ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「まるで呪いのようだ!」ドルトムント!フィリップ!いまだにノーゴール!《ドイツの反応》

【Spox】


maximilian-philipp-bvb-600.jpg


BVBストライカー、フィリップ!ノーゴールについて「まるで呪いのようだ」


マキシミリアン・フィリップは本来BVBの大きな希望となるはずだった。しかし今の所その見る影もない。この若いストライカーはまだゴールを挙げていないのだ。“まるで呪いのようだね”とフィリップはキッカーにおいて語っている。


スポンサーリンク



現在の彼の状況は決して簡単なものではない。彼がこんなに不調に陥ったことはこれまでにないことなのだ。


“こんなに不調なのは初めてだね。”とフィリップは語る。ドルトムントにとってはパコ・アルカセルがその穴を埋めることになったのは良かっただろう。


しかしこれでフィリップは出場時間をかけて戦わなければならなくなった。


“もちろんパコよりも優先的に出場するのは難しくなるだろうね。”と彼は語る。フィリップにtって有利な点は、彼が多くのポジションをこなすことができる事だ。


“監督は僕をサイドやシャドーとして起用できることは分かっている。”とストライカーは語った。






以上です。

確かにフィリップは全く調子が上がりませんね。ワントップでプレーしても試合に関与できないのでその位置だとやはり厳しいと思います。シュートはうまいんですが、ゴールもできないとなると・・・。







[ 2018/10/15 21:15 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
元々トップじゃなく左サイドで得点してたし、フィリップが出てる時間帯はBVBが死んでる時間帯じゃん
その時間帯にのみでて得点を積み重ねてる奴は誰がいるのかな?
教えてくれよ
[ 2018/10/16 00:14 ] [ 編集 ]
ローテーションとやらで出したり出さなかったり、出てもスタメンだったり途中からだったりでそれもかなり守備やらされてる。これでは調子つかめないし、いらんことやらされてるからいつまでたっても点取れないよ。それにチームは後半勝負のサッカーやってるから働ける時間は通常の半分しかない。不調というよりシステムの犠牲になってるよ。
[ 2018/10/16 02:54 ] [ 編集 ]
フィリップはシステムの割くちゃってますよね。どの試合でか忘れましたが2試合ほど解説の方が褒めてました。攻撃の選手だけど裏方の仕事やチームプレイが出来るし地味だけど効いてますよね。と言っていましたね。適性のポジションで使ってあげて欲しいですね。ゴール決める時は決めるんですから、新加入の選手がいてチーム事情でそうはいかないのかもしれませんね
[ 2018/10/16 06:16 ] [ 編集 ]
後半勝負なのでスタメンで出るフィリップよりパコの方が有利なのは間違いないですね。サンチョやラーセンも途中から出たり、スタメンでも後半から活躍する方が多いのでフィリップは不運な気もします。あと一点決まれば気も楽になるんですけどね。
[ 2018/10/16 08:09 ] [ 編集 ]
更に言えばサンチョやハキミ、パコが出てくればロイスも生き始めるが、フィリップが出てる時間帯はロイスは全くの役立たずだな
全体的に見てもどう考えても2枚のボランチ、特にヴィツェルがボトルネックだし、フィリップ居るのにヴォルフなんか獲得して重用してるのがナンセンスなんだよ
[ 2018/10/16 11:52 ] [ 編集 ]
今日のドイツ4部との試合も、最後の最後にゴールを決めまたが、そのシュートの打ち方とゴール後の表情が…相当なストレス状態にあるんだろうなと。
まあユースの子達やトリヤンでさえ、ドリブルでガンガン抜き去れるくらいの貧弱な相手だったので、喜ぶわけはないですけど。
得点力は間違いなくある選手なので2列目で出させてやりたいですね。
何となく顔もプレースタイルも南野に似てる気が。
[ 2018/10/16 12:29 ] [ 編集 ]
2列目とはいってもサンチョロイスラーセンがいるからな
普通に考えればサブでサイドしかないと思うわ
[ 2018/10/17 19:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。