ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「フランクフルトの長谷部は国際舞台でワールドクラスの活躍」ドイツ紙特集!《ドイツの反応》

【フランクフルター・ルントシャウ】

hasebe.jpg


長谷部誠

落ち着きの中心


長谷部誠は何をすればよいかわかっている。そして国際舞台でワールドクラスのパフォーマンスを披露した!



長谷部誠は素晴らしいパフォーマンスを見せた後でもいつものように礼儀正しく、日本のテレビ局の取材に対応していた。落ち着き、親切で、まじめ。彼自身のように対応したのだ。彼は5部チームとのテストマッチの後でも同様の対応をしたに違いない。長谷部はイタリアのトップクラブであるラツィオ・ローマを相手に“ワールドクラス”のパフォーマンスを披露したばかりだった。このヒュッター監督の言葉は決して言い過ぎではない。


スポンサーリンク


長谷部の落ち着き


この34歳はこの特別な夜において、素晴らしい選手だった。彼は一対一のすべてに勝利したわけではなかったが、落ち着きとその手堅さで輝きを放ったのだ。国際舞台に慣れているケヴィン・トラップも試合後に長谷部を絶賛している。“素晴らしいね。キーパーとしては何をするべきかわかっている選手が前にいることは本当に良いことだよ。”と語っているが、これほど的を射た発言はないだろう。


彼がこの夜にやった事は正しいことだった。彼はプレーを予想しボールを捌き、穴を埋め、そして指揮を執ったのだ。非常に存在感があった。なにより、彼はチームの落ち着きの中心だったのだ。ヒュッター監督は、“彼がチームに安定感を与えた。”と語っているが、長谷部がボールを持った時には、みんなが安心したものだ。これでひどいことは何も起こらないだろう、と。長谷部ほど試合が読める選手はアイントラハトにはいない。彼はどのように機能するかがわかっているのだ。彼はまさに戦略家だ。


試合後はチームメートからの賛辞の言葉が寄せられる。キャプテンのマルコ・ルスは、“ハノーファー戦の後ではレビッチを取り上げたけれど、今日は長谷部誠の名前を上げたいね。”と語った。さらにヒュッター監督も、“戦術的には非常に規律正しく、すべてがうまくいった。我々にとってはまるで城壁だね。”と語った。彼はワールドカップに4度出場するなど、国際的な経験が豊かな選手だが、それがヨーロッパリーグの舞台でもチームにとって利益となっている。


今回のラツィオ戦は疑いなく長谷部がフランクフルトに来てから最高のプレーだった。そしてこれまでアイントラハトで131試合プレーしていることが多くを意味している。この日本人は2014年にフランクフルトに加入すると、これまで非常に力強いパフォーマンスを見せている。それは5バックであろうと6番であろうと同じだ。この日のヨーロッパリーグでのパフォーマンスは決して偶然ではない。




以上です。

以前から長谷部選手に対する地元メディアの評価は高かったですが、このようにポジティブな記事は珍しいですね。最近は日本人選手の良いニュースが少なくなっていましたので、非常に嬉しいニュースですね。


それにしても34歳にして、これまでで最高のプレーと書かれるのは本当に素晴らしいですね。フランクフルトもマルセイユとラツィオを相手に2連勝と調子を上げています。


ちなみにブンデスリーガはライプツィヒもレヴァークーゼンも勝利し、チャンピオンズリーグと合わせて、2試合を終えた段階でFIFAの5年ランキングのポイントではトップに立っているようですね。

これまでのクラブはELは早々とあきらめてリーガに専念していましたが、今回出場しているチームは野心があるので、面白くなりそうです。

[ 2018/10/06 17:33 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(7)
近年ライプツィヒやホッフェンハイムが話題になる中でフランクフルトも面白い存在だったので
もっともっとフランクフルトが人気チームになってクラブ規模大きくなったら嬉しいんですけどね
ついでにユニフォームも格好いいし…
[ 2018/10/06 19:23 ] [ 編集 ]
長谷部が地元紙に誉めちぎられる記事の時って毎回『フランクフルトに来てから最高のプレーだった』と書かれている記憶がある(笑)
毎回そのプレーレベルを更新していく長谷部凄いわ
[ 2018/10/06 19:34 ] [ 編集 ]
いやあ、うれしいですね、我がキャプテンですからね
[ 2018/10/06 20:54 ] [ 編集 ]
まぁ、整え名人だからな。長谷部の本領発揮だな。
[ 2018/10/07 07:25 ] [ 編集 ]
今までどんないいプレーをしても安定の4評価しか貰えてなかったのに
やっと真価を評価されてきたのは嬉しい限り
[ 2018/10/07 10:48 ] [ 編集 ]
早く監督の修行を始めて欲しい
[ 2018/10/07 11:51 ] [ 編集 ]
あの長谷部もワールドカップ後はメンタルがイマイチ整わなかったけど、干されかけてスイッチ入ったみたいに言ってたもんね。彼は長年の代表キャプテンも代表も引退したから余計に燃え尽きた感じだったのかもですがやっぱり大きい大会後はモチベーション上げるの難しいんですね。しかしきちんと整えてくるのは本当にさすがです。素晴らしい。怪我なくシーズン終われますように。
[ 2018/10/07 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。