ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、アカンジ!将来的にはマンチェスター・ユナイテッド移籍を希望!《ドイツの反応》

【Goal】
akanji4.jpg



BVBスター、マニュエル・アカンジは将来的にマンチェスター・ユナイテッド移籍を希望!

“子供のころから一番大好きなクラブ”

アカンジは1月にドルトムントに移籍したが、彼はルシアン・ファヴレ監督のも全試合フル出場している。彼は将来的にはイングランドのプレミアリーグで夢を叶えたいようだ。

センターバックのマニュエル・アカンジは将来的にプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたいと語った。

スポンサーリンク



“子供の時から最も好きなクラブがマンチェスター・ユナイテッドだ。そこで一度はプレーしたいね。”と彼は新チューリヒ新聞のインタビューで語っている。


しかしマンチェスター・ユナイテッドでプレーする事が夢ではあるが、現時点では移籍は考えていないようだ。

“ドルトムントでは非常に満足している。フィールド内外で最高の振る舞いができるようにしたいね。”とアカンジは語った。

アカンジは、今のキャリアには驚いているかという質問に対して、“いいえ。僕は自分に何が出来るかわかっているし、自信もある。すぐに物事が前にすすむと信じている。”と語っている。

このセンターバックはこれまでファヴレ監督の下で全試合フル出場しているが、“ファヴレは僕に自由を与え、下から組み立てられるように信頼してくれている。”と監督について熱く語った。

マニュエル・アカンジは今年1月にバーゼルから2150万ユーロでドルトムントに移籍しており、契約は2022年までとなっている。



以上です。

まあ現時点では移籍は考えていないようですが、最近は選手が簡単に移籍を連想させるような事を口にするようになりましたね。

以前はクラブに対する忠誠が重要視されましたが、最近は出入りも激しくなりましたし、もうそういう感じでもないんでしょうか・・。

まあドルトムントも選手を売ってがっぽり儲けていますから、選手に一方的に忠誠心をもとめることはできませんね。









[ 2018/10/12 21:05 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(2)
ただの育成クラブに成り下がったよなぁ
本当魅力が激減した
[ 2018/10/13 00:48 ] [ 編集 ]
育成クラブは前からかもしれないけど、こんなかんじであっさり若手に移籍希望出されると何だかがっかりしますね。
ステップアップのための踏み台になってしまっているのが萎えますね。余計にクロップがいたからこそ熱いチームだったのかな
自分いとっては悲しい位に違うチームになってしまいました。
[ 2018/10/16 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。