ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

パコ・アルカセルのドルトムント移籍でバルサに批判が!!《ドイツの反応》

【ビルト】
alca11.jpg


バルセロナに批判!


アルカセルは歴史的な誤解になるかもしれない!


スペイン人もこんなに幸せそうなアルカセルを見たことはないかもしれない。


アルカセルは2年間FCバルセロナでプレーし、この夏200万ユーロでBVBに移籍している。このストライカーにとっては素晴らしい移籍だ。

スポンサーリンク



なぜなら、アルカセルはバルセロナで50試合プレーし15ゴールを挙げていた。しかしBVBでは4試合で7ゴールを上げているからだ。さらにスペイン代表のウェールズ戦でも2ゴールを挙げている。


スペインのマルカ紙は“アルカセルはバルセロナ史上最大の誤解となるかもしれない。よりによってルイス・スアレスを回復するために休まなければならなくなったこのシーズンにドルトムントにローンで出してしまうとは・・・。”


アルカセルがいなくなったバルサはここ4試合未勝利となっている。FCセビリアに次いで2位だ。


ムンド・デポルティーヴォ紙は、“彼はドイツでようやく安らぎを得た。バルセロナの幹部は彼を信じていなかった。”と報じている。


さらにスペイン代表のルイス・エンリケ監督は、“アルカセルは素晴らしいね。選手が稀に達することができる状態に達しているよ。彼が今見せていることは、まるで奇跡だね。”と語った。


バルサにとってさらに悪いことは、BVBが2300万ユーロでアルカセルを獲得できることだ。クラブと選手はすでに合意間近とみられている。




以上です。

まだ少し早い気もしますが、今後もこの活躍が続けば、バルサ史上最大の誤解となる可能性はありますね。
まあでも現実的にスアレスより優先的に起用するとも思えませんから、やはり移籍は正解でしたね。


[ 2018/10/13 13:11 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
確かにまだ評価は早すぎですね。ヤルモレンコも前半戦は絶賛、後半戦は沈黙…でしたし。数年後もドルに留まっていて、コンスタントにゴールをしてくれていると嬉しいですが。そういう意味では、オバメはなかなか対策できないスピードスターだったなぁと今更ながらに思います。
[ 2018/10/13 13:47 ] [ 編集 ]
バルサに居たままだったら開花できたかどうか怪しいしその物言いはおかしいよね。あと今は上手くいってるけどシーズン通してみないとアルカセルの成否の判断は早すぎるよ
[ 2018/10/13 13:56 ] [ 編集 ]
メッシ、スアレス、ネイマール。

絶対的な実力者の前には競争すらさせてもらえない。
これは仕方のないこと。
それがバルセロナという特別に偉大なクラブ。
[ 2018/10/13 13:58 ] [ 編集 ]
 バルサの攻撃陣は世界トップレベルが要求されるので、仕方ないでしょう。バルサの誤解というならイブラ以上はないんじゃないかな?
[ 2018/10/13 15:12 ] [ 編集 ]
名前忘れたけどバルサに出て行った子とトレードしたと思えばまったくのお買い得。150億で売ってあれ以上のものを25億で買えた。今後のこと考えてみてもパコの方が値段上がる可能性あるでしょ。
これだけ商売上手なんだからサッカーも上手にやってもらいたいですよ。
[ 2018/10/13 17:43 ] [ 編集 ]
前線はスアレス、メッシ、デンベレ、コウチーニョとほぼ決まってますから、まずスタメンは無いでしょうし、スアレスとメッシの信頼関係(友人としても)からも居場所無さそう。
[ 2018/10/13 18:47 ] [ 編集 ]
実力はあったけどプレースタイルがバルサ向きじゃなかった。ビダルもバルサ向きじゃない。自分に合ったクラブじゃないと活躍できないね。アルカセルはいいクラブに入ったよ。
[ 2018/10/14 01:13 ] [ 編集 ]
どこの選手でも、水の合うクラブでのびのびプレーしてる姿はいいものですね。
バチュアイに買取りがついてなくてもったいないと思いましたが、今の市場でこの値段でアルカセルを取れたのは大きいと思います
[ 2018/10/14 13:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。