ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ゲッツェフル出場!ドイツ紙!「ゲッツェ!スタメン復帰は成功!」《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

goet13.jpg


BVBスター・ゲッツェ!スタメン復帰は成功!



この夜のマリオ・ゲッツェは上機嫌だった。しかしそれは決して不思議ではない。ドルトムントがアトレティコを相手に4:0で勝利したからだ。

試合後、とあるジャーナリストが、ゲッツェを“経験豊かだ”として質問すると、それに対してゲッツェは、“僕はまだそんなに年をとっていないよ。”と返している。

スポンサーリンク


これは26歳の選手にとっては正しい見方だろう。しかしゲッツェがブンデスリーガデビューを果たしたのは9年前であり、それ以来ドルトムント、バイエルンと、それぞれドイツ最高のチームでプレーしている。


しかし彼もまだ現在のような好調はそんなに頻繁には経験していなかった。開幕12戦で負けなし、そしてブンデスリーガ8試合で20ポイント、得失点差27:8という素晴らしい状況。さらにチャンピオンズリーグでは3戦3勝、得失点差8:0。


ゲッツェは、“結果や得失点差などを見ると本当に良い状況だね。もちろん僕たちは、決定的な場面で幸運だったことも分かっている。だけどそれも付き物だ。僕たちは守備でも攻撃でもハードに取り組んでいるし、自分たちのゴールもできている。”と語っている。


アトレティコ・マドリッドの2本のシュートがゴールポストに当たったのは幸運だった。しかしゲッツェ自身の幸運はまた別なところになる。最近はベンチ外になるなど、難しい時期を過ごしていたゲッツェはようやく今シーズンフル出場を果たしたのだ。


そして彼はその役割を手堅くこなした。組み立てに関与し、マドリッドのサウール・ニゲスの力を無力化させたのだ。さらに3:0の起点となるパスをハキミに送っている。


しかしゲッツェは自分のパフォーマンスについて話すよりもチームについて話すことを選んでいる。“今日の僕たちは、攻撃も守備もでも本当に良く守ったおと思う。”とゲッツェは語り上機嫌のままドルトムントの夜に消えていった。




以上です。

ゲッツェがフル出場という事でさっそく特集記事が掲載されました。守備時は422でロイスと並んで前線で守備をし、攻撃時は一番目の位置にいましたが、正直、ゲッツェを起用するのなら、中央よりも前にいたほうが良いな、と思いました。ファヴレは勘で起用を決めたようですが、今回は良かったと思います。アルカセルの所でゲッツェ起用はありですね。そしてロイスの所は香川選手とうまく回してほしいですが・・。






[ 2018/10/25 21:01 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)
試合を見てないので、よくわかりませんがうまくいったならよかったですね

香川はマルカ?でしたっけ?スペイン誌のインタビューが突然出てきてるので既に移籍に向けて動いてる気がしますね
ドルトムントも絶好調なので、移籍しやすいのではないでしょうか?
[ 2018/10/25 21:18 ] [ 編集 ]
ワンタッチプレーが冴えていましたね。
ボールコントロールがとても美しく、リンクマンとして利いていたと思います。
起用は確実に当たったと思います。
ロイスはさらにボールの引き出し方、トラップの柔らかさに惚れ惚れしましたね。
脱力が完璧なんでしょうかね。
難しいことをサラッとスマートにやっているように見せるのが凄いなと。
[ 2018/10/25 21:28 ] [ 編集 ]
 ゲッツェはMFよりもFWかWGがリスク少なくていいでしょう。でもそれで給料分の仕事ができてると判断されても困りますけど。
[ 2018/10/26 02:12 ] [ 編集 ]
ゲッツェは確かに今までのポジションより合っていてよかったですね。ポストも頑張ってましたし守備も走ってました。が、ロイスと被っているのが気になりました。ゲッツェ相手だとロイスも遠慮しないのかCFのポジション取りに行って被るんですよね。あれ非常にもったいないと思います。双方に得点チャンスがさほど生まれなかったのもポジションの取り方に問題があると思います。ハキミやプリシッチやゲレイロの上がりで得点チャンス作ってましたが、毎回あんなに上がるとその内スペース使われてカウンターにやられるかも。ちょっと心配ですが、一つのオプションとして戦術がまた増えましたね。
[ 2018/10/26 07:10 ] [ 編集 ]
ゲッツェ良かったですね。フルスタメン久しぶりなのかな?まだまだこれから
せっかくドルに戻って来たんだし生涯ドル宣言しているロイスと中心となってチームを盛り上げていって欲しいですね
香川選手はスペインの記事見ると移籍準備進んでいるのかとちょっとワクワクしますが、まずは自分の怪我をきちんと治すコンディションを上げる。チームは勝っているのでね無理にロイスやゲッツェに替えて移籍準備している香川選手を使わなくてもね。
[ 2018/10/26 07:28 ] [ 編集 ]
給料に見合わないと見たら経営陣が売り出すか、契約更新時に減俸でオファーをするでしょう。
今なら香川、ローデ、トルヤンらの方が問題では?
[ 2018/10/26 07:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェのトップ起用はとても良かったと思います。
病気になってからもテクニックは衰えてないのでアトレティコのコンパクトな守備網の中でも早いパスをしっかりと足元でおさめてサイドや近くにいるロイスとうまくリンクマンのような形で連携できていたと思います。あとはトップはトップ下に比べると運動量が求められないので今の彼の体力面の問題を考慮してゲッツェに合っているのではないかと。
[ 2018/10/26 08:54 ] [ 編集 ]
パコには敵わないかもしれないけどオプションの一つとして十分機能することは証明できましたね。いわゆるプランBとしてこれからの過密日程のシーズンの中でも必ず必要となる場面が出てくると思います。
[ 2018/10/26 08:57 ] [ 編集 ]
本来のポジションで使われてやっと生き返った。何度削られそうになっても軽くいなしていた。前半両ウイングが全然ダメだったのを中央でよく支えた。珍しくプレスもサボらなかったしな。ドリブルにキレが出てきたし完全復活まであとは点取るだけだと思うよ。つかこいつに点取らせるサッカーができるならバイエルンに追い上げられてもさほど心配はしなくて済むんだけどね。
[ 2018/10/26 10:43 ] [ 編集 ]
香川には移籍して欲しく無いな
これまで活躍できてないヴァイグル、ダフード、ヴォルフ、トプラク、トルヤン、フィリップと一緒に戦力になれば、今年こそ優勝できると思う。
[ 2018/10/26 19:01 ] [ 編集 ]
久々にゲッツェの0トップを見たので単純に面白かった。
アトレティコがブロックをしっかり作って来るチームだったので嵌りましたね
[ 2018/10/26 19:23 ] [ 編集 ]
問題はベンチ入りさせてもらえるかですよね。
ダフード、フィリップ(前節ゴール)、ヴァイグルなどは普通にベンチ入りしてますから。
こればかりは練習から必死にアピールしないといけません。
香川がいかに監督の心を動かせるかに掛かっていますよ。
[ 2018/10/26 19:48 ] [ 編集 ]
快勝の割には評価点は低いけど、ゲッツェの呪いが掻き消えるほどチームが良いんだね
[ 2018/10/27 01:47 ] [ 編集 ]
〜しないといけませんって監督でもないのにいつも上から目線ですね。そんなことは長くビッグクラブでポジション争いしてきたプロなんだからちゃんとやってると思います。思った事をそのまま残す前に受け取る側の感情を考慮できないから反論されるんでしょう。
[ 2018/10/27 13:08 ] [ 編集 ]
言うほど良くなかったように思うけどな
確かにワンタッチとかは上手いけど
なかなかサボってたし
[ 2018/10/28 00:29 ] [ 編集 ]
ヘルタ戦もさらに良くなってましたね。
実況の倉敷さんと解説の戸田さんもかなりゲッツェを褒めてましたし。
[ 2018/10/28 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。