ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

M・ユナイテッド、ポグバ!モウリーニョについて発言することを禁止される!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

pogba3.jpg


スーパースターに緘口令!


ポグバ、モウリーニョについて語る事を禁止される!



マンチェスター・ユナイテッドの監督、モウリーニョとスーパー・スター、ポグバの争いが新たな章に突入した。


マンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグでユベントスと対戦し、ホームで0:1で敗れているが、その試合後、ポグバに緘口令が敷かれたようだ。


スポンサーリンク



“僕はもうそれについて話をすることができないんだ。本当は話したいんだけれど、彼らが、僕が話をすることを禁止してしまったんだ。”とミラー紙がポクバの発言を報じている。


しかしポグバはこの禁止令が幹部からでたものなのか、モウリーニョから出たものなのかについては明かさなかった。


最近ではこの二人はトレーニングで衝突している。そのきっかけとなったのは、ポグバがインスタグラムに投降したビデオだ。そのビデオはスタジアムの観客席で撮影されたもので、そこにはポグバとチームメートのペレイラ、そしてルーク・ショーが、ふざけている姿が映し出されている。ユナイテッドはリーグカップで2部のダービー・カウンティと対戦し敗れている。それがモウリーニョの癪に障ったようだ。


ポクバ、イタリアに逃げるだろうか?



すでにイタリアではユベントスがポグバの復帰を目指して動いているとされている。“トゥットスポルト“の報道によると、ユベントスは冬にでもポグバをローンで獲得したいようだ。そして夏に8000万ユーロで獲得するつもりだとのことである。


しかしマンチェスター・ユナイテッドがこの取引に応じるかどうかは疑問だ。ユナイテッドは2016年にポグバを1億500万ユーロで獲得していた。





以上です。


アメリカで放映されているサッカーアニメシリーズ“ザ・チャンピオンズ”では、モウリーニョはずいぶんネタ化されていますね。最新シリーズのエピソード5では、クロップとグアルディオラが争っているところに割って入って、「俺こそがお前たちのライバルだ!」と叫んでいましたが・・。

実際なにが起こっているのか分かりませんが、モウリーニョが選手を全く統率できていない印象が残りますね。こういうのを放置していると、ユナイテッドの権威がどんどん落ちてしまいますね。

かつてのユナイテッドは、選手ではなくクラブこそが最大であることがはっきりとしていましたが・・。



[ 2018/10/29 13:55 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
 ファーガソンがいたらポグバのUTD復帰は無かった可能性が高いし、ポグバの規律を乱すような行いに対してもっと厳しく対応されただろう。
[ 2018/10/29 14:41 ] [ 編集 ]
偉大なのはマンUではなくファーガソン
その遺産を1代で根こそぎ捨て去ったのがモイーズ

今は看板と高価な商品が並ぶ寂れた百貨店状態
[ 2018/10/29 15:11 ] [ 編集 ]
ネタみたいな事ばかりしてるからしかたないですよ
マティッチ最終ライン下げて中盤入れるとかいくらでも攻撃的にできるのに、攻撃的な選手の替えがいないから交代しないとか発言したり謎が多すぎる
[ 2018/10/29 15:25 ] [ 編集 ]
ユナイテッドはポグバがいなくなったら終わりでしょうし、ユベントスはポグバ加入で欧州チャンピオン確実になるのでは。
[ 2018/10/29 16:06 ] [ 編集 ]
ライオラ案件とはいえ、ファーガソンが手放したくらいですしね
そこそこ良い選手がチームの益になるとは限りませんね
[ 2018/10/29 19:30 ] [ 編集 ]
ユナイテッドにくると選手がピノキオになるのは何ででしょうね、守備的な試合に選手は反発しますよね。チェルシーの選手もそうでした。
ユナイテッドの場合は監督だけが原因じゃないですね、モウリーニョを代えても無駄だと思います。もう何人目でしょうか、監督だけじゃないですよ。
[ 2018/10/30 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。