしばらく上手くいっていない証なのでは、
[ 2018/10/06 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。