ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表!オランダに0:3で敗れる!!リーガBに降格の危機!《ドイツの反応》

【ビルト】

jogi4.jpg


ドイツ代表!オランダに0:3で敗れる!!リーガBに降格の危機!


ドイツ代表がワールドカップグループリーグで敗退してから109日が過ぎ去った。しかしヨギ・レーヴは原因分析し、さらに大変革を宣言したにも関わらず、前進は見られない!


オランダ相手に0:3で敗れる!


フランスに0:0で敗れた後で、ネイションズリーグ初勝利が待たれていたが、またしてもそれはかなわなかった。それどころかこの大会ではリーガBに降格する危機にある。

スポンサーリンク



レーヴが起用する2014年ワールドカップの主要メンバーはいまだに成功のカギとなるだろうか?今回はスタメンとしてノイアー、フンメルス、ボアテン、ミュラー、クロースがプレーしている。

レーヴは試合前に、“それらの選手の軸は非常に重要だ。選手を信頼している。”と語っていた。


新しい事に挑戦する勇気、アイデア、そしてゴール前での冷静さに欠けている!


これからを担う、ザネー、ブラント、ズィーレのような選手は途中から出場したが、レーヴにとっては控え選手だ。唯一の驚きは、これまでシャルケでノーゴールのウートを先発起用したことだ。


ZDFの解説、オリバー・カーンは前半終了後に、“これまでの常連選手はみんな固まっていたね。パスミスは多く、非常に不安定だった。常連選手はチームをリードしなければならない。でも今は彼らにはそれが出来ないね。”と語っていた。



30分のオランダのコーナーキックの場面ではノイアーがラインから飛び出すものの、ボールに触れることができなかった。バベルがバー直撃のヘディングシュートを放つと、それをファン・ディークが決めて0:1だ。


ファン・ディークは今シーズン7800万ユーロでサウザンプトンからリヴァプールに移籍しているが、これはディフェンダーとしては最高額だ!


レーヴのチームに勢いが出てくるのには15分がかかった。一方ノイアーはすでに開始2分にシュートをセーブする羽目になっている。ドイツ代表ではヴェルナーとミュラーが良いチャンスを得るものの得点までは至らず。さらに後半にはザネーがゴール6メートルの距離から外している。80分にはオランダのヴィーナルドゥムが試合を決めるゴールを外したが、その後デパイがドラクスラーのミスからシュートを決めて0:2としていた。


さらにアディショナルタイムにはヴィーナルドゥムが決めて0:3としている。この点差でオランダがドイツに勝ったのは歴史上はじめての事だ。


どうやらオランダの方が大変革がうまくいっているようだ。ロッベン、スナイデル、ファン・ペルシー、そしてファン・デア・ファートのような選手は代表を引退している。ロナルド・ケーマン監督は徹底して若手を起用している。


ヨギもそうするだろうか?次の火曜日に再びフランスと対戦するが、スタメンはどうなるだろうか・・・・



以上です。

ドイツはこれでワールドカップ以降、公式戦は2試合勝ちなしとなっていますね。フランスに勝てなければいい加減、レーヴ解任論が出ると思います。


やはり今不調のバイエルン選手を相変わらず信頼し続けているようですが、ワールドカップもそれで敗れていますし・・・まずは現時点で勢いがあり状態の良い選手を起用してほしいところですが、長くやっているとそういう部分が難しくなりそうですね。



ちなみにネイションズリーグはAからDまで4つのリーガに分かれていますが。ドイツを含めた強豪国12か国がリーグAでプレーしています。まだ始まったばかりでどのような仕組みなのか完全に理解はできていませんが、それぞれのリーグの上位と下位で入れ替えがあるようですね。
[ 2018/10/14 09:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
ワールドカップも散々だし、多分解任なんでしょうね。あれだけ、持ち上げられてたのに、監督は怖い仕事と改めて思う。
[ 2018/10/14 09:54 ] [ 編集 ]
日本代表でも今やれば勝てそうかも
[ 2018/10/14 10:39 ] [ 編集 ]
1失点目はノイアー、2~3失点目は後半終盤同点に追いつこうと前掛かりになってるときのイージーなパスミス。守備チグハグながらも堪えて0-1のまま追いつけるかな~?と思って見てましたが最終的に集中力切れたので0-5か1-5負けが妥当な感じでした。ドイツは全体的に粘り強さがなかったですね。先制点取られたのと先制点を取れないのが全ての原因かな。焦点が広がり過ぎてるので一度堅守速攻型に再編してリスタートした方が良さそうです
[ 2018/10/14 11:41 ] [ 編集 ]
モチベーションの問題も大きいですね。ドイツ代表の主力たちはタイトルに対する飢えがないのではないでしょうか。実力があるのは分かりますが今はフレッシュな選手達を使ったほうが活性化しますよね。日本代表も新戦力が頑張ってますしベテランも刺激になってる。監督を変えないとメンバーも変わりにくいので、まずは監督を変えるべきですが。
[ 2018/10/14 12:06 ] [ 編集 ]
レーヴって本当に決まった選手しか起用しないですよね。今の状態で見ればノイアーよりテアの方が優れているのは誰の目にも明らかですし、CBもボアテング、フンメルスと不調な2人を同時起用ですし…。イングランド、フランス、スペイン等と比べると優秀な若手の数は少なくなっていますし正直ドイツの時代は終わりつつあるのかな...と。レーヴが解任されれば今まで呼ばれなかったシュメルツァーやホッフェンハイムのフォクト、ライプツィヒのオルバン、同じくライプツィヒのデンメ等が呼ばれるかもしれませんね。逆にヘクター、ルディ等は呼ばれなくなるかも。
[ 2018/10/14 12:30 ] [ 編集 ]
コンフェデに若いチームを送り、内容、結果ともポジティブで、ドイツ代表は若手も育ち底上げ成功、盤石だと思ったのに、いつから歯車が狂い出したのでしょう。
[ 2018/10/14 12:42 ] [ 編集 ]
まぁこれでコヴァチ監督が悪いという事にならないので、バイエルンのクラブとしては良い結果です。ドイツサッカー協会が求めるサッカースタイルが代表に反映されての敗退か、レーヴが求めるスタイルとズレが生じているのか。
コンフェデでレーヴ監督が優勝に導いたのを見ると、いまの代表サッカースタイルがレーヴ監督の考えとは違う形になってるんじゃないかと思いますね。
協会幹部にポゼッション信仰者がいるのか、監督の指示とは別に選手がどうしてもやりたいサッカーをしはじめているのか。
日本代表では、選手の入れ替えで改善してるところをみると、ドイツ代表も若手へシフトして、W杯優勝に関わった選手数を減らすとよいと思います。
さて、次のフランス戦はどうするんでしょうか。
[ 2018/10/14 14:08 ] [ 編集 ]
日本代表では、選手の入れ替えで改善してるところをみると、ドイツ代表も若手へシフトして

日本代表はハリルを解任して若手じゃなく古株を戻して改善したでしょ
本番のロシアW杯でグループリーグ突破してね
若手はW杯後のモチベがないガチじゃない相手との親善で
A代表に少しでも割って入れるか試されてる段階
まだまだ攻守で粗が目立ってロシアの主力組を押しのけるような存在じゃないよ
[ 2018/10/14 22:04 ] [ 編集 ]
ライプツィヒのオルバンはハンガリー代表を選んだと記事があったような
[ 2018/10/15 00:18 ] [ 編集 ]
載らなくて草
ようはバイエルンへ移籍に満足したり、コンフェデで満足してしまったってことだわ
そこが終着点になって勝利への渇望が無くなってるんだろう
スタメンも前のW杯優勝で終わっているし、いくら負けてもW杯優勝は消えないしな
それは選手だけじゃなくドイツ全体でそうなんだろう
W杯決勝ゴールとか言い続けてゲッツェ賛美がずっと続いてるのがいい例だわ
レーヴがいくら鼓舞しても無理なんじゃねーの
[ 2018/10/15 01:01 ] [ 編集 ]
クローズを外してみては。
[ 2018/10/15 02:01 ] [ 編集 ]
日本とドイツじゃ全然状況違うでしょ
監督の指示とは別に選手がどうしてもやりたいサッカーを云々も的外れ
言葉尻捉えて騒ぎ立ててたメディアに毒されすぎでしょ

とりあえずドイツは同じ選手ばかり使わないで、調子の良い選手を使うべき
少しは競争させないと
若手ベテランとかの区別はどうでもよくて、とにかく勢いのある調子良い選手で!
[ 2018/10/15 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。