ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハメス・ロドリゲス!バイエルンにプレッシャーをかけ決断を迫る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

james.jpg

ハメス、バイエルンにプレッシャーをかける!
ユベントスとプレミアリーグが興味か?


ハメス・ロドリゲスと彼の代理人がFCバイエルンに話し合いを要求したようだ。どうやらこのコロンビア人には多くのオファーが届いているようだ。しかしすべての糸を操っているのはバイエルンだ。

スポンサーリンク



ハメス・ロドリゲスをめぐるポーカーはどうやら始まっているようだ。すでにスポーツビルトも報じているが、今シーズン末までレアル・マドリッドからローンで移籍しているロドリゲスは、FCバイエルンに将来に関する最終的な話し合いを要求したとのことである。バイエルンはすでにハメス・ロドリゲスを買い取る意思があることを口にしていた。


“我々はもう一年ローンで契約している。そして4200万ユーロの買取オプションだ。現時点では、それを行使するのは確かだね。”とカール・ハインツ・ルンメニゲは7月に述べていた。


“我々は彼がいてくれて本当にハッピーだし、彼はこれからも長い間ここでプレーすると思うね。”と続けている。


しかしハメスの今の見方はどうだろうか?最近ではこのスーパー・スターとニコ・コヴァチ監督との関係が悪化しているとみられている。最近では監督がハメスのパフォーマンスを褒めたにも関わらず。


スポーツビルトの情報によると、ロドリゲスとその代理人のホルヘ・メンデスにとっては残留は決して当然のことではないとのことだ。同紙によると。ハメスは冬に移籍する可能性もあるとのことである。すでにユベントスやプレミアリーグから巨額のオファーが届いているとのことだ。


しかしバイエルンは、ハメスのこうした発言にあわてる必要はない。バイエルンはすでに買取オプションを取り付けており、すべてはバイエルンの手中にある。


昨年夏にはロベルト・レヴァンドフスキーが移籍を強要したが、彼は移籍を許されなかった。





以上です。

ハメスの代理人はコヴァチに代わってからだいぶ動いているようですね。出場機会が減って幹部に不満を言ったのは、この代理人だとされています。

代理人は騒ぐだけ騒いで移籍をしやすくしようとしているかもしれないですね。

[ 2018/10/30 21:09 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
メンデスって時点でお察しですよね。
クロース、ロイス、(元)ゲッツェの代理人よりさらに大物代理人ですから
[ 2018/10/31 02:53 ] [ 編集 ]
ユーベへの移籍を勧めているとの記事が出てきたけど
ユーベはハメスとるならポグバとるだろうしないだろうな
[ 2018/10/31 09:07 ] [ 編集 ]
ハメスには言う権利がありますよね。
他クラブからモテモテで、バイエルンでも抜けている選手。
無能監督のせいでチームが酷い状態な上に、ハメスまで出て行かれるような事になれば最悪最低でしょう。
[ 2018/10/31 14:57 ] [ 編集 ]
正直、W杯ではサッパリだったから、交代で出て来たときは嬉しかったわ。
日本代表も楽そうだったし。

クラブでは上手くいってんのね、この人。
[ 2018/10/31 23:11 ] [ 編集 ]
無能監督? ハメスのプレイの方がバイエルンに貢献してないですよ。
口を動かすならもっとレアルレベルのプレイを見せてくれないと。ハメスは代表みても分かりますがポゼッションするクラブには合わないんですよ、バイエルンはコバチが改革中で少しずつ変わって来てますが、自分のプレイを押し通すなら切られるでしょう。ゴレツカ育てた方がドイツの為になりますから。コバチのサッカーはドイツにとても合致してると思います。
ドイツ人にあった強いサッカーを取り戻してくれると思いますね。
[ 2018/11/03 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。