ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、パコ・アルカセルと合意!!ドルトムント残留へ!2023年まで契約!!《ドイツの反応》

【ビルト】
alca6.jpg


ドルトムント、パコ・アルカセルと合意!



ドルトムントはパコ・アルカセルを獲得する!


BVBのストライカーパコ・アルカセルは2023年までドルトムントに残る事になった。ビルトの情報によると、すでに選手とクラブは合意しているとのことだ。このストライカーはこれまでバルセロナからのローン移籍となっている。

スポンサーリンク


アルカセルはこれまでの4試合で7ゴールを挙げる活躍を見せているが、クラブ幹部は2300万ユーロの買取オプションを行使するつもりだ。

まだこの交渉は公のものではないが、アルカセルはすでに合意したとのことである。すでにキッカーも報じている。
ビルトの情報によるとドルトムントは、アルカセルの現在の年俸400万ユーロの2倍の800万ユーロを支払うようである。これでアルカセルはロイス(1100万ユーロ)、ゲッツェ(1000万ユーロ)、ヴィッツェル(800万ユーロ)に次ぐ年俸をもらう事になった。

アルカセルはこれまで13.5分に一度のペースでゴールを挙げている。

まさにレヴァンドフスキーとオバメヤンの後でドルトムントに欠けていた選手だ。




以上です。

ドルトムントは打つ手が速いですね。スペイン代表に復活したことでこれから市場価格も上がるでしょうし、2300万ユーロで買い取る事ができるのは非常にお得感がありますね。

これからのゴールにも期待しましょう。


[ 2018/10/12 06:01 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
タイプでいうと点取れるシルバだから、記事が事実ならかなりお買い得。
今のように爆発的に点を取り続けることはそのうちバレるからできないだろうけど、周りを生かすこともできるから90分やれるようになったら15ゴール15アシストは期待できる。これで、香川、ゲッツェ、ロイスとバイタルの職人が4人になった。めでたしめでたし。
[ 2018/10/12 07:02 ] [ 編集 ]
パコもいいけどサンチョを留めておくべきだわ
[ 2018/10/12 10:40 ] [ 編集 ]
これで人員整理もできればようやくトップと争いをできる環境ができますね
高給取りで試合に出れない程度の選手たちを本当にどうにかしてほしいですね
[ 2018/10/12 10:42 ] [ 編集 ]
やったねまた移籍金二年後にゲットだねって言うことですなあ・・・
[ 2018/10/12 10:51 ] [ 編集 ]
昨夜のスペイン代表でも2ゴール。
素晴らしい。
ホンモノの選手が来てくれた。
[ 2018/10/12 12:20 ] [ 編集 ]
>高給取りで試合に出れない程度の選手たちを本当にどうにかしてほしいですね

今はローデだけかな。パフォーマンスが悪いけど試合に出てる高給取りの選手もいるけれど。
[ 2018/10/12 16:44 ] [ 編集 ]
フィリップのCFは正直向いてないと思うからサイドに戻してあげた方がいいと個人的には思う。このままではパコの控え確実だからね。と言ってもCFの頭数がそもそも足りないから冬に補強するのが1番良いかな。サイドはサンチョ、ラーセンの確変がいつまで続くか分からないし、実質トップレベルで1年間戦うのは初めての2選手だからレギュラーの実力があっても怪我や疲労蓄積によるパフォーマンス低下が心配。ヴォルフはこれまで見ていて正直ドルトムントじゃ厳しいと思うからフィリップにはサイドで頑張って欲しい。一応去年9得点してるからポジション変えれば点取り出すと思う。
[ 2018/10/12 17:37 ] [ 編集 ]
まだ数試合だけだけどここまで爆発するとは思ってなかった
ミスリンタートの跡を継いだスカウトも優秀ですね
[ 2018/10/12 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。