ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVB ユヴェントス戦 試合後の選手コメントとドルトムント選手採点まとめ!

まさかのメンバー変更でユベントス戦に臨んだドルトムントですが、ピルロの離脱という条件を利用できずに1対2で敗けてしまいました。


ドルトムント選手の採点と一部の寸評をまとめました。





【ルーア・ナッハリヒテン】

試合後のコメント


20150226031046888.jpg



ユルゲン・クロップ

我々の前半は本当に良かったし、対戦相手のフォーメーションに対して本当に多くの問題を引き起こしていた。1:0の後でもよく対処して相手チームのミスを引き起こしたんだ。2失点目に関してはもっと良く守らなければならないね。でも1:2は僕達にとっては最高の成績さ。全体的に見ればパフォーマンスに合った結果だったし、次の試合で我々にいくつものオプションを与えてくれる結果だ。


ヴァイデンフェラー

1:2という結果とはうまく付き合って行けるだろう。僕にとってはこの試合はとても均衡していたと思う。それぞれのチームにチャンスが合った。両チームのちからに大きな差がなかったことは結果が示している。


マルコ・ロイス

両ゴールとも真ん中からやられてしまった。僕らはもっと良く守る事ができるし、そうしなければならない事は分かっているよ。次の試合では全てが可能だよ。前半では僕らにもチャンスがあったことを見たと思う。僕たちはファイナルサードでもっとしっかりと目的にそった動きをしなければならない。そうすればなるようになるだろうね。それは心配していないよ。


フンメルス

2失点目はあと2歩深く守ってボールを止めなければならなかった。



採点と寸評

ヴァイデンフェラー 4

試合前にはワールドチャンピオン同士、ブッフォンとの握手が見られた。それ以外はこのBVBにとっては不快な夜となってしまった。最初の失点の場面では彼は不幸に見えた。なぜなら彼がきちんとクリア出来なかったボールをテヴェスが決める事になってしまったからだ。2失点目は為す術がなかった。その後は特に試されることはなかったが、きちんとしていた。


ピスチェク 3

このポーランド人は30分もしないうちにポグバに荒々しく削られてしまい、負傷交代しなければならなくなった。それまではユーヴェを相手に何度か良い突進を見せていた。


ソクラティス 5

このギリシア人はズボティッチが胃腸炎にかかってしまったためにスタメンで出場。しかし彼には良く作用しなかったようだ。彼は0:1の場面でも1:2の場面でも彼に責任がある。彼の休憩後の交代は、筋肉の問題によるものだったが、交代をより決定的にしただけだった。


フンメルス 4,5

ドルトムントのキャプテンはインフルエンザからスタメンに復帰した。これは良い兆候だった。なぜなら彼がスタメン出場したアウェーではまだ失点をしていないから。昨日までは。そして昨日の失点は彼の責任である。2回ともユーヴェのクロスが彼を通り越し、ゴールネットを揺らした。


シュメルツァー 2、5

この左サイドバックはうまくスペースを使っていた。中央を基礎としたユーヴェがサイドにスペースを与えてくれた。彼は素早く前へと切り替え、それでもリヒトシュタイナーにカウンターのチャンスを与える事がなかった。最初の失点と2失点目の場面で来るのが遅くなってしまったがそれは仕方がない。彼はディフェンスラインで最も良かった。


シャヒン 3

ディフェンスラインの前で一人でプレーすることは彼には難しかった。ユヴェントスのカウンターを止める事はほぼ不可能だった。それがいつも成功しなかったのはこのシステムでは当然のことだろう。ボールを持っている時は、このトルコ人は良く考えられ、パスも安定していて良い印象だった。


オバメヤン 

彼の今の状態がどれだけ自信に満ちたものであるかをトリノで見せることは出来なかった。ここでも踵、あそこでも踵。しかしサイドは彼の持ち場ではないかのようだった。彼はトップの選手だ。トリノでは決定的な攻撃は見られなかった。


ギュンドガン 3.5

リーガとは違い、この戦略家は6番の位置ではなくて2列目の中央でプレーした。前への攻撃ではこの変更は良い効果を見せたが、守備においては時々遅すぎた。特に1:2の場面にテヴェスに振り切られてしまった場面では。


ミキタリアン 4

あぁ、ミキ・・・。トリノを相手にしても最近の試合と同様ボールが収まらなかった。そのようにして彼は試合で安定感を得ることが出来なかった。彼は努力し、よく走り、自分を差し出したが、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケが願っていたような爆発は見られなかった。


マルコ・ロイス 3

ユヴェントスのスター、ビダルが試合前に、マルコ・ロイスは出来ることなら自分のチームに欲しいと語っていた。それがなぜなのか、彼は一つ一つの行動で示してみせた。彼のテンポはユヴェントスにとっては明らかに早すぎ、同点の場面でのキエッリーニの大失敗から素早く切り替え、ブッフォンの前で冷静にゴールを決めて見せただけでなかった。後半の彼は目立たなくなってしまった。


インモビレ 3,5

本来のユルゲン・クロップはノスタルジック・フォーメーションを好むわけではないのだが今回は例外となった。このイタリア人は彼の元クラブに対して出場することを許された。期待されたとおりとても激しく、頑張っていた。しかしゴールチャンスが一度もなかった。


ギンター 3,5

この夏の移籍でやってきた選手は突然出場することになった。なぜならピスチェクが負傷で交代しなければならなくなったからだ。それによってウォーミングアップが不十分なうちからセンターバックでプレーすることになった。まだそれ程プレーしていない内に、ギュンドガンがツヴァイカンプフで敗れた事を補おうとして前に出たが、それによってディフェンスラインが大きく乱れてしまった。


キルヒ 3

本来なら中盤の選手であるキルヒは右サイドバックでプレーすることなど考えてもいなかった。しかしソクラティスが全く役に立たなかったため彼はサイドバックで出場することになった。彼は十分な役割を果たした。


スポンサーリンク



2015022603104872a.jpg


【レヴィーア・スポーツ】

ヴァイデンフェラー 4-

ピスチェク 4

ソクラティス 6

フンメルス 4

シュメルツァー 5

ギュンドガン 5

この試合でBVBには本当に潰しやが必要であることが明らかになった。彼はこの穴を埋めることが出来なかった。


シャヒン 3

二人の6番のうち明らかに良かった方。


オバメヤン 3-

ミキタリアン 4

ロイス 2

インモビレ 5

彼の故郷で力を発揮するチャンスを得たが、それをものにすることは出来なかった。攻撃ではよそ者のようだった。二つのまったく危険性のないシュート以外はまったくもってよくなかった。インモビレは明らかにインターナショナルレベルではない。


ギンター 4

キルヒ 3-






【西ドイツアルゲマイネ新聞】

ヴァイデンフェラー 4.5

ピスチェク 4

フンメルス 4

ソクラティス 4

シュメルツァー 4

シャヒン 4

ロイス 3

ギュンドガン 3

オバメヤン 3

ミキタリアン 5

インモビレ 4,5

ギンター 5

キルヒ 4






【ビルト】

ヴェイデンフェラー 4

ピスチェク 3

ソクラティス 

フンメルス 3

シュメルツァー 4

ギュンドガン 

シャヒン 3

ミキタリアン 4

オバメヤン 4

ロイス 2

インモビレ 4



ビルトが、ミキタリアンとインモビレはチャンスをものにしたか?というアンケートを行いましたが以下の様な結果になりました。

インモビレ

はい 27%
いいえ 73%



ミキタリアン

はい 16%
いいえ 84%






以上です。


ドルトムントファンにとっては残念な結果になってしまいましたね。ピルロが交代になった後に攻めきれなかったのが残念です。また負傷交代で交代枠を2つ使ってしまった事が痛かったですね。ヴィダルのシャヒンに対するファールなどはイエローを出すべきだったと思います。それにしても足を挟み込むようなスライディングが何度か見られましたが、危険ですね。ドイツ人の同僚は、こうしたイタリアのサッカーにとても腹を立てておりました。

香川選手の出場はありませんでしたが、ダービーではぜひ出場して活躍して欲しいですね。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_5710.jpg

ハンブルクで見つけたドーナッツ屋さん。
お友達が色々な種類を買ってくれました。どれも凄く美味しく、ドーナッツ好きの管理人は大喜びしました。ドイツにも美味しいドーナッツがあることが分かって一安心です。




[ 2015/02/26 07:17 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(14)
No title
香川のウイルス性胃腸炎の件でドイツではどう報道されてるのか記事ありましたらよろしくお願いします。
しかしダービーを前に香川が出場危ぶまれるとか今季のドルトムントはこんなのばっかですな・・・
[ 2015/02/26 08:44 ] [ 編集 ]
好調のメンバーで臨みたかったけど過密日程とリーグ戦優先で香川を使わなかったのは理解できる。体調も万全ではなかったようだし。
ただロイスやオバメはやりにくかっただろうね。香川がいればと思ってたはず。

でも次のダービー戦のほうが重要。香川も回復して欲しいですね。
[ 2015/02/26 09:44 ] [ 編集 ]
No title
ピシュチェクは6週間離脱です
ポグバ、ビダルは本当に腹立たしいです
[ 2015/02/26 10:04 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントはリーグ戦に全力注ぐつもりなのかな

あ、ドーナツええな
沢山種類があるように見える

[ 2015/02/26 11:01 ] [ 編集 ]
ビダルは一発レッドでもいいと思った
ちょっと納得いかない
[ 2015/02/26 11:44 ] [ 編集 ]
香川は次戦のシャルケ、セカンドレグには出てほしいかなー。

ドーナツ?管理人さんは女性やったんか!(単純)
[ 2015/02/26 13:37 ] [ 編集 ]
UPありがとうございます。
試合は見れませんでしたが、ピルロの交代がむしろユーヴェにとってよかったと日本の記事あったのですが、そうでもないようですね。
クロップはどういう意図であのメンバーとポジションにしたのかはわかりかねます(_ _;)
[ 2015/02/26 14:14 ] [ 編集 ]
ムヒとインモーはもう見たくない
[ 2015/02/26 14:33 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん翻訳感謝です!
確かにユベントス側から酷いファウルが目立つ試合になってしまいましたね……
前半にDFに2枚交代枠を使わないといけなくなったせいで、後半の攻めへほとんど投資出来ないのも痛かったですね。


話は変わって美味しいドーナツ屋さんを見つけられて良かったですねw
日本ではコンビニでもドーナツが売られだしたりしてるので(専門店と比べるとまだ改善余地アリですが)、結構簡単にドーナツにはありつける仕様になってきてますよ!
[ 2015/02/26 15:45 ] [ 編集 ]
No title
早速ありがとうございます!

守備的だったので香川選手は出なかった…という見方をしている日本の記事を見ましたが(webスポルティーバ)、後半のユーべのあの堅い守備を打ち破るのにぜひとも出てほしかったですね。
前節までのリーグ戦メンバーで打ち合いしてほしかったと思いました。
クロップも「「ユベントスの質をリスペクトしすぎ、守備的になりすぎた」と発言していたようですが…。

それにしても香川選手を初めとした胃腸炎の蔓延、ピスチェク選手ケガで6週間の離脱、と痛いニュースが入ってきていますね…。
[ 2015/02/26 17:51 ] [ 編集 ]
No title
ピシュチェクの6週間離脱は痛すぎますね。私もポグバとヴィダルの喧嘩腰は辟易しました。ロイスもインモービレもあやうく壊されそうだった。主審もしっかりカードを出すべきプレーにはカードを出して選手の安全を守るべきでしたね。

とにかくシャルケ、HSV、ボルシアMG、バイエルンと難しいリーグ戦に全くピシュチェク抜きでやらなければいけなくなったのは厳しい。
特にシャルケ戦はDFラインがズボティッチ体調不良、グロスクロイツとソクラティスが怪我、と本当にまずいですね。残念だけどカンプルや香川の状態とあわせて非常に堅い良いチームになったシャルケ相手に勝てるチャンスは非常に低くなってしまいました。
[ 2015/02/26 19:41 ] [ 編集 ]
No title
ピスチェクにかましたのはポグバやで。何故かビダルが写されてたが。
あれでカードすら無しだしさすがユーベって感じ。

香川がいればっていうシーンが後半は多かったですね
[ 2015/02/26 20:08 ] [ 編集 ]
いつも丁寧な翻訳ありがとうございます。
ドルトムントの試合のあとは、このサイトに来るのが楽しみな今日この頃です。
香川選手の胃腸炎が心配。去年もなってませんでした?

ドイツに行きたいと考えてるので、今日のドイツコーナーも楽しみにしてます
[ 2015/02/26 21:01 ] [ 編集 ]
No title
オバメとロイスの半分もプレッシングに走らないインモービレを見て、ドルトムントでの適性がゼロだと確認できた、重要な試合で二度とスタメンして欲しくない
[ 2015/02/26 22:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。