ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レイプ疑惑のクリスティアーノ・ロナルド!さらに別な女性が被害を訴える!《ドイツの反応》

【ビルト】

Ronaldo7.jpg

クリスティアーノ・ロナルド!

新たなレイプ疑惑!


クリスティアーノ・ロナルドの周囲が休まる事はない。今度は別な女性が彼にレイプされたと訴え出たのだ。


すでにイングランドのメディアが報じたところによると、匿名希望のこの女性はロンドンの弁護士、レスリー・ストヴァルと接触したようである。この弁護士はすでに、最初にレイプを訴えたキャトリン・マヨルガのためにも働いている。


スポンサーリンク



ストヴァル弁護士は“デイリー・メール”に対して、“私はとある女性から電話をもらったが、彼女も似たような経験をしたと主張している。”と語った。


ストヴァルはその女性の名前は明かさなかったが、その事案についてすでにラス・ヴェガスの警察に届け出を出したことを明かしている。ラス・ヴェガスの警察は先週の月曜日にキャトリン・マヨルガの件に関して操作に乗り出すことを発表していた。


マヨルカは2009年にラス・ヴェガスのホテルの一室でロナルドにレイプされたと主張している。ロナルドはこの主張を否定している。


しかしこの騒動はロナルドの周囲にすでに影響を与えている。

▶ユベントスの株価が下がっている。

▶2016年以来8億7000万ユーロで広告契約を結んでいるナイキは、“この件に関しては非常に憂慮している。”と発言している。

▶ロナルドを表紙としたビデオゲームFIFAを開発しているアメリカのEAスポーツは、“ただならぬ状況だ”と発言している。



以上です。

スポンサーは当然イメージを大事にしますので、このような噂が出ただけでも嫌がりますよね。しかし第2の女性が登場とのことですが、名前を明かしていないあたりが少し怪しくもありますね。最初の女性と同じ弁護士とうい事なので、弁護士の作戦なのでは?とも思えますが・・・。まあ真相に関しては続報を待ちましょう。

[ 2018/10/08 16:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(21)
もしかしてロナウドは無類の女好きだったりして
妻を持たない理由がそこにあるのかと思ってしまいますね
[ 2018/10/08 16:37 ] [ 編集 ]
レアルから移籍した途端出てきますね
ペレスが見せしめでもやってるのか?
[ 2018/10/08 18:20 ] [ 編集 ]
これはアメリカ最高判事カバノーの件と似てますね、また続々と女性が出てくるんじゃないでしょうか。
とにかくロナウドの今の地位を失墜させたくて仕方ない奴がいるようですね。
アメリカのカバノー事件は被害者ビジネスのような印象を持ちました。後々アメリカ国内女性にとって非常に立場を悪くするものと思います。
[ 2018/10/08 18:57 ] [ 編集 ]
 レアルマドリードを去った途端にこれですから、色々と勘ぐりたくなります。彼にできるのは、お金で解決するか優秀な弁護士を雇って泥沼勝負をするかです。

 被害者の女性がどうして彼に近づいて、彼とホテルの部屋に入ったのかなっていう単純な疑問が私の頭の中にあります。
[ 2018/10/08 19:21 ] [ 編集 ]
弁護士が胡散臭すぎる
金目当ての被害者ビジネスっぽいなぁ
ただ真実はさておき、奔放すぎる女性関係の代償ともいえる
[ 2018/10/08 20:46 ] [ 編集 ]
ユーベに渡って以降、こういったクリロナをディスる記事多くないですか?
どっちの人も騒ぎを起こしてクリロナのイメージダウン兼あわよくば金ゲットとしか思えないんですけどね…(ペレス会長はクリロナ好きじゃなかったみたいだし、レアルが守ってたとも思わない)

ピッチ外でもナルシストではありますがそれ以外は紳士ですし、本当だという別の報道でも謝罪して和解して口止め料まで払った上でっていうことなら今更蒸し返す方がどうかしてます
[ 2018/10/08 21:38 ] [ 編集 ]
只の想像で女性側を疑った意見書いてる連中は自制してネットにコメント残すの止めてくれ。
怪しいと思うのは理解出来るが只の勘ぐりで女性側を貶めるようなコメントを残す人間性は信じられない。
あなた方の大切な人が同じ目にあってもそう言えますか?
[ 2018/10/08 23:24 ] [ 編集 ]
ロナウドは母親に売られた?(捨てられた)過去がありトラウマもあると思うので女が嫌いだと思います。
今居るお子さんは結婚しないのを前提で12億?の慰謝料払って引き取った子供らしいです。
[ 2018/10/09 01:41 ] [ 編集 ]
性的スキャンダルは相手を貶め攻撃する場合の常套手段ですしねー
関係持って後から話作って訴えるってのは性差別なんじゃないんですかね
[ 2018/10/09 07:29 ] [ 編集 ]
女性側を疑ってるのは単にクリロナがそんなことをしないと思ってるもしくは万が一していたとしても遺恨が残らないように真摯に対応したと信じているからですよ

大切な人がって言うけどそれは逆もしかりで応援しているファン達からすればクリロナも大切な人であり調子が上がってきたこのタイミングで横槍入れられたら勘繰るのは普通だと思いますけど
[ 2018/10/09 07:29 ] [ 編集 ]
現状では女性側を疑った意見が出ても仕方ないでしょ。何の証拠も示していない。
被害者ビジネスが溢れている事も事実です。
スペインやイタリアのレいプの定義は知りませんが自ら彼の部屋へ赴き、室内で力尽く無理矢理はちょっと想像が出来ない。
[ 2018/10/09 07:52 ] [ 編集 ]
ハリウッドのMeTooと同じ事だな
元々は自分の欲で近づいて関係持った癖に捨てられてから文句言いだして金をせびってるだけ
[ 2018/10/09 08:05 ] [ 編集 ]
>>只の想像で~
合意文書等の具体的な事実と過去の事例から物事を見るのは只の想像ではない

あなたが一番想像力逞しく、バイアスまみれの一方的な事を言ってるのわかってる?

自制すべきは自分と異なる見解を「コメント残すな」とか、何が見えるのか知らないが他者の人間性まで攻撃する排他的なあなた自身では?

極めつけは「大切な人が~」とかいう仮定
単に論点をそらしてるだけで、それこそ感情論以外のなにものでもない

何か言いたいなら、要点を整理してからお願いします

[ 2018/10/09 09:50 ] [ 編集 ]
自分の大切な人が性犯罪者の濡れ衣着させられたら、自称被害者の女どものことを考えつく限りの罵詈雑言で罵倒します。
[ 2018/10/09 13:38 ] [ 編集 ]
>あなた方の大切な人が同じ目にあってもそう言えますか?

あなた方の大切な人が性犯罪者の濡れ衣着させられてもそう言えますか?
[ 2018/10/09 13:44 ] [ 編集 ]
万が一上手くいけば大金手に入るからな
でも調子に乗り過ぎると名誉棄損で訴えられるんじゃないの
[ 2018/10/09 14:24 ] [ 編集 ]
被害者ビジネスが一番金になるからな
クラブでの女側の密着具合から見てもホテルに行っておきながら
セ○クスしたくないのに無理やりされたとか言われても詐欺としか思えん
男の部屋なりホテルに言ってあとから訴えるとか訴えた側を罰してほしい位だわ
[ 2018/10/09 15:05 ] [ 編集 ]
>>あなた方の大切な人が同じ目にあってもそう言えますか?

これは逆も然りで、計画された冤罪であった場合そう言えますか?
という返しが成立するよね。
[ 2018/10/09 16:04 ] [ 編集 ]
真ではないならいわば女性側から男性への精神的な暴行でしょ
いい加減、女性優位の性差別を辞めて欲しいですわー
[ 2018/10/09 18:38 ] [ 編集 ]
女性優位の性差別なんてこの世にないですよ。本当に性的暴行で苦しんでる女性がいるんですから被害者ビジネスで一括りにするようなコメントもどうかと思います。
男性側も冤罪にかけられないような振る舞いを普段から気をつける必要がありますよね。

ファンではありませんがロナウドが無理矢理性行為に持っていく事は想像できませんが自分の脇の甘さが災いしたんですかね。
[ 2018/10/10 14:47 ] [ 編集 ]
一般的な性的暴行事件とクリロナの件を一緒に語るからおかしくなる。
クリロナが、一般人を一方的に強姦した訳では無いでしょ。正直言って彼になら抱かれたいと自分からアピールする女性は掃いて捨てるほどいると思うよ。その中から選んで(彼は合意の上と思って)至ったんでしょ。
引っかかったのか、合意は思い違いだったのかは本人にしか解らないけど、女性が誤解を与えたのは間違い無いよね。意図してかは別としてもね。
[ 2018/10/10 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。