ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》リベリーはドイツ人になるつもり!!最新インタビュー+ファンの反応

リベリーの最新インタビューがビルト紙に掲載されました。中々面白い内容だったので紹介したいと思います。


20150227045129d28.jpg


ビルト:リベリーさん、アリエン・ロッベンにキスするのはどんな感じですか?パダーボーン戦ではずいぶんイチャイチャしてましたが。


リベリー:なかなか良いもんだよ。もちろんうちのカミさんみたいにはいかないけどね。


2012年にでのレアル・マドリッド戦では休憩中に互いに殴りあったようですが。ライバル関係から愛に発展したんですか?。


そうだね。まさにサッカー愛だね。僕たちは互いに気が付いたんだよ。リベリーとロッベンが大事なのではなくて、僕達二人が一緒になる事で初めてFCバイエルンで何かが達成できるという事にね。彼は僕がどのように機能するかを知っているし、僕も彼を理解しているんだ。もちろん僕も自分でゴールを決めたいけど、アリエンがゴールを決めれば嬉しいよ。もちろん他の選手でもね。僕はそういうタイプなんだ。全然嫉妬したりなんかしないよ。僕はチームメートと共に達成できればそれで幸せなんだ。


フランス・フットボールは最近あなたの年俸が1480万ユーロであると報道していましたが、あなたはそういうのを読んでどう感じますか?


いったいどうしてそんなのを知っているんだろうね?まったくくだらない。もちろん僕はとても沢山稼いでいるよ。それで人々は“リベリーは有名だから簡単に稼げるんだろう。”と思うのかもしれない。でもこれは残念だね。だってこれは全然簡単ではなかったんだから。僕は一番下から初めて、上に上るまで戦ったんだよ。そして最高のレベルに留まることも簡単ではなかった。プロサッカー選手として毎日全てを出さなければならないんだ。僕の家族だけがそれをきちんと分かってくれているよ。僕は僕の両親や兄弟、妻の両親、いとこ達を支えているよ。


あなたはあなたの給料の事が新聞に載っていることに腹を立てていますか?


僕はそんなのは読まないしフランスのニュースも見ないよ。


あなたはフランス代表からのインタビュー以来、フランスとは全くコンタクトがなくなってしまったんですか?


あれはかなりこたえたんだ。2014年のワールドカップ前に起こったことは本当にこたえたね。(リベリーは背中を負傷したが、バイエルンの主治医の元で治療する事を拒まれ、それによって大会に出場できなかった。)僕は2年間全てワールドカップの為に捧げたんだ。予選で最も多くのゴールとアシスト数を記録したんだ。フランスは僕のおかげでワールドカップに参加できたんだ。だけどそれももう過ぎたことだよ。

2015022704512772c.jpg

あなたは2007年以来バイエルンにいますね。あなたはドイツ国籍を申請するつもりですか?


なぜいけない?(それも良いね。)僕はキャリアを終えた後でもミュンヘンに居る事を想像できるよ。僕はドイツにはとてもいい印象を持っているからね。もし僕がそれをするとすれば、家族と将来のためだね。僕はとても良い家をかったし、ドイツ人のメンタリティーの中で生活している。僕はそれが好きなんだ。僕の子供達は学校でうまくやっているしドイツ人の友達もいるよ。長女のヒジヤはいつも僕のドイツ語を聞いて笑うんだ。そして僕も一緒になって笑うんだよ!!僕はドイツ語を学校で習ったわけじゃないからね。日常の中で学んだんだ。それから僕の息子のザイフはドイツで産まれたんだ。彼はそれどころかドイツ代表としてもプレーできるよ。


なかなか良いですね。


僕は彼とすでに庭でトレーニングしてるんだ。ドリブルやシュートをね。彼は素晴らしい左足を持っているんだ。アリエンのようにね。だから今ではアリエンの事が前にも増して好きなんだ(笑)!


バイエルンはハンブルク戦で8得点、パダーボーン戦で6得点を上げました。バイエルンは1973年に記録したシーズン101ゴールを上回るのは、リーガの他のチームが弱いからですか?


僕たちはそのようには考えていないよ。もし101ゴールに達するとしたら、それは素晴らしいね。だけどそれは最重要ではないよ。なぜならどの試合も見た目ほど簡単ではないからね。


それは冗談でしょう?


いいや本気だよ。最初はいつも難しいんだ。対戦相手は全力で向かってくるからね。僕達にとっては90分間を通して最適にプレーすることが重要なんだ。リズム、連携、テンポ、集中力。それに楽しみもね。そのようにプレーする事が僕達をより強くするんだ。


試合もトレーニングのよう?


ブンデスリーガの試合はトレーニングではないよ。だけどもちろん毎試合フィットネスや、試合感を得ることが出来るよね。だから僕たちはさらに上を目指して笛がなるまで戦うんだ。


今シーズンはいくつタイトルが取れそうですか?。


僕たちにはリーグで優勝する大きなチャンスがあるね。そしてポカールも。ドネツク戦での0:0はちょっと危険な結果だね。まったく良い結果ではないよ。だけど次は僕達のホームだ。そこでの僕たちはいつもいいからね。早く2ゴール決めなきゃね。

スポンサーリンク


20150227045126eec.jpg


ドイツ人の反応


・なんて親しみのある奴だ、リベリー。彼が長い間バイエルンに居ることを望むよ。


・彼はドイツ人になるべきだな。そして代表に!そうなれば彼はフランスでブーイングを浴びるだろうけど、それがいったいどうしたって?


・彼が過去にしたことを考えたら、フランスにいてくれた方がましだわ!



・↑僕は違う意見だよ。彼は今では家族を大切にしている。彼が過去に犯した過ちで攻めるべきではないね。


・すばらしい奴だ。良いキャラクターだよ。


・クールだ。彼は若い人々に、下から這い上がるってことを示してみせたネ。


・ようこそフランク!!


・でもイスラムが来るのはドイツでは今難しいよね・・?


・↑これはいったい・・・。


・素晴らしいインタビューだね。僕はリベリーが好きだよ。試合では悪役にもなるけどそれ以外では本当に良い奴みたいだ。


・ついにリベリーとロッベンがカミングアウト!次はノイアーとラームかな。


・↑妬いてるのかな?


・もちろんリベリーはドイツ人にはならないだろうよ。これはお世辞だよ。


・彼がドイツ人になって、PSGに移籍!!


・リベリーがブンデスリーガでのベストだ!


・彼はフランスにいたほうが良いよ。


・良いやつだ。


・フランク!ミュンヘンに残るんだ!


・リベリー!


・とても親しみやすいね。彼がドイツの社会に適応しているのも良いね。


・最高!






以上です。


マルコ・ロイスのインタビューがまだ途中でしたが、ちょっと読んで面白かったので先に取り上げました。

最近のバイエルンもドイツ代表もそうですが、みな個人よりもチームプレーを強調しますね。キャプテンであるラームの影響でしょうか?リベリーは怪我から復帰して最近ようやく調子も上がってきているようですし、ロッベンも絶好調でかなり手強い相手ですね。そのバイエルンをボコボコにするドルトムントが見れると嬉しいんですが。それにしてもグアルディオラに代わって一番利益を得たのはラフィニアですね。アロンゾとシュヴァインシュタイガーがいる所にラームが帰ってきたらどうなるんだろう・・。



【おまけ今日のドイツ】

2015022704550116e.jpg

只今、大工事中のシュトットガルト中央駅です。莫大な税金を費やすので未だに反対派が多いようです。一体いつ完成するのか?

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/02/27 07:32 ] バイエルン | TB(-) | CM(7)
No title
物価安いんだよな
じゃがいもとか5kg250円
ビールとかも小型の樽売り
どんだけ食うねんw
[ 2015/02/27 09:12 ] [ 編集 ]
大工事凄いですね。
日本での大工事は北海道の新幹線とかですかね。

今のバイエルンは強すぎなので、何年かかるか分かりませんがまた他のチームやドルトムントがタイトル取れたら面白くなりそうですね!
[ 2015/02/27 12:43 ] [ 編集 ]
リベリーのコメント、色々とユーモアがあってかなり好感持てるなぁ。
とても面白かったです。
顔が怖いので、微妙でしたが、ちょっと好きになりました。
[ 2015/02/27 21:43 ] [ 編集 ]
No title
ありがとう!
このインタビュー読みたかったんだ!
[ 2015/02/27 23:37 ] [ 編集 ]
No title
リベリーはフランクで優しい男のようで、宇佐美選手は彼から誠実なアドバイスを受けています。誰に対しても率直なのでしょうね。

ラームはそろそろ体を労わりながらプレーしなければならないお年頃になってきましたから、チームの層が厚いことは、ラームにとってポジティブなことだと私は思います。彼の本職は右SB・WBですから、DMFが埋まっていても問題としないでしょう。
[ 2015/02/27 23:53 ] [ 編集 ]
インタビューの翻訳ありがとございます!
リベリーはボール持つと怖い…というイメージぐらいしかなかったですが、インタビュー通して一面見れるとまた印象変わりますね。
ボコボコ、見てみたいですねぇ…
[ 2015/02/28 05:48 ] [ 編集 ]
No title
>リベリーはフランクで

ええ、もちろんそうでしょうとも…(・u・)
[ 2015/03/01 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。