ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー原口、浅野!チームに慣れるのに時間が必要?日本代表はこの時期はプラスにならないとの見方も!《ドイツの反応》

【Ichliebefussballnews】

haraguchi.jpg

ハノーファー原口、浅野!チームに慣れるのに時間が必要?日本代表はこの時期はプラスにならないとの見方も!

ドイツ、スポーツメディアの【Sportbuzzer】が10月7日付けの記事で、「移籍がうまくいったのは二人だけ」と題してハノーファーの新加入選手に言及する記事を掲載しているが、同紙はその中で今シーズン、ハノーファーに移籍した原口元気、そして浅野拓磨は、もう少し時間を必要すると分析している。




スポンサーリンク



【Spurtbuzzer】は移籍がうまくいった例としてフロレント・ムスリヤとウォレスの二人の選手の名前を上げているが、それ以外の新加入である、原口元気、ケヴィン・ヴィンマー、浅野拓磨、ボビー・ウッドらはチームに溶け込むのに時間がかかるとしている。


さらに同紙は日本代表の参加する原口と浅野の現状に関しては、「この前の2週間の代表ウィークはボビーと浅野にとっては決してプラスにならなかった。彼らは長い移動の後でチームに遅れて合流した。そのため今回も良くはならないと判断してよいだろう。」と分析した上で、「この二人とさらに原口は、何よりもチームに溶け込む時間が必要だ。」と述べている。



また同紙はブライテンライター監督が原口と面談を行った事にも言及し、「我々は長い話し合いを行ったよ。彼が現状についてどう思っているか、我々が彼をどう見ているかについてね。彼のクオリティーは素晴らしいし、それはワールドカップで証明済みだ。元気の状態は良いが、彼にいつどのような形でプレー時間を与えるか見ていかなければならない。」という監督の発言を引用している。


原口はフランクフルト戦ではベンチ外となっていたが、昨日行われたシュトゥットガルト戦では負傷した浅野に代わって13分から途中出場し、3:1の勝利に貢献している。


一方負傷交代した浅野だが太もも裏の肉離れ、もしくは内転筋に問題があるとみられている。詳細な診断結果については現時点ではまだ公表されていない。

[ 2018/10/07 21:00 ] 原口 | TB(-) | CM(1)
やはり代表との両立は厳しいものがあります。若い時はまだ回復も早いですが何年も経つと怪我も多くなるし、クラブでのポジション争いにも遅れを取る。香川が毎年序盤で遅れるのは代表絡みが多い気がします。海外組が増えた今は彼らのコンディションやクラブでの立ち位置も考える必要もあるのかなと。もちろん親善試合で連携を高めたり戦術理解を深めるのは大切なので難しい問題ですが。
[ 2018/10/08 09:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。