ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!シュトゥットガルトに4:0で勝利!香川はベンチ外!《ドイツの反応》

【ビルト】

paco Alcacer


パコのドリーム・ループ!!

BVBがシュトゥットガルトに4:0で勝利した!!


シュトゥットガルトで監督が変わった効果は3分しか持たなかった。マルクス・ヴァインツィールは監督デビュー戦、たった3分で失点してしまったのだ。これは2015年にユルゲン・クラミーが経験した事と同じだが、その年シュトゥットガルトは降格している・・・。

スポンサーリンク


シュトゥットガルトの新監督ヴァインツィールは前任のコルク―トに対してい、攻撃的な布陣で試合に臨んだ。それに加えて、彼は新たな選手を4人投入している。しかしそれも助けとはならなかった。ドルトムントが凄すぎたからだ。


それはスーパー・スターのサンチョがゴールしたからでもキャプテンのロイスガゴールしたからでもない。なぜならリーガでもっとも熱い選手がゴールしたからだ。


パコ・アルカセルが24分に非常にクレイジーなループキックからのゴールを決めたのだ。106分で7ゴール目だ。この記録を達成した選手は過去には一度もいない。


すでに前半終了時点でシュトゥットガルトはどん底だった。さらにスタジアムが“俺たちは戦うところが見たいんだ!”という発言とともにブーイングが響き渡った。


しかし後半に入ってからはシュトゥットガルトは良くなった。なぜならBVBがアルカセルを交代させたからだ。そしてその結果として、ドルトムントは前とくらべてだらしなくプレーしていた。しかし84分にはフィリップもゴールしている。これはドルトムントのジョーカー10ゴール目だ。


BVBは引き続き首位に立ち、シュトゥットガルトは降格の危機にある。




以上です。

試合は後半の途中から見れませんでした、今ハイライトを確認しました。ドルトムントの得点のシーンはなかなか良かったですね。個人的には2点目が気に入りました。しかしシュトゥットガルトもスペースを空けすぎで、あたりに行っていませんね。4点目のフィリップもそうですが、簡単にシュートまで打たせすぎな気もします。

しかしロイス、サンチョ、アルカセルが非常にうまく機能していますね。このあたりが機能している間はファヴレとしても変えることはしないでしょう。

後半からは選手を温存していますし、アトレティコ戦は今回と同じスタメンかもしれないですね。香川選手はまだチームトレーニングに復帰したばかりですが、早くプレーできることを願っています。





[ 2018/10/21 02:45 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
中盤の底のやり方改善した。今までのように後ろでセンターバックとボランチ一枚で三角形作るのではなく、もう一枚加えてボックスにしたのでシュトットガルトの2トップのプレスを無力化した。それにサイドバックも不用意に上がることなく後ろのケアを重点にやってたので、前の4枚が動けるスペースが出来て前半から得点できた。今まで散々いってきたことがとりあえず良くなりつつある感じで次のアトレチコ戦も継続してやってもらえれば負けはないかな?です。
[ 2018/10/21 03:38 ] [ 編集 ]
2列目の3人とアルカセルはよく機能していますね
香川選手が怪我をしている間にゲッツェが結果を出したのでしばらくはロイスの控えにゲッツェという立ち位置でしょうか
香川選手にチャンスが回ってくるとしたら早くても31日のポカールくらいですかね
プレーして活躍している姿を早く見たいです
[ 2018/10/21 04:14 ] [ 編集 ]
こう大差で勝ってるのに完勝というか勝たせてもらってるというか、しっくり来ない勝ちですね
このまま行って欲しいですが
[ 2018/10/21 13:19 ] [ 編集 ]
しっかり勝ち点3を手にし、内容、スコアともに満足ではないでしょうか。
レヴァ、オバメのような特定の選手が大量得点してた時期と比べ、試合中、前線の全選手に決定機がくるあたりが、今のBVBの勢いを表していますね。
やっとフィリップも点取れましたし、試合も4人で4得点ですから。ファンタスティック4の時期を彷彿とさせますね。
さらにハキミのミドルとビツェルのヘッド、香川&ゲッツェあたりが
点を取り出すと、手が付けられなくなるBVBになるでしょう。楽しみです。

[ 2018/10/21 13:47 ] [ 編集 ]
今のところヴィツェルの獲得は大成功だったと思います。派手さは無いですがミスが少なく空中戦での競り合いに強くボール奪取力も水準以上です。最初は正直微妙だったのですが試合を重ねていく度チームにフィットしてピッチでの影響力が上がっている気がします。実績のある選手なのでドレッシングルームでの影響力もあると思いますし、逆境でも落ち着きが保てるヴィツェルのような選手は若手が多いドルトムントには貴重だと思います。ベルギー代表のレギュラーを2000万€で獲得出来たのは相当大きいです。ただ代表戦含め試合に出ずっぱりなのでヴァイグルとローテーションしながら休ませて欲しいです。
[ 2018/10/21 13:55 ] [ 編集 ]
前半の圧倒的ドルトムント優位がハーフタイム後は危機に晒され、点差は4−0だけどスタッツは五分。シュートはシュツトゥガルトが優位な結果に。
やはり同じイメージを持てて、そのとおり動ける選手が3人以上居ないと上手く嵌りませんね。パコ一人居なくなっただけでガックリと戦力落ちた感有りましたし、ビュルキ居なければ負けてたかもって位危険が続き過ぎました。
個人的にはパコ、ワントップ、左からロイス、香川、サンチョの2列目がみたいです。
そしてハキミは楽しみな選手ですね。買い取りオプション無いのが残念。
[ 2018/10/21 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。