ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】ドルトムント・アルカセル!アトレティコ戦で欠場の可能性!火曜日のトレーニングは欠席!《ドイツの反応》

【ドルトムント24】

alca5.jpg


アトレティコ戦を前に!パコ・アルカセル、トレーニングを欠席!



パコ・アルカセルが火曜日のトレーニングを欠席した。チャンピオンズリーグ、グループAで最も注目される試合で、ルシアン・ファヴレ監督はワントップのポジションで実験しなければならないかもしれない。


パコ・アルカセルは土曜日にBVBでスタメン出場した。ドルトムントは4:0で勝利したが、ルシアン・ファヴレはその試合で1ゴールを挙げたアルカセルを早めに交代させていた。理由は太ももに違和感があったためだ。

スポンサーリンク


しかしその代わりにこれまで足首を負傷していた、香川真司が月曜日と火曜日のトレーニングに参加している。

ルーア・ナッハリヒテンが15時30分にツイッターで“パコ・アルカセルがトレーニングにいない”とツイートしているが、そうなると誰がその代わりとなるかに注目が集まる。


その代わりとなるのはシュトゥットガルト戦で今シーズン初ゴールを挙げたマキシミリアン・フィリップだろう。そしてもう一つのオプションがロイスを偽9番で起用することだ。誰が出たとしても、アトレティコのディフェンダーを崩すのが難しくなることに変わりはないだろう。


アトレティコはここ8試合で4失点しかしていないのだ。しかしBVBもここ8試合では6失点で手堅い数字を残している。




以上です。

すでに出場が微妙と言われていたアルカセルですが、プレーしない可能性が高まってきましたね。途中からプレーして非常に効果的な働きをしていますから、ベンチに入ってくれればよいですが・・・。

一方香川選手もここ2日トレーニングしているとのことなので、プレーすることを期待しています。

ここでアトレティコにかって勢いを証明してほしいですね。


[ 2018/10/24 05:59 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(9)
パコはそもそも前の年CL出場権を得るために何かしたわけでもないからケガなら大事をとっていいんじゃないですか。明日はサブで出てきてくれれば嬉しいけど、無理ならリーガと国内カップ戦を頑張ってもらえればいいです。
[ 2018/10/24 06:26 ] [ 編集 ]
これだけコンディションが悪い中、毎試合ゴール決めてるんだから物凄いですよね。
出れないならドルトムントにとってダメージが大きすぎますね。
チームとしてもですが、個人的にはプレーが似ているロイスVSグリーズマンに注目です。
[ 2018/10/24 06:38 ] [ 編集 ]
いやいやいや、試合勘がないのに強敵相手に出させられても。3試合位準備
出来てればまだしも。コンビネーションだって上手くいかないだろうし
[ 2018/10/24 08:28 ] [ 編集 ]
ファブレ「ヤスマセル」
[ 2018/10/24 08:44 ] [ 編集 ]
パコの怪我のお陰と言う言い方はしたくないけど、試合展開によるけど、アトレティコ戦に香川がパコの代わりに攻撃のオプションとして使われる可能性はかなり高いかな
[ 2018/10/24 09:18 ] [ 編集 ]
トップにロイスでトップ下にゲッツェだな
[ 2018/10/24 09:49 ] [ 編集 ]
おそらく今期公式戦一番のビッグマッチで絶好調のアルカセルがいないのはかなりキツイですね
香川はこの間のリーグ戦でベンチにも入ってないしどうでしょう
大一番に怪我もあり長らく試合に出てない選手をベンチに入れる発想はないかな
香川がベンチに入るとしたら次のヘルタ戦くらいじゃないですか
[ 2018/10/24 12:33 ] [ 編集 ]
パコはベンチには入るんじゃないですか。香川はまだコンディション的にも厳しいと思います。
[ 2018/10/24 17:31 ] [ 編集 ]
パコが出れないならフィリップに決まってるでしょう。
前節、素晴らしいゴールを決めて結果を残したんだから。
ロイスのトップ下は不動ですよ。
わざわざ大黒柱を違う場所に移動させたらチームのすべてが崩れますから。
[ 2018/10/24 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。