ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブッフォン!ベンチにも関わらずトゥヘルを絶賛!《ドイツの反応》

【ビルト】
Tuchel12.jpg


ベンチにも関わらず

ブッフォン!トゥヘルを絶賛


キーパーのレジェンドが大絶賛だ!


トーマス・トゥヘルはPSGでスポーツ面だけでなく、人間面でも周りを納得させている。キーパーのブッフォンがそれに関してガゼッタ紙で認めた。


スポンサーリンク



そして、“彼は40歳になったキーパーに対してきちんとした考えを持っている。でも彼はよく観察し、状況をよく理解している。そして攻撃の戦術に関してはものすごく良く準備している。”と続けた。


特に注目に値するのはこのキーパーの現在のPSGでの状況だ。リーガではブッフォンとアレオラが交代でプレーしている。チャンピオンズリーグではこれまで彼はベンチが定位置となっている。


それでもブッフォンはローテーションに満足している。“これによってまずい状況にはなっていないよ。何も70試合のうち50試合もプレーする必要はない。何よりもプレーのクオリティーが重要だ。”と語った。


このキーパーの言葉はトゥヘルも喜んで聞くだろう。トゥヘルはマインツとBVBでは人間性の欠如が選手から批判されていた。




以上です。

ブッフォンも時々プレーしているようですし、うまくいっているみたいですね。PSGはこれまで10試合10勝で37得点6失点と断トツの強さを見せていますね。次のリヴァプール戦が楽しみです。



[ 2018/10/22 13:18 ] トゥヘル | TB(-) | CM(2)
人間性についてはよく分からないですね。psgに移って劇的に変化したとも考えられますが。
もともと人間性が破綻していないと仮定すれば
マインツでは破天荒をきっかけに軋轢を生んだのかもと。例えば当時はまだ一介のブロガーだったレネ・マリッチにスカウティングを依頼するなど。こういう感じのを躊躇なくガンガンやると自クラブの人間からの反発が多そうですし。
ドルではフンメルスと冷遇されたロッカールームの重鎮たち。それからフロントとは事件においての食い違いと齟齬。方向性の違い。こんな感じすかね。フンメルスについてはクロップ時代から監督に意見してますし、最後のステップアップ移籍のタイミングだったのでそれらも加味すべきかとは思いますが。スタイルのあるクラブ発言にしても、本筋は王者バイヤンと毎年主力が移籍して作り直してばかりのドルとの対比かと。
まー、でも今でも試合中に一人で笑い出したりしてるところを見る限り、ちょっとヤバい人なんではないかとは思います
[ 2018/10/22 15:54 ] [ 編集 ]
まマインツは有り余る才能の監督をとどめておけない感じ
BVBは金金転売。
PSGは買って強くして野心あるチーム

有能な監督ならどれが一番才能発揮できてるかってことよね
[ 2018/10/22 17:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。