ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!日本のサイドアタッカー堂安に興味!スカウトをオランダに派遣!《ドイツの反応》

【Fussballinfo】

Ritsu-Doan-997.jpg


ボルシア・ドルトムント!

日本のサイドアタッカー、堂安律に注目!



BVBのスカウトがオランダで視察


ドルトムントの幹部たちは現在の状況に関係なく、常にさらなる補強に目を光らせている。ここ数年で分かったことだが、ドルトムントはトップクラブのオファーを相手に選手を留めることができていない。現在ではクリスティアン・プリシチがその対象にあり、さらにジェイドン・サンチョにもプレミア・リーグからのオファーが来るとみられている。

スポンサーリンク



そのため常にその代わりとなる選手を探していることは良いことだろう。その対象となりうるのがFCグロニンゲンでプレーする20歳の日本人、堂安律だ。オランダのメディアが伝えたところによると、ドルトムントのスカウトが彼を視察したとのことだ。


しかしこれは決して偶然ではない。なぜなら堂安は昨シーズン9ゴール4アシストを挙げて注目を集めたからだ。9月には彼は日本代表デビューを飾っている。しかし今シーズンはまだ9試合で1ゴール1アシストとそれほど力強さは目立っていない。




以上です。

堂安選手はこの間マンチェスター・シティとも噂になっていましたが、今度はドルトムントの名前が出てきましたね。その前にはレヴァークーゼンの名前も挙がっていましたし。
毎回言っていますが、そろそろ若い選手にドイツに来てほしいです。かつては毎週10人以上プレーしてたシーズンもありましたが今ではずいぶん減ってしまいました・・・。
[ 2018/10/30 19:30 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(9)
ドイツメディアじゃなくてオランダメディアなんですか
サンチョはプリシッチのどちらかが冬に出て行くってことなんですかね
[ 2018/10/30 20:23 ] [ 編集 ]
ドルトムントは成長できずに売られるイメージが付いてきちゃってるのが、まずいですね
[ 2018/10/30 21:45 ] [ 編集 ]
堂安がどうのってより、これ以上サイドアタッカー取ってどうすんだよw
サイドアタッカーだけで10人くらいになるんじゃね?
[ 2018/10/30 22:08 ] [ 編集 ]
中島の次は堂安か。って事より補強はそこじゃないって何年も言ってる気がする。サンチョ売るならフィリップをサイドに戻して。
[ 2018/10/30 23:02 ] [ 編集 ]
ドルはなぁ
サイドアタッカーのドリブラーに好きにやらせて成長もさせないってイメージしか無いわ
まぁそのやり方で上のクラブに何人か高値で売ってるからドルとしてはそれで良いんだろうけどさ
[ 2018/10/30 23:09 ] [ 編集 ]
ドルトムントは
サイドアタッカーのドリブラーに好きにやらせて成長もさせないってイメージしか無いわ
まぁそのやり方で上のクラブに何人か高値で売ってるからドルとしてはそれで良いんだろうけどさ
[ 2018/10/30 23:09 ] [ 編集 ]
香川、岡崎、乾、清武、長谷部、内田、細貝、酒井宏、酒井高……ほんと、一線級がいっぱい在籍してましたよね
ブンデスだけで代表組めそうなくらいにw
[ 2018/10/30 23:33 ] [ 編集 ]
日本代表を見ても2列目は明確な世代交代ですもんね。
若手の能力が凄いです。
[ 2018/10/31 12:27 ] [ 編集 ]
他のコメントと違いドルはビッククラブに到達するために最適なクラブだと思ってます
毎年CL出れて金さえたせばどんな中心選手も移籍させてくれる
しかも若手のスタメン起用も多い
こんなにステップアップにいいクラブ他にないでしょ
[ 2018/10/31 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。