ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン、コヴァチ監督!どうしてドルトムントのようにプレーできないのか説明!《ドイツの反応》

【ビルト】

kovac.jpg


バイエルン監督、どうしてドルトムントのようなサッカーができないか説明する。


ブンデスリーガでは世界がひっくり返っている。バイエルンがすでに危機的状況を経験し、9試合が終わった時点で4位に位置している。それに対してボルシア・ドルトムントはゴールの花火が見事に点火し、現在リーガ首位だ。コヴァチは金曜日の記者会見でどうしてあまりゴールできないのか語っている。

スポンサーリンク



コヴァチ:“誰でもたくさんゴールをしたいものだ。だけど、物事をきちんと整理してみなければいけないね。バイエルンと対戦するチームは特に守備において、他のチームと対戦するときとは違った用意をしているね。だから難しいよ。一度の攻撃で20人から30人は相手をかわさなければいけないからね。”

“10人交わしたらそれで終わりじゃないんだ。2,3人相手をかわしたら、また同じ相手をかわさなければならないなんだ。本当に大きなバリケードだよ。”



コヴァチはさらに続ける。


“もちろん優勝チームとしては今の順位には満足していない。BVBには現在4ポイント差をつけられているし、彼らは現時点でものすごいプレーをしているよ。”




以上です。


バイエルンがドルトムントのように点がとれないのは、対戦相手がより守備に特化した戦術をとっているから、という事ですが、今シーズンからそうなったわけではありませんけどね。ここ数年ブンデスリーガの下位チームはとにかくドン引きサッカーを続けていましたから。

ただドルトムントの対戦相手もこれからさらに引いてくる可能性もあるので、そうなった時にどうなるかですね。ただ今シーズンはむやみやたらに後ろが上がってはいないので、意外とやられることはないかもしれません。



[ 2018/10/27 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
コバチがバイエルンの選手達にリスペクトされない理由の一部がわかった気がします。相手が守りに入るなんて事、何処のメガクラブだって同じ事。なんか今更そんな言い訳言うのが、バイエルンの監督としては相応しくない。そこをどうするかを提案できて無いんだなと…
[ 2018/10/27 07:56 ] [ 編集 ]
4ポイント差で危機感を感じてるバイエルン、やはりビッグクラブですね。
[ 2018/10/27 08:12 ] [ 編集 ]
バイエルンの場合は選手のモチベーションの問題も大きい気がします。監督は新しくても選手はタイトルに慣れてるので同じ方向を向けないのではないでしょうか。今季は難しそうですね。そしてそういう年にドルトムントが絶好調なのは巡り合わせなのかな。但し他にも好調なクラブはあるし過密日程になるドルトムントにとって対策もされてくる後半戦が勝負ですね。
[ 2018/10/27 10:33 ] [ 編集 ]
 下位チームは当然として、ブンデス全体で攻撃に人数をかけないチームが多い。まぁでも、その状況を生み出したのがバイエルンだと思いますけどね。
[ 2018/10/27 11:51 ] [ 編集 ]
今までそういったドン引き指示してた奴がドン引きされて困ってるんでしょ
まー経験だよね
[ 2018/10/28 13:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。