ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ウサイン・ボルト!交渉決裂でトレーニング禁止に!プロ選手の夢、潰える?《ドイツの反応》

【Sport1】
bolt.jpg


ウサイン・ボルト!交渉決裂でトレーニング禁止に!プロ選手の夢、潰える?

ウサイン・ボルトのプロ選手としての夢が危機的状況にある。セントラル・コースト・マリナーズは、ウサイン・ボルトをトレーニングから締め出すことを余儀なくされている。

ウサイン・ボルトのサッカー選手としてのキャリアは終わってしまうのだろうか?それもよりによってお金が原因で?マリナーズが報じたところによると、クラブはボルトが、クラブが提案したオファーを受ける可能性が非常に低いとのことだ。

スポンサーリンク


メディアの報道によると、クラブはボルトに8万ユーロの契約をオファーしたようだ。クラブはこの報道を否定しているが、ウサイン・ボルトはこの20倍の金額を要求したとされている。


そのため、クラブはは一時的にボルトをトレーニングから締め出している。しかしそれと同時に、“ウサイン・ボルトは彼のプロサッカーとしての夢を実現させるためのチャンスを得るだろう。”と伝えている。




以上です。

ようはオファーを受けない限りはトレーニングさせないということでしょうかね。20倍の金額を要求したということは、200万ユーロぐらいということでしょうか。ある程度の大きさのクラブなら、ボルトぐらいの名前があれば、200万ユーロぐらいだったらスポンサー契約ですぐに回収できそうですが。


[ 2018/10/23 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
Aリーグはサラリーキャップ制があるのでそもそもボルト側の要求は通らないのは知れてたと思うのですが…。
[ 2018/10/23 20:43 ] [ 編集 ]
怪我されても怖いですからね。クラブの気持ちも解るような
[ 2018/10/23 22:19 ] [ 編集 ]
あくまで陸上のスターでサッカーのスターじゃないんだから本気でプロ目指すなら謙虚に下積みすべき
[ 2018/10/24 08:56 ] [ 編集 ]
マリナーズが出した声明によると

- 交渉の内容は主にサッカー面とビジネス面の二つ
- サッカー面に関してはボルトはトレーニングを通して上達しており、さらなる上達が見込める。
- ただし、現状 Aリーグ公式戦でこれを実現する(サッカー面での)余裕が無いので他の方法を模索している。
- ビジネス面では第三者と協議中。外部スポンサーの支援が無ければ条件面で合意に至る可能性は低い。
- Aリーグのチームに影響を与えないため、契約に関して合意できるまでボルトは練習に参加しない。

つまるところ、CCM側はボルトは現状公式戦で戦力になるレベルにないと考えている。ボルトに経験を積む場を設けつつ興行収入が見込める親善試合は引き続き行いたい。ボルト側の希望額がCCMには高すぎるから肩代わりしてくれるスポンサーが出てこないと実現しない。ミラン本田の場合もそうだったけど、やっぱり金がないクラブは選手が率先してスポンサーを連れてきてくれないと契約しにくいですね。
[ 2018/10/24 14:21 ] [ 編集 ]
ボルトを受け容れる事で得られるものより損害のほうが遥かに大きいと判断するのは当然だと思います。
監督の気持ち、選手の気持ち、ファンの気持ち、全部マイナス方向に行くのを覚悟してそのままズルズルと下り坂を転がって行く可能性が高いのも加味して契約しなければいけません。
パンダがいても成立するのは昔活躍したパンダが能力が落ちてもまだファンに人気でクラブにいるって状況だけです。
[ 2018/10/24 15:44 ] [ 編集 ]
マイケル・ジョーダンがMLBに挑戦した姿勢と比べると調子にのりすぎじゃないの
[ 2018/10/24 18:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。