ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッド!後任監督にコンテかモウリーニョ?キーパー、クルトワは絶句!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】
cort.jpg



“まったく理解不能!”


コンテかモウリーニョがレアルに?


クルトワは絶句!



まだレアル・マドリッドの監督はロペテギのままだが、それでもすでに後任が噂されている。その噂に挙がっているのが、元チェルシーのアントニオ・コンテとホセ・モウリーニョだ。しかしこれはあるレアルの選手にとっては受け入れがたい名前のようだ。その選手とはクルトワだ。

スポンサーリンク



“El Pais”が報じたところによると、ロペテギはすでに解任間近とのことだ。すでにそのことはレアル・控室でも話題になっているようだが、後任候補の名前を聞いたクルトワはまったく喜ばなかったとのことである。同紙は、クルトワの“まったく理解できない。ここでは僕だけがコンテとモウリーニョの下で働いている。僕はもう働きたくなかったからロンドンから出て行ったんだ。でも今はコンテが来ないならモウリーニョが来るって言うんだから・・・”という言葉を引用している。



このベルギー代表選手は2011年からチェルシーでプレーしていた。彼は最初の3年間はアトレティコにローンで移籍し、その後モウリーニョが彼を買い戻していた。クルトワは最終的にはチェフとのポジション争いに勝利したが、どうやらこの二人の監督にあまり良い思い出はないようだ。


このキーパーはレアル移籍を強要していたことが理由でコンテとの関係が悪化したとされている。


そのため“El Pais”によるとクルトワは後任監督としてロベルト・マルティネスを勧めたとのことだ。マルティネスはベルギー代表を率いてワールドカップで3位まで勝ち進んだ。





以上です。

まだ監督も解任になっていないのに、選手がここまであからさまに後任監督についてコメントするのも珍しいですね。まああくまで発言はスペイン紙が引用したと物、とのことなので、どこまで本当かは分かりませんが、ロペテギの解任はほぼ確実な感じでしょうか。


[ 2018/10/27 18:59 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
 スペインサッカー協会から強奪するような強行手段でロペテギを監督にしたのに、戦績が悪いとはいえもう解任事案ですか。強奪しなくても他にいくらでも優秀な監督がいたと思うのですけどねぇ。

 自分はレアルのCL4連覇を望んでいないので、よしよしです。そろそろ新しい王者が欲しいところだ。
[ 2018/10/27 20:20 ] [ 編集 ]
口開けば余計な事言ってるよなこの選手
自業自得じゃない?
[ 2018/10/28 00:55 ] [ 編集 ]
ででーんクルトワ、アウトー
[ 2018/10/28 01:19 ] [ 編集 ]
クルトワ選手がというよりコンテ氏やモウリーニョ氏よりマルティネス氏のが良い選択かもしれませんね。
[ 2018/10/28 05:58 ] [ 編集 ]
チェルシーはむしろ追い出せて良かったんじゃ無い?
こういう選手は士気を下げる
[ 2018/10/28 09:26 ] [ 編集 ]
死ぬ程嫌いな上司から逃げて転職したら、その上司が同じ所に転職してきた様な物ですね。
僕なら、世を呪う様な気持ちになりますね。
[ 2018/10/28 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。