ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVBグロースクロイツ!ゲッツェとファヴレについて語る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

gro.jpg


グロースクロイツ、ファヴレ、BVB、ゲッツェについて語る!


ケヴィン・グロースクロイツが口を開いた。この元ドルトムントのスターはインタbyふーで、現在のドルトムントの状況について口を開き、マリオゲッツェを擁護している。


ケヴィン・グロースクロイツは現在は3部のユアディンゲンでプレーしているものの、この2014年のワールドカップ優勝者はいまだに大のドルトムントファンだ。


スポンサーリンク



彼はSport1のインタビューにおいてー、現在のドルトムントの状況について語っている。


“個人技に優れた選手もいるし、優れた才能もいる。だから試合を見るのは本当に楽しいよ。若い選手たちが爆発する姿をみるのはね。”とこの30歳は語っている。



現在グロースクロイツが所属するユアディンゲンは3位に位置しており、このままいけば2部昇格もあり得る。BVBはライバルに4ポイント差をつけての首位だ。グロースクロイツにとっては素晴らしい状況だ。


グロースクロイツは4:0で勝利したアトレティコ戦に対しては、“妻と娘と一緒に見たけれど、ただただ楽しんだよ。素晴らしい試合だね。僕を感動させたのは、ゴールまでのプレーだ。この点差での勝利に相応しかったよ。”と語っている。


BVBはファヴレ監督の下で定期的にこのような試合を見せているが、“監督の役割が大きいね。彼が素晴らしい監督であることに疑いはないよ。”とグロースクロイツは語っている。


また今シーズン初めてフル出場を果たしたマリオ・ゲッツェについては、“彼は素晴らしい選手であり、素晴らしい人間だよ。彼はゴールでドイツをワールドカップ優勝に導いたんだ。でも今度彼が調子が悪くなっても、そっとしておいてくれるように願っているよ。”と語った。





以上です。

グロースクロイツ、相変わらずドルトムントの試合は見ているようですね。最近は地方リーグでの助監督も務めるようになったグロースクロイツですが、彼はいまだにメディアでの露出が多いので、今後どのようなキャリアを歩んでいくのか興味があります。

[ 2018/10/27 12:10 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(5)
 インスタグラムに自撮りをアップしてばかりいる自分大好きちゃんな選手と違って、グロクロは仲間やチームに愛情を注ぐ人間的な魅力に溢れた人物ですから、案外監督に向いてるかもしれません。
[ 2018/10/27 12:58 ] [ 編集 ]
ファブレ監督っていつも1年目はすごい結果出しますよね、2年目からが微妙なので1年目の今季に優勝狙ってほしいです
香川選手はポジション争ってるのがドイツ代表ですし、仮にゲッツェに勝ってロイスの控えになったとしても、半分くらいの自国サポーターは面白くないでしょう
それを思うと香川選手本人の心の中が心配です、もう前のようにスタン奪う自信はあるとか言ってられないでしょう、良いところに移籍できてサッカーのみに打ち込めるめることを個人的には希望しています
[ 2018/10/27 17:44 ] [ 編集 ]
グロクロこそずっとドルにいたかったんだろうなと思うと少し切ないですね。
[ 2018/10/27 22:13 ] [ 編集 ]
頑張れゲッツェ。
みんなが愛して止まないんですよ、彼を。
[ 2018/10/27 22:50 ] [ 編集 ]
グロクロさんの監督姿を想像すると奇抜な監督になりそうと思ってしまう
今のフロントじゃ無理だろから、50+1ルールが無くなり、外資がBVBを取得したら監督やって欲しいですね
[ 2018/10/28 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。