ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表!フランスに1:2で敗れるも将来に希望!《ドイツの反応》

【ビルト】

jogi.jpg

ドイツ、フランスに1:2で敗れる!
アンラッキーな敗戦!



敗れはしたが、希望が見える敗戦だった。


ドイツはワールドカップ優勝者のフランスを相手に1:2で敗れてしまった。これで今年に入ってから6敗目だ。しかし今回はこれまでのように悪くはなかった。

スポンサーリンク


ヨーギ!残念!これは今年1番の敗戦だった。


不公平なPKが引き分けをなくしてしまったのだ。


マテュイディがペナルティエリアでフンメルスにツヴァイカンプフを挑み、足を踏んで自ら倒れてしまった。しかしセルビアのマジッチ審判がPKを取ったのだ。それをグリースマンが決めている。


これは痛い。しかしポジティブな要素もあった。


なぜなら代表監督がようやく勇気をもって選手を起用したからだ。彼はオランダ戦から5人もメンバーを入れ替えている。ヨーギにとってはこれは小さな改革だ。それどころか新たな戦術も採用した。


フンメルス、ズィーレ、ギンターの3バックにヴェルナー、グナーブリー、そしてザネーという素早い3人を起用したのだ。


そしてこれは長い間うまく機能した。


▶13分:ザネーが右からクロスを入れると、それをキンペンベが腕でブロックしPK。それをクロースが決めてドイツが先制した。


ようやくドイツのファンにも幸福が!


前半のドイツは力強く、その後もザネー、ギンターらにチャンスがあった。新人のシュルツやケーラーもサイドから勢いをもたらす!


中盤のボスはキミッヒだ。彼は6番としての新たな役割は毎回良くなっている。このバイエルンのスターはフランスのポクバとカンテを相手に何度もボールを奪っていた。


フランスは後半から調子を上げる。


52分にはムバッペーに同点とするチャンスが訪れるものの、ノイアーに阻止される。


62分にはヘルナンデスが左からクロスを上げると、それお難しいポジションからグリースマンがヘディングでファーサイドに決めた。ノイアーには為す術がなかった。


そしてその18分後にPKでフランスが2:1とし、ドイツは今年最高の敗戦を喫することになった。


ネイションズリーグでドイツはトップグループから降格する危機にある。


でもそんなことはどうでも良い!


大事なのは、レーヴがこのままやれば、2020年のユーロでは優勝争いができるだろうという事だ。





以上です。

負けはしましたがポジティブな記事ですね。たしかに前線の3人と3バックの組み合わせは良さそうな気もします。ズィーレはスピードもありますからどんどん起用してほしいですね。そしてギンターが代表のレギュラーに定着しているのがうれしいです。BVBからいなくなって残念ですが、移籍は正解でしたね。
[ 2018/10/17 11:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
やはり若手を使うと躍動感がでますね、とてもよかったと思います。フンメルスは足を踏まれた上にPKとか踏んだり蹴ったりでしたね。
この調子だと連携も深まって良いのではと思いますが、中盤はもう少し強度が欲しい所ですね。いずれにしても代表にとっては良い影響を持つことができましたね。
[ 2018/10/17 17:18 ] [ 編集 ]
ギンターはCBで使って欲しいですね。
五輪でもコンフェデでも良いパフォーマンスでしたから、信頼されているのでしょうね。今後も期待です。
[ 2018/10/17 17:19 ] [ 編集 ]
アンダー世代からズィーレとギンターの相性よさそうでしたもんね
[ 2018/10/17 18:13 ] [ 編集 ]
ドイツはPKの1点だけなのに、ずいぶん能天気な希望観測ですね
[ 2018/10/17 19:05 ] [ 編集 ]
えっえっえっ??ポジティブな論調なの?レーヴ解任決定だなーと思ってたから意外すぎる
流れで得点できる気があんまりしなかったんだけど
[ 2018/10/17 22:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。