ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発ドルトムント!ウニオン・ベルリンに勝利!選手採点と寸評!《ドイツの反応》

【レヴィーア・スポーツ】

bvb22.jpg


マルヴィン・ヒッツ 3.5
このスイス人はBVBで公式戦デビューを飾った。全体的には良い印象を残したものの、86分にボールを前に投げたことから失点につながっている。96分にもボールをセーブし、同点をキープした。


ハキミ 3.5
この右サイドが駆け上がるスピードを見るのは大きな喜びだ。しかしそれが実る事はあまりなかった。61分にはダイブでイエローカーロをもらっている。

トプラク 5
負傷後始めてプレーした。守備は手堅かったが、28分にはペナルティ・エリア内でトリンメルに対して軽率なプレーをしている。審判が相手のファールをとったのはラッキーだった。
54分にはヘディングでバックパスを試みるも短すぎて、危険だった。その代わり110分には彼の放ったヘディングがポストに直撃し、もう少しで得点になるところだった。


スポンサーリンク


ザガドゥー 3.5

組み立ては勇敢だったが、危険を犯しすぎた。その結果ボールロストだ。

ダフード 3.5
ボールの扱いはいつものようによかった。彼が左サイドから放ったクロスが先制点につながっている。


ヴァイグル 4.5

これまで補欠だったが、この試合ではいきなりキャプテンだった。鋭いパスで試合をコントロールしようとし、ミスも少なかったが、彼は2度の失点の場面だけでなく、延長に入ってからも守備をおろそかにしている。


プリシチ 1.5
ロイス、サンチョ、ゲッツェがいない中で、彼が試合に勢いを与えていた。先制点をあげたのは、彼のパフォーマンスに相応しく、さらに73分にはフィリップのゴールをアシストしている。さらに120分にはPKを獲得した。


香川 4
ここ最近実戦経験が欠けていることがはっきりと見られた。たくさん動き、ボールを要求していたが、ボールを持ったときに何度も間違った判断をしている。1:0のゴールには絡んでいるが、本来であれば、彼が決めなければなかった。


ヴォルフ 5
この元フランクフルトの選手もローテーションのおかげでスタメン出場した。熱心に走り、守備も頑張っていたが、攻撃はもつれていた。


フィリップ 2.5
今シーズンまだ成功していなかったが、この試合で証明することができた。73分に2:1となるゴールをあげ、82分のシュートはキーパーに阻まれている。120+3分にはもう少しで試合を決めるゴールとなるところだった。


ゲレイロ 3.5
12分からディアロに代わってプレー。彼は52分と59分にシュートを放つも外している。


ロイス 2.5
本来は12分だけプレーする予定だった。116分に放ったシュートはキーパーに阻まれたが、その後120分に冷静にPKを決めている。


ヴィッツェル 3
出場後すぐに存在感を発揮。


サンチョ 2.5
すぐに必要とされていたスピード、ドリブルでもってスペース作ったが、彼のパスを受け取る相手を見つけられなかった。



以上です。

とにかく勝ててよかった、というような試合でしたね。ローテーションは大事ですが、今回のように一気に変えるのでなく、もう少し少人数で頻繁にローテーションしてもらいたいところですね。ポカールは一度負けたら終わりですから、7人変更はちょっと思い切りが良すぎるような気がします。

香川選手の寸評に対してですが、あれはキーパーがライン上でボールを掻き出したのに、どうやって決めるべきだったのか記者に聞いてみたいところではあります。




[ 2018/11/01 07:23 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(36)
勝たなくていい、つか4位にさえなれればいいという妙なお墨付きもらってるからプレーヤー取っ替え引っ替えして競争を煽ってるんでないの?体調優先で使っていけばそこそこ結果はついてくるのは誰が見ても分かることだし。まぁ特別な戦術持ってるわけでもないからそうならざるを得ないね。
とはいえ、先々、何が起きるかわからんのもサッカーではあるよな。
[ 2018/11/01 07:47 ] [ 編集 ]
採点も分析も適当でワロタ
[ 2018/11/01 07:58 ] [ 編集 ]
ロイスとサンチョやプリシッチやフィリップの採点みても攻撃の選手でゴールするかが評価アップのポイントなんでしょうね。
実際監督は9.5番を香川に求めてるんでしょうし。
しかしながら試合にでて積極的な姿勢をみせる事は良いですね、ようやっとスタートラインに立った所。これから出場機会も増えるでしょうから頑張って欲しいですね。
[ 2018/11/01 08:05 ] [ 編集 ]
明確に結果を出していなかったり中盤守備ラインで安定を欠いたスタメン組は不甲斐ないですね
よかったと言えるのは結果を出したプリぐらいで他は採点通りでしょうか
結局ヴィツェルとロイスに頼らないと行けない体たらく
相手いくら好調のチームとはいえ格下なのですから大幅なターンオーバーだとしても延長にされたのはあまりにもお粗末です
試合にある程度出ているメンバーもいましたがロイスがいないだけで大違いですね
交代選手なので当たり前ではありますがアレだけのハードワークをいとわない選手がスタメン組にはいませんでした

香川の決めるべきというのはそもそもキーパーに弾かれずに最初のヘッドでそのまま決めるべきという意味なのではないでしょうか?
あれは詰めていたプリのおかげでゴールになったわけですからね
あとは今日のメンバーの中ではベテランなのですから試合を落ち着かせたり規律を保つ役割をやってほしかったのですが、自分の結果に意識が言っていたようでベテランらしさが見られませんでしたね・・・
[ 2018/11/01 08:30 ] [ 編集 ]
リードしていた状況で主力が交代で入っても、追加点も奪えず追いつかれ、延長に入ってラッキーなPKで、なんとか勝てた試合でしたね。
[ 2018/11/01 08:54 ] [ 編集 ]
試合勘のない選手を一度に入れすぎてるから連携も難しい。公式戦なので例え相手が格下でも本気でやって来る訳で簡単な試合になる訳ないですね。香川も怪我明けで苦労しましたが、トライしようとしていたのは良かったです。やはり試合に出ていないとコンディションは上がらない、例えローテでも試合に出して欲しい。
[ 2018/11/01 10:31 ] [ 編集 ]
怪我明けだしこんなもんでしょ。それなりに頑張ってたと思いますよ。
ブランクがあってもいきなり数字を出すロイスやゲレイロが凄すぎるだけで、そのあたりの一流と比べるのはさすがに酷というもの。
とりあえず昨日は、主力を休ませつつ勝ちきったことが重要。
香川選手もカップ戦では今後も出番がありそうですし、のんびり復調していければいいですね。
[ 2018/11/01 10:36 ] [ 編集 ]
この記者はツイの壁紙をゲッツェにしてるくらいだから笑
[ 2018/11/01 11:26 ] [ 編集 ]
確かに香川のヘディングのシーン、相手キーパーの反応凄かったですね。ただ、全体的に低調だった感は否めないです。試合勘が必要なのは間違っていないと思います
[ 2018/11/01 13:30 ] [ 編集 ]
ドイツ人てひたすらドリブルするやつの評価高いよね。プリとサンチョじゃドリブル後の判断がプロと小学生レベルで違う
[ 2018/11/01 14:25 ] [ 編集 ]
 香川のヘディングシュートはライン上の難しいところに落としましたから、GKがよく反応したと考えるべきかな。

 個人的にはサンチョとロイスのどちらかは完全休養にすべきだったと思います。もっと選手達を信用してあげないと戦略的に有効なターンオーバーなんて出来ません。
[ 2018/11/01 14:47 ] [ 編集 ]
香川選手は、いくらチームのためにスーパーな動きをしてもそれに見合うだけの評価を得られないことから自分のプレーに集中することを課して行きたくなったのだと思いますが、それがドルトムントのニーズとずれてきているのではないでしょうか。その修正をしてパワーアップした姿に期待したいと思います。
[ 2018/11/01 14:52 ] [ 編集 ]
ビッツエルが良かった?
それはない
2点目の同点ゴールになったクロスは体入れていれば防げていた
ロイスもPKいれただけ
今日の選手起用はスタメン交代どちらもほぼダメだった
[ 2018/11/01 15:07 ] [ 編集 ]
ベテランさしさとか何それ?若手だから、ベテランなんてピッチには存在しませんよ。勝手に「自分の」理想を押し付けて、香川が「自分の」理想のプレーをしなかったら批判っていつものパターンですね

お人形さんごっこでもしてるんでしょうか?
[ 2018/11/01 16:24 ] [ 編集 ]
香川がロイスに代わる時には勝っていたので、ファブレは12分で終わらせるつもりだったのに同点にされ延長になってしまった。おかげでサンチョまで出さないといけない羽目になってしまったのが誤算でしたね。過密日程の中、疲労も蓄積してるので怪我人も増えそうで心配です。
[ 2018/11/01 16:27 ] [ 編集 ]
11/01 08:30
その交代した日頃のスタメンが出てから失点したんですが試合見てました?
ロイスも点とったとはいえPKですし不甲斐ないと言われる筋合いがないのは今日のメンツではプリだけでしょう、ロイスもヴィツェル大したプレーはしたないですよ
[ 2018/11/01 17:04 ] [ 編集 ]
相変わらず決めつけ口調で下げ活動、マジでげんなりする。
[ 2018/11/01 17:43 ] [ 編集 ]
香川はw杯前も3ヶ月も試合に出てないから試合感がないだろうと言われ、西野監督も選手生命に関わるから無理はさせられないと言っていたのにパラグアイ戦でいきなりの4得点に絡む大活躍をして開幕からスタメンに返り咲きました、今の香川は試合感どうのと言うよりも気持ちが切れてるというか完全にモチベーションを落としているように思えます

[ 2018/11/01 17:51 ] [ 編集 ]
チームプレーに徹したら積極性がない、積極性見せたらベテランらしくしろ。香川にどうして欲しいわけ。干されててケガ明けで2得点とも香川は絡んでる。言いたかないけどロイスが出てきて失点してんじゃん。ファブレ的にはロイスとヴィツェルで試合を終わらせろって事じゃなかったの。それがいつものスタメンの仕事じゃないの。難癖じゃないですよ。ロイスはホントワールドクラスだよ。今の香川でロイスに勝てる見込みはかなり難しい。でも本人が諦めたら終わりって言ってるんだから応援するだけ。
[ 2018/11/01 17:55 ] [ 編集 ]
2018/11/01 14:52
ドルトムントのニーズって何ですか?
評価とか関係なく自分のプレーに集中というか
アザールに刺激をうけて攻撃のプレイヤーだから
そこを伸ばそうとしてるんだと思います




[ 2018/11/01 18:10 ] [ 編集 ]
ファブレの戦術はトップ下にバランス取る仕事を求めてなさそうですからね。香川も積極的にゴールやアシストを取ろうと意識を変えてると思いますよ。そうしないと生き残れないのは実感してるでしょ。それに開幕の頃はモチベーションも上がってない印象もあったけど今は違うんじゃないですか、移籍するにしても試合に出てアピールする必要はありすからね。
[ 2018/11/01 19:24 ] [ 編集 ]
17:51さん
パラグアイ戦までの状況と今回は全く違うと思います。W杯前は3ヶ月離脱したとはいえチームの全体練習に4/19に復帰し、痛みの再発で数日間練習を休んだものの約3週間後の5/11のホッフェンハイム戦で試合復帰しました。その後個人トレーニングと代表での合宿を経て5/30のガーナ戦、6/9のスイス戦に途中出場し、コンディションを上げてから6/12のパラグアイ戦に先発出場しました。今回は約2週間半離脱したのち10/17に全体練習に復帰し、全体練習復帰からちょうど2週間後の昨日に試合復帰となりました。負傷箇所、種類、程度、離脱期間等の違いがあるのでコンディションは一概に比べられないですが、試合勘を含め昨日の香川のコンディションはホッフェンハイム戦やガーナ戦と比べると良かったと思います。モーチベーションを保つのが難しい状況でしょうが、試合後のインタビューを読むと気持ちは切れていないと思いますよ。
[ 2018/11/01 19:39 ] [ 編集 ]
久しぶりにドルの試合見たけどDFひどすぎだし、このチーム戦術ねーだろ
どいつもこいつもDFの密集地帯に突っ込んで行くだけ
[ 2018/11/01 19:50 ] [ 編集 ]
ローテーションしたので勝てただけで良かったと思いますが
ただディアロ、アカンジの負傷が長いと少し心配
[ 2018/11/01 19:59 ] [ 編集 ]
11/01 08:30さんはコメントの中で浮いている。どうせ香川がどんなプレーしたって粗探して毎度けなすだけだし。
ベテランらしく振る舞えばそれはそれで若手のような積極性がないとか、言いようは幾らでもあって、所詮ああ言えばこう言うの繰り返し。
だからまぁ、どっちみち議論も成立しないだろう。
それにしても、その執念て何故になんだろうかねぇ。
[ 2018/11/01 20:09 ] [ 編集 ]
同じトップ下やっても香川のようにロイスは出来ないし、ロイスのようには香川も出来ない。それで監督が求めているのはロイスのトップ下なら香川にはかなわない。でも今迄香川は監督が変わるたびに最終的に適応して来た。今回はどうするのかな?香川自身のプレイスタイルを追求していくのか?監督の望んでいるプレイをしていくのか?でも香川ならどちらも優先出来そうな?新しい香川真司のスタイルが見れそうな気がとってもしますね。それがドルにいる間の事なのか違うチームでの事になるのかどちらにしても楽しみに応援します。
香川がボール持つとやっぱりワクワクしますからね
[ 2018/11/01 20:24 ] [ 編集 ]
香川はレヴィアスポーツもキッカーも4。
私も4くらいだと思いながら見てましたね。
ちなみに1-1にされた時点でファブレはもうロイスの交代準備をしていましたよ。
[ 2018/11/01 20:42 ] [ 編集 ]
2018/11/01 20:42
だから何?
3の評価してるところもあるけど
どうせならその点も知らせてよ
交代準備がどうだって?
[ 2018/11/02 06:16 ] [ 編集 ]
>ちなみに1-1にされた時点でファブレはもうロイスの交代準備をしていましたよ。

1-1の時点で63分ですからね。私は通常通り60分で交代だと思ってました。香川は後半かなり足にきて足を引きずってましたから。試合前会見でも香川は怪我明けで状態を見て起用を決めると言ってたのでフルでやれる状態ではなかったかと。結局76分まで交代せずギリギリまで引っ張って73分に2点目が取れたので限界にきてた香川を変えたんだと思います。交代が裏目に出て失点は勿体無かったですね。ロイスも大してボールに絡めず明らかな違いは見せられなかったので。
[ 2018/11/02 06:46 ] [ 編集 ]
だからさ〜いつものスタメンでどうにもならなくてサンチョまで引っ張りだしてやっと勝てたでしょって言ってる人達がいるじゃないですか。あんだけTOしてDF陣はケガ人だらけザガドゥも無理してやってたら難しい試合になるのは分かってることだし。交代準備ってさ香川は素人考えでもケガ明けなんだしファブレとしてはその時点で勝ってたんだからお役ご免。ていうかよくスタメンで使ってきたなって感じ。そんでロイスで追加点かそのまま終わらせるのがミッション。そこはどうなのよって事じゃないんですか。ほんと執念だね。香川のネガティブなとこだけは見逃さない戦いだね。
[ 2018/11/02 12:35 ] [ 編集 ]
他人のコメントに喧嘩腰にいちいち噛み付くのはやめた方が良いと思いますよ。
イライラせず落ち着きましょう。
香川が活躍してくれることを祈って。
[ 2018/11/02 13:11 ] [ 編集 ]
18:10 さん 何か引っかかってしまったようなにでお答えします。

ドルトムントのニーズとは(でもファブレはスコアポイント、特にゴールを望んでいそうなのでまた複雑ですが)周りに点をとらせ、若い選手をサポート、つまりアシストする側の攻撃的な選手。香川選手は、今 それこそアザール選手に触発され、自分自身が前に出る選手のプレーを目指しているのではないでしょうか。

W杯の香川選手は本当にスーパーでした。チームを勝たせるために他を輝かせることに徹していた結果が、チーム躍進の原動力になったと思います。でも本人はそれだけでは香川真司としていいのかとゴールを叩き込んだ選手から何かを感じ取ったのではと言動から思いました。

ドルトムントでも周りを活かすことにここ数年尽力してきて、周りも若い選手が増えた今、そういう彼を期待していたと思います。でも本人はそこに留まっていいのかと思ったのではないでしょうか。ドルトムントの人間じゃないから本当のところは全くわかりません。

ハイブリッドな彼をこれからも期待しています。


[ 2018/11/02 19:45 ] [ 編集 ]
2018/11/02 19:45
横から失礼します。
色々な見方は有ると思いますけど、ユニオンベルリン戦の香川の動きは間違いなく良かったと思います。交代で入ったロイスよりもトップ下としては効果的だった。
そしてここ数年ずっとトップ下の働き、動きはドルトムントでは敵無しだった。それはゲッツェやロイスでも敵わなかった。正直今でもそうだと思いますよ、でも結果がロイスは出ていて、香川は出てない。動きが良かった、味方を助けた、チームを動かしてる……そういう印象では、印象でしかない。そんな甘い世界でない、結果、数字が全ての判断にされてしまう。と、香川自身が語ってます。だから、アシストでは無く得点が欲しかったともね。
[ 2018/11/03 07:59 ] [ 編集 ]
>他人のコメントに喧嘩腰にいちいち噛み付くのはやめた方が良いと思いますよ。
>イライラせず落ち着きましょう。

そうですね。ここのページは、そう言うネット特有のギスギスしたのがなくて居心地のいいところですからね。(管理人さんが管理してくれてると言うのが大きいでしょうけど)

ところで、香川のあのヘディングシュートに批判の声があるのは意味がわからないですね。基本通りのめちゃくちゃいいコースに飛ばしたので、キーパーの反応が良かったと言うしかないです。そして、だからこそボールが前にこぼれてゴールに繋がったんだと思います。この流れも基本通りでしょう。
[ 2018/11/03 10:25 ] [ 編集 ]
ファブレ監督はロイスと同じことを香川には求めていませんね、ロイスはトップ下の仕事はしてないですね。セカンドトップのようなFWとして動いてますね。ファブレ監督は香川には9.5番の役割を求めているようですが、実質シャドーですね。特にパコやフィリップのようなCFを置いているんですから当然です。ロイスはCFとは同等ですが香川は違います。
ですから香川がもっと得点を意識してシュートをうち、ドリブルを多用してくるとロイスを使った時よりももっと得点力が上がると思います。
しかも香川がそれをできるようになれば、ロイスCFでやっても結果がついてくると思いますね。
最初にCFをロイスに置いてたのも今では理解できます。ゲッツェをCFにおいたのも同様です。香川も早く監督の求める役割をこなせるようになって欲しいですね。そうすれば上手くローテーションがこなせて、攻撃力も落とすことなくシーズンをこなせると思います。
[ 2018/11/03 12:34 ] [ 編集 ]
2018/11/02 19:45さん
丁寧に返答して頂いてありがとうございます
ニーズが本当だとしたら確かにずれてることに
なるんでしょうね
「惜しいだけじゃ意味がない」
「点を獲ったヤツが結果として残る」
強い意志を感じます
香川選手の活躍を信じて応援します
[ 2018/11/03 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。