ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リベリー!ベンチに怒り!バイエルンの勝利にも関わらず無言で立ちさる!《ドイツの反応》

【ビルト】



ベンチで怒り!


リベリー、バイエルンの勝利にも関わらず無言で立ち去る!


“監督にとっては良い選手が足りないことが問題ではない。問題なのはプレーしなかった選手の機嫌が悪くなることだ。”


とバイエルンのウリ・ヘーネス会長は怒りの記者会見で語った。


リベリーとミュラーが3:1で勝利したヴォルフスブルク戦で90分ベンチとなっている。彼らは二人ともその措置に対して幸せではなかった。しかしこの二人の反応は異なったものだった。


スポンサーリンク



リベリーはすでにウィーミングアップの時点で怒っていた。そして3:1で勝利したあとも彼は無言、さらに固い表情でスタジアムを後にしたのだ。ミュラーはそれに対して記者に対して、“監督はいつも説明する必要はないよ。選手層は厚いんだから。監督がそういう起用をしたんだし、それを受け入れて一致団結するようにしないとね。だからネガティブなコメントをする必要はないよ。”と語っている。


ミュラーの代わりにグナーブリーが出場している。そしてボアテンではなくズィーレがプレーしている。最近の代表選と同じように。


ニコ・コヴァチは、“ヨギ代表監督をサポートしたんだ。”と冗談を言ったが、その後、“だからと言って誰かが良くて、誰かが悪いという事ではない。これによって選手の疲れをコントロールできるし、最大の力を発揮できている。だれも3日おきに最高のレベルを出し続けることはできない。”と語った。

バイエルンのベンチ兄弟。ミュラーはチームを考え、リベリーは不機嫌。

しかし:しかしリベリーはロッベンがマインツ戦でレッドカードで出場停止となる事で利益を得るかもしれない。




以上です。


リベリーは相変わらずですね。ミュラーはこういう時も割とリラックスしている感じです。彼は日本では割と生意気だと思われているというコメントを時々読んだことがありますが、ドイツでは人気者です。彼の発言は常に冗談を含んでいるので、何を言っても憎まれないというようなところがありますね。



[ 2018/10/21 19:28 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
ビッグネームの選手はビッグネームの監督じゃないとすぐ反発するしたまったもんじゃない
[ 2018/10/21 19:35 ] [ 編集 ]
ミュラーはこの試合自分が出なくても試合後ピッチに入り笑顔でチームメイトと久しぶりの勝利を一緒に喜び、そしてサポーターに挨拶してました。
日本では差別主義者だ監督を追い出したと間違った情報で嫌われますが、誰よりもバイエルンというチーム(5,6歳頃からバイエルンのサポーター)を愛してる選手です。
[ 2018/10/21 21:46 ] [ 編集 ]
ベテランのこういうところが少しもクラブの為にならないんですよね。
ミュラーはその点素晴らしいです、トレーニングでも声だしを積極的にしてたという事ですし、ミュラーのプレイスタイルは誰にも真似できない稀有な才能ですから、いずれ出番はくるでしょう。コバチは育成も優れてますし、ミュラーの調子も戻してくれるでしょう。
これから盛り返して白熱する首位争いを見せて欲しいですね。
まずはCLで勝ちにいきましょう。
[ 2018/10/21 23:12 ] [ 編集 ]
バイエルンに必要なのはコバチではなくニーチェだった?
[ 2018/10/22 04:59 ] [ 編集 ]
>ニコ・コヴァチは、”ヨギ代表監督をサポートしたんだ。”と冗談を言ったが

 本当に冗談なのかな?
[ 2018/10/22 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。