ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGトゥヘル!「こんなのは嫌いだし、心配になる!」ムバッペ遅刻で懲罰を与える!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

tuchel8.jpg

“こんなのは嫌いだ!”

PSGで騒動!トゥヘル、ムバッペとラビオに懲罰を与える!



11戦11勝!トーマス・トゥヘルにとってフランスのリーグ1ではすべてがうまくいっている。しかしフランスメディアが伝えたところによると、マルセイユに2:0で勝利した試合の前にネガティブな話題があったようだ。キリヤン・ムバッペとアドリアン・ラビオが懲罰を受けたのだ。


試合では両者ともにスタメンでプレーする事がなかった。トゥヘルは試合後にその原因について語っている。“試合前に起こった、選手の規律に関する問題だ。”どうやら選手たちは遅刻したようだ。


スポンサーリンク



トゥヘルは、フランスメディアにも選手たちにもその上機嫌が評価されたいた。しかし“Le Parisien”が報じたところによると、この時の彼は“疲れた声で笑顔もなかった”とのことだ。


トゥヘルは“これは損害だね。キリヤンやアドリアンなしでプレーはしたくいないんだけれど、こうするしかなかった。ほんとうにこんな事は嫌いだよ。とても悲しいし心配になるね。”


“Canal+”が報じたところによると、これは初めての事ではないようだ。トゥヘルはどうやら自分の権威を強化し、さらに規律を強固しようとしているようだ。その背景としてはチャンピオンズリーグ敗退の危機にある事が挙げられる。


ムバッペは62分からプレーし、ラビオも79分からプレーしている。ムバッペは出場してから4分で1:0となるゴールをあげている。そしてアディショナルタイムにユリアン・ドラクスラーが追加点を挙げて試合を決めている。

 


以上です。


ムバッペも遅刻ですか。これはほっておくわけにもいかないですから、このような措置はしょうがないですね。オバメヤンの場合はそれで関係がこじれたことはなかったですが、それで行動が改善したとは言えませんでした・・・。ムバッペは国民的なスターになっていますが、今後どうなるでしょうね。今後ますますディーヴァのようになってしまうのでしょうか・・。

ディーヴァとは本来は女性オペラ歌手のプリマドンナを形容する言葉でしたが、「自分がスターであることを認識してわがままに振る舞う」という意味でつかわれることが多いです。





[ 2018/10/29 17:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
 トゥヘル監督はもしかしたらエゴの強い選手達に苦労するかもなと思っていましたが、本当にそうなってしまった。スター選手には甘めな人ですので、ナメられてしまったのかもしれない。監督業は難しいですね。
[ 2018/10/29 19:22 ] [ 編集 ]
ムバッペはネイマールから悪影響受けすぎ
ムバッペorネイマールのどちらかは放出した方がチームにとってはプラスだと思う
[ 2018/10/29 20:55 ] [ 編集 ]
ディーヴァのこと、初めて知りました!
[ 2018/10/29 22:26 ] [ 編集 ]
シウバ、キンペンベ、カバーニ不在の状況でこれはトゥヘルも相当参ったんじゃないですかね。勝ったからいいもののかなり無茶なスカッドでした。だからといって許すわけにもいかないですし...
パリは中盤に関しては主力が抜けた途端に他のポジションの選手で代用しなきゃいけないくらい選手層が薄いのでなんとかしたほうがいいんじゃないですかね。前線はあんな豪華なのに...
[ 2018/10/30 00:01 ] [ 編集 ]
許してはいけないと言いながら、結局はムバッペを途中出場させ、彼のゴールのおかげで勝てたのですから、反省させることなどできませんよ。トゥヘルは過大評価されているとしか思えない。リーグアンで無双のPSGなら、モイーズでもアラダイスでも国内的には結果を残すでしょう。特にモナコが一流選手を売りまくって底辺に沈んでいるのですから、ライバルのなさはブンデスリーガのさらに下をいく。チャンピオンズリーグで最低でもベスト4に進まなければ、評価に値しない。
[ 2018/10/30 07:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。