ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント負傷者続出!アカンジが数週間の負傷離脱へ!《ドイツの反応》

【Tオンライン】

akanji4.jpg


BVBに打撃!:新たなスターが負傷!



ボルシア・ドルトムントはチームの主力を数週間にわたってあきらめなければならなくなった。マニュエル・アカンジが負傷したのだ。

スポンサーリンク



そのため現在首位に立つボルシア・ドルトムントはしばらくアカンジなしで計画しなければならない。水曜日にクラブが伝えたところによると、このスイス人は疲労の影響で腰に問題が出たとのことだ。そのためこのセンターバックはスイス代表のベルギー、そしてアイスランド戦にも出場していなかった。


アカンジの負傷離脱により、ドルトムントの怪我人が増えている。


ドルトムントではマルコ・ロイス(膝)、ラファエル・ゲレイロ、ピスチェク(筋肉の問題)、プリシチ、ヴォルフ(ともに肉離れ)、香川真司(足首)そしてマルセル・シュメルツァー(膝)らが火曜日のテストマッチを負傷のため欠場していた。


スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは“誰が週末に間に合うか見なければならない。”と語っていた。




以上です。

ドルトムント、みんな目立たないところで怪我をして、気が付いたらいつの間にかこんなに増えていましたね・・・。アカンジは明らかに疲労からくる負傷という事なので、他の選手も心配ですね。

[ 2018/10/18 09:26 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(7)
ドルトムントの公式twitter見るとロイス、香川、プリシッチはトレーニングに取り敢えず復帰してますね。試合に出られる状態かどうかは分かりませんが。問題はDF陣です。ピシュチェク、シュメルツァー、ゲレイロ、アカンジと怪我人が多すぎます。左SBがいないのでまたディアロをそこで起用すると思うのですがそれだとCBの枚数がまた1人減ってしまいます。トプラクが復帰したのは朗報ですが彼も怪我がちなのでアカンジ復帰までCBはトプラク、ディアロ、ザガドゥーでローテーションして欲しいです。左SBはシュメルツァー、ゲレイロが復帰するまで最近復帰したトリヤンでいくしかないでしょう。彼にとってはチャンスです。頑張って欲しいです。
[ 2018/10/18 10:25 ] [ 編集 ]
ドルトムントってすぐ野戦病院化するけどトレーニングスタッフを見直した方が良いと思う
[ 2018/10/18 12:45 ] [ 編集 ]
週に2回試合にフルで出場するトップクラブの選手は、代表にも当然呼ばれますから大変ですね。代表での地位が確立されていない選手は、人一倍アピールしなくてはならないので、疲労や怪我がより深刻でしょう。ゲレイロなど代表との両立で調子を崩した顕著な例でしょう。ビッグクラブに若手が行くことが取り沙汰されていますが、日本人は地理的にも人種的にもさらに不利な条件。本当に厳しい環境だと思います。
[ 2018/10/18 13:32 ] [ 編集 ]
まあ怪我人が出るほどに香川にとってはベンチ入り〜出場機会のチャンスにはなりますね。
この2年間もそういう感じの出場ばかりでしたし。
[ 2018/10/18 14:14 ] [ 編集 ]
いやほんとメディカルスタッフとかフィジカルトレーニングスタッフ見直したほうが良くないですかこれ
もう毎年のように怪我人がこれぐらいの時期に集中的に発生してますが
[ 2018/10/18 14:52 ] [ 編集 ]
オーノオオオオオオ
なんでだああああああああああああ
[ 2018/10/18 19:34 ] [ 編集 ]
>この2年間もそういう感じの出場ばかりでしたし。

それは違いますよ。香川はコンディションさえ良ければ常にスタメンでした。周りの怪我で出場していた訳では有りません。全てスコアブック付けてますから間違いないですよ。
今迄のスコアブック見直しても、香川は相当大切に扱われているのが解ります。
トゥヘル時は冷遇されていたと思いきや、全試合見直すと香川の成長の為の特訓的な事が見えてきました。彼のプレースタイルが変わったのもトゥヘルの後からです。
[ 2018/10/18 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。