ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョの給料を3倍に!!市場価格は9倍に跳ね上がる!《ドイツの反応》

【ビルト】

sancho7.jpg


ご褒美!
BVB、サンチョの給料を3倍に!

この宝石はBVBの将来だ!

ジェイドン・サンチョは今シーズンブレイクしたが、彼はドリブルと素早い走りで相手をふらふらにさせている。

そしてそのご褒美:10月に彼の契約は2022年まで延長されたが、給料も上がったようだ。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると、このイングランド人の年俸は3倍上がって300万ユーロになったとのことだ。

しかし、この選手のクオリティーを考えれば、これでもお買い得だ。ドルトムントはサンチョのおかげでリーガ首位に立っている。


サンチョは今シーズン13試合に出場し5ゴール8アシストを決めている。それどころか彼はリーガ9試合を終えてアシスト王になっている。これはヨーロッパでも一番だ。


彼のこの爆発的な活躍によって市場価格も500万ユーロから一気に4500万ユーロに値上がりしている。こちらは9倍だ。


サンチョが、第2のデンベレーとなって1億ユーロで移籍する可能性もあるだろう。


しかし現時点でドルトムントはそのことは考えていないようだ。ミヒャエル・ツォルクはスポーツビルトに対して、“私はジェイドンが、しばらくはここでプレーすると確信しているよ。”と語っている。



水曜日のポカール、ウニオン・ベルリン戦では次なるショーが待たれる。





以上です。

サンチョの活躍は本当にすごいですよね。それにはロイスの好調もかなり大きく関係していると思います。

年俸が300万ユーロになったのはもちろんすごいですが、むしろすでにこの若さで100万ユーロももらっていた事に驚きました。

ドルトムントはここ数年は本当にワールドクラスになれそうな若手を獲得していますね。みんなが成功するわけではありませんが・・。

今シーズン後にはサンチョかプリシチ、そのあたりがどうするか注目ですね。

[ 2018/10/31 17:45 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
最近のサンチョの活躍はプリシッチが霞んでしまうほど。
プリシッチはトゥヘル時代は良かったですが、ここ1年ぐらいはあまり成長が見られないので
早めに売ったほうがいいかもしれません。
サンチョはまだまだ伸びると思うのであと数年はドルトムントにいてほしいですけどね。
[ 2018/10/31 18:19 ] [ 編集 ]
サンチョは実力がまずあり、性格も明るく素直で、シャヒンやゲッツエ、もちろんロイスをたてる発言もしていて可愛げがあるやつとしてドイツ人選手からも好かれていそうなので、クラブとしても様子見でしょう。そしてその可愛げも、素直さもプレーに現れているので、ドルトムント向きの選手でしょう。逆に今の時点でビッグクラブにすぐ行くと、その性格の良さが仇になるかもしません。彼はドルトムントで実績を積んで自信をつけてからビッグクラブに行った方がいいタイプの選手かもしれません。
プリシッチの方が年齢や実績のせいかもしれませんが、後輩でも烏合しないいい意味でも悪い意味でもプライドの高さを感じます。
[ 2018/10/31 18:26 ] [ 編集 ]
既にプリが1シーズンで稼ぐスコアポイントの倍は稼いでるね。プリは売り時だと思う
[ 2018/10/31 18:28 ] [ 編集 ]
皆がまずトップ下のロイスを見ますからね。
中央の彼を中心にチームが動いてますよ。
信頼感、安心感が物凄いです。
ドイツ代表もロイス中心のチームになっていくでしょう。
サンチョはドルトムントに来て大正解でしたね。
相手を剥がす瞬間のあのスリリングさ。
見ていて本当にワクワクさせてくれる特別な選手です。
[ 2018/10/31 18:28 ] [ 編集 ]
 サンチョはビッククラブで通用する可能性がありますね。私はデンベレよりもサンチョの方がずっと良い選手だと思います。プリシッチは……どうなんでしょうね。
[ 2018/10/31 18:33 ] [ 編集 ]
プレミア帰ったら更に跳ね上がるでしょうね
[ 2018/10/31 18:37 ] [ 編集 ]
サンチョは昨シーズンから一人だけ上手かったですからねぇ
移籍しちゃうんでしょうけど、給料上げて当然ですかね
[ 2018/10/31 19:22 ] [ 編集 ]
それでも300万ユーロですか。
また契約を見直さないと引き止めるのはもう無理そうですね。
プレミアならこれの倍以上、即払うクラブは中位クラブでも可能ですし。
[ 2018/10/31 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。