ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、ホーフマンがハットトリック!グラートバッハは2位に浮上!《ドイツの反応》

【ビルト】


HOfmann.jpg

ボルシアがボルシアを追いかける!

ホーフマン、ハットトリックで2位に浮上!

ボルシアが一位でそれを追いかけるのもボルシアだ。


グラートバッハはマインツを4:0で破り、ドルトムント3ポイント差で2位につけている。


グラートバッハ・クレイジーとはホーフマンの事だ。ヨナス・ホーフマン(26)!3ゴールで2位に!

スポンサーリンク



この点取り屋は試合後に、“素晴らしい感じだね。このような一日はそんなに経験できないだろう。これでも3ポイントしか獲得できないのは残念だよ。でも僕たちは目標にむけて集中しているし、これからもこのサッカーを続けたいね。守備は力強く、攻撃は素早く、そしてゴール前で存在感を発揮する!それができれば報われるよ!”と語っている。


2位はこれまでの4年間で最高の位置だ。以前は9試合が終わった時点で4位になったが、その年はチャンピオンズリーグ入りを達成している。


当時の監督はルシアン・ファヴレだったが今の監督はディーター・ヘッキングだ。彼はミュンヘンを3:0で下した後で、これまで4失点とリーガ最高の守備を誇っていたマインツを打ち砕いた。


試合は夢のようなコンビネーションで始まっている。シュティンドゥルがアザールにボールを送ると、このベルギー人がホーフマンにパスを送る。ホーフマンはそれを決めて1:0とした(21分)。そしてこのコンビは休憩後も機能している。またしてもアザールがホーフマンにパスし、2:0だ(53分)。


そしてこれがホーフマンにとってグラートバッハで初めてのドッペルパックとなっている。彼は2016年にドルトムントから移籍してきたが、まだ一ゴールしか挙げていなかったのだ。PKで・・。


しかしこの日のホーフマンは相手のゴールキーパーまでも翻弄し、3ゴール目も上げている(63.)。その前の58分にはアザールが決めていた。


グラートバッハ監督ヘッキング:“8試合が終わった時点で2位にいるなんてすばらしい瞬間だね。ブンデスリーガが現時点でこんなに接戦なのは良いことだね。”


グラートバッハこれで14試合連続で得点を挙げている。これは現在のチームでは最長だ。一方マインツはこれまで450分ノーゴールとなっている。クラブ最低の記録だ。


マインツ監督サンドロ:“我々は前半ボールを多く失いすぎた。それを取り返そうと思って焦ってしまったね。ここはこれからうまくやらなければいけない。”




以上です。

マインツはこれまでたった4失点しかしていませんでしたが、グラートバッハはなかなか強いですね。バイエルンを倒したのは相手が不調だっただけではないですね。
そしてホーフマンがやっと活躍してくれたようでうれしいです。26歳と良い年齢になってきたのでこの辺で活躍できると良いですね。






[ 2018/10/22 09:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
パクが日本語ペラペラで香川と仲が良かったから変な勘違いされたのかも
[ 2018/10/22 10:19 ] [ 編集 ]
ホフマンってCMFのイメージだった。
[ 2018/10/22 11:45 ] [ 編集 ]
そういえば少し前に、今、ホフマンがかなり良くてドイツ代表に入るのではないかという報道を聞きました。
そして、これだけ明確な結果を…
これは来そうですね!
[ 2018/10/22 11:57 ] [ 編集 ]
ホフマン応援してたから嬉しい!
ドルで活躍してくれてたらもっと嬉しかったけど
[ 2018/10/22 13:02 ] [ 編集 ]
香川のロングパスに抜け出してゴールしたの覚えてるよ
[ 2018/10/22 16:22 ] [ 編集 ]
ホフマンこそ残すべき選手だったな
今のBVBなんて新加入から1、2年目の選手ばかりスターティングに名を列ねてるから違和感しかないわ
いったい何を応援してるんだろうな
ロイスが怪我しなかったり、ラーセンが出てきたのは嬉しいがね
[ 2018/10/23 04:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。