ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト監督ヒュッター!ニュルンベルクの久保を絶賛!《ドイツの反応》

【フスバール・ニュース】


kubo4.jpg

ヒュッター!久保を絶賛!


久保裕也の獲得はこの夏のFCニュルンベルクの補強の中で、もっとも期待されていた。しかしこの日本人はまだその期待に応えていない。彼は日曜日に、元監督のアディ・ヒュッターが率いるフランクフルトと対戦するが、そこで結び目がほどけるだろうか?



FCニュルンベルクはアイントラハト戦を前に、多くの負傷者を抱えている。トップストライカーのイシャークとミッドフィルダーのレーヴェンの欠場はほぼ決まっている。そのため久保裕也の出場はほぼ確実だ。この日本人はシーズン序盤ではスタメンだったが、最近のホッフェンハイム戦では途中からの出場となっている。この24歳はまだ期待された活躍が出来ておらず、まだノーゴール、ノーアシストだ。


スポンサーリンク



アイントラハトの監督、アディ・ヒュッターはそれでも久保を大いにリスペクトしている。彼らは2015年の7月から2017年の1月までヤング・ボーイズ・ベルンで一緒に仕事をしていたのだ。久保はそこで61試合に出場し。23ゴール7アシストを記録していた。そしてヒュッター監督は彼のクオリティーについて、“彼は非常に敏捷で、良く走り、両利きだ。”と絶賛している。


しかしヒュッターは久保がプレーするか、クネルがプレーするかで戦術を変えるつもりはないようだ。ヒュッターは、“ニュルンベルクは我々を相手に対策をとってくるかもしれない。”と予想する。でも彼にとって重要なのは、“勝つために新鮮な選手を起用すること”のようだ。


試合はこれまで5連勝しているアイントラハトが優位とみられている。しかしニュルンベルクはホームではアウェーよりも強い。ニュルンベルクが獲得した8ポイントのうち7ポイントはホームで獲得したものだ。




以上です。

この試合では久保選手と長谷部選手が先発でプレーしていますが、久保選手は78分のニュルンベルクの先制点の起点となったようですね。試合は1:1で引き分けとなっています。

久保選手の今後の活躍に期待したいですね。





[ 2018/10/29 10:37 ] 久保 | TB(-) | CM(2)
シュートが上手くて好きです。
代表でもゴールに近い中央で見たいですね。
世代的に中島らとの息もピッタリなので真価を発揮できると思います。
[ 2018/10/29 11:12 ] [ 編集 ]
久保がヤングボーイズに移籍した時に獲得を決めたGMは解任されてて
ヒュッターも当初は戦力の勘定には入れてなかった。
そこからレギュラー獲得して移籍金を置いてゲントに移籍と一歩ずつ
ステップアップしてる久保は本当に凄いなと思う。
いつか目標のセリエAに移籍出来るといいなぁ。
[ 2018/10/30 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。