ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

今のドルトムントはクロップ最高の時代を思い出させる!!!《ドイツの反応》

【ビルト】

bvb12.jpg

コラム


このBVBはクロップ最高の時代を思い出させる!


BVBはブンデスリーガだけでなく、ヨーロッパでもその存在感を再び発揮している。



守備が非常に固いことでしられるアトレティコ・マドリッドを相手に4:0で勝利したことがそれを証明している。非常に若いこのチームは、最初の試練に見事合格したのだ。


スポンサーリンク


ルシアン・ファヴレ監督は、まるで水の上を歩けるのではないかというような印象を残している。なぜなら彼がやる事が今の所うまくいっているからだ。このスイス人は非常に魅力ある攻撃的なサッカーでクロップ時代を思い出させる。


2011年と2012年には、若く、ハングリーなチームが攻撃的なサッカーで人々を感動させたのだ。


おそらくこれからドルトムントは何度か今の反動を迎えることになるだろうが、すでに一つの事がはっきりしている。


ファヴレは、ドイツサッカーがボルシア・ドルトムントに熱狂し、そしてファンが誇りと笑顔でもってスタジアムを後にすることができるようにしたのだ。


だから私の中で再び美しかったクロップ時代の記憶がよみがえってきた。






以上です。

ここ最近の大量得点差での勝利は非常に爽快で、そういう意味ではクロップ時代を思い出させるかもしれません。

ただクロップ時代よりも今の方がもっと落ち着いている感じがします。クロップ時代はとにかくガス切れを起こしてしまうんじゃないかというスリルが常にありましたし、実際にそうなった試合もあったのですが、そういう感じは今はありませんね。

最近は守備が安定し、序盤とくらべて見違えるほど攻撃も機能してきたので、非常に良いですね。とにかく前半で苦労して点が取れなくても、今なら後半でなんとかなりそうだ、と本当に思えるようになってきたのが嬉しいです。これによって見ている側も大部心理的に楽になりました。



[ 2018/10/26 19:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(15)
ディアロ、ヴィツェルの補強とアカンジ、ザガドゥの成長で守備は安定しましたね。
控えにもトプラクが居ますし、層が厚く見えます(笑)

心配なのはヴァイグルですかね…
[ 2018/10/26 19:30 ] [ 編集 ]
あの時のサッカーはイケイケの猪突猛進という感じですよね。
今は経験ある選手と若手のバランスが良く、エネルギッシュかつコントロールする力があります。
でないとCLも勝ち抜けないですし。
明日のヘルタ戦はゲレイロをSHのスタメンで見れそうですかね。
チームが機能し始めると、駒が多彩で豪華だと感じるようになりますね。
チームをこういう状態に持っていける監督こそ名将なのだなと感じます。
香川も早くチームの中に入っていけるよう頑張って欲しいですし、出番が与えられたらしっかり活躍して欲しいですね。
攻撃の選手はみんなゴールを決めてますから。
[ 2018/10/26 19:35 ] [ 編集 ]
あの時のサッカーはイケイケの猪突猛進という感じですよね。
今は経験ある選手と若手のバランスが良く、エネルギッシュかつコントロールする力があります。
でないとCLも勝ち抜けないですし。
明日のヘルタ戦はゲレイロをSHのスタメンで見れそうですかね。
チームが機能し始めると、駒が多彩で豪華だと感じるようになりますね。
チームをこういう状態に持っていける監督こそ名将なのだなと感じます。
香川も早くチームの中に入っていけるよう頑張って欲しいですし、出番が与えられたらしっかり活躍して欲しいですね。
攻撃の選手はみんなゴールを決めてますから。
[ 2018/10/26 19:36 ] [ 編集 ]
クロップの時と似ている?
それはないよ笑
最初に優勝した時はブッチギリ。二度目の時は28戦だか29戦無敗。やめた年のシーズンだって後半戦負けは一つか二つだよ。
今はたかだか12か13負けてないだけ。順位的にもすぐ下とはそれほど離れてはいない。
ゲーム内容も雲泥の差がある。今はゴール前に簡単に押し込まれてビュルキは大忙しだけど、あの時はバイデン兄貴はヒマそうにしていたよ。ボールタッチが数回なんて当たり前だった。
まぁ今のチームは、ここ2試合ボランチのやり方変えたからなんとかかんとか持ってるけど、アトレチコ戦はバーに助けられもした。オマケにディレイニーが散々振り回されて脚おかしくしてピッチの外に出てる時はロイスをボランチでやらしてた。こういうなりふり構わないのは勘弁してほしいよ。まだ11月にもならないのに余裕なさすぎ。
勝ってホルホルもいいけど、すぐ下の順位にいるクラブ見てみろと言いたいね。特に、長谷部や大迫のところ、メングラは今のドルより良いゲームしているよ。特に長谷部のとこはフォワード2人が大ブレイク中。長谷部がいなかったうちに当たっといてラッキーだった。
[ 2018/10/26 19:45 ] [ 編集 ]
ブンデスもだけどCLも期待しちゃいますね。
香川には移籍して欲しくない。
2012-13シーズンみたいに出て行った年にドルトムントがCL決勝まで進んだら悔しいじゃないですか。
2回もそうなったらね…
やっぱりタイトル狙える厳しいチームで頑張らないと。
[ 2018/10/26 20:32 ] [ 編集 ]
クロップ時代の2連覇の感動は忘れられないですね。選手もだけど何よりクロップの魅力が凄かったんで、よりチームが一つになってる気がしたものです。素晴らしいチームでした。
[ 2018/10/26 21:09 ] [ 編集 ]
勘違いしたのが湧いてますね。クロップ時代はたしかに強かったが就任1年目からここまで良かった訳ではないし、ヴァイデンフェラーが暇だったなんてこともない。年に2〜3回あるかどうかの完勝試合を基準に観るのではなくしっかりと1試合1試合観るべき。ディレイニーがどうしてピッチ外に出たのかもわかってないし、負傷者の出たタイミングでカバーをするのがなりふり構わず?どんなサッカー観をしているのか。それから順位もそれほど離れていないって点。シーズン折り返しにもなってないうちから勝ち点が10も20も開くわけないでしょう。算数も学んで欲しいです。
[ 2018/10/26 22:32 ] [ 編集 ]
比べちゃダメでしょ。
本物の名称クロップ自身が今でも「連覇時代のメンツで4年やれたら1度はCL優勝できたはず」と言えるほどのチームだったのだから。
[ 2018/10/27 00:26 ] [ 編集 ]
先制点取られ相手に守られる展開になるとダメかもね
レヴァークーゼン戦は相手が後半も攻めてくれたから逆転できたけど

現状の勝ち点に不満はないけど、BVBなのかボルシアMGなのか判らんチームになってるのが不満ちゃー不満
ヴァイグルも香川も冬には出て行くんかね
[ 2018/10/27 01:42 ] [ 編集 ]
見てて楽しいですよねえ今季 新加入選手も躍動してて新鮮です
そういう意味ではクロップ時代に似てますね
[ 2018/10/27 07:31 ] [ 編集 ]
どちらかといえば今の成績には満足してますが、ここ数年のパターンであった途中から躓いて…。てのにならないようにって祈ってる自分もいます(笑)
何にせよ香川選手には早く体調が良くなってもらわないと、またロイスが休みなしとかで怪我とかしたら…。
[ 2018/10/27 08:25 ] [ 編集 ]
01:42さんと同じかな?
そういう意味ではクロップの時とは違うかな?うーん巧く表現出来ないけど、やっぱりクロップのキャラがあったからなのか、
あのイケイケ感が好きだったものとしてはですけど、あの二連覇した時のメンバーでCL優勝かあ。ファンとしてはかなえて欲しかったですけどね。今と比べる事はできないかなあ
ヴァイグルはなんかもったいないですね。香川もロイスが怪我した時の為の存在ではね〜もったいないなあ。まあ今は怪我してコンディション上がっていないのですけど
[ 2018/10/27 21:47 ] [ 編集 ]
いや、個人の実力の部分が大半だろ
確かに点は取れてるけどチームプレーって感じがしないし後半戦にかけて負けそう
[ 2018/10/28 00:34 ] [ 編集 ]
試合に出られなかったら出ていくしかない。ベンチに入れない今、もう選手生活を無駄に過ごす時間はないのだから。ロイスの代わりならゲッツェか誰かがやるでしょうし仮にロイスの控えとしてもその為だけの存在ではないです。スペイン紙のインタビューに答えたりしてるのを見ると移籍する気だと思います。
[ 2018/10/28 01:30 ] [ 編集 ]
22;32 
クロップ監督の初期のころは日本では放映なかったのにどうして知ってるのでしょう?
それに優勝時の失点はほぼ20~25失点でクリーンシート試合ばかりでしたからキーパーの1試合当たりのボールタッチが数回だったのは完勝試合でなくとも何回もありました
他のレスをDisるのに嘘つかれてもね
[ 2018/10/28 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。